○高浜市議会事務局処務規程

昭和52年7月1日

議会訓令第2号

(趣旨)

第1条 高浜市議会事務局(以下「事務局」という。)の処務については法令に定めるものを除くほか、この訓令の定めるところによる。

(グループの設置等)

第2条 事務局に次のグループを置く。

議会グループ

2 議会グループ(以下「グループ」という。)においては、次の事務をつかさどる。

(1) 本会議及び委員会に関すること。

(2) 協議会その他の会議に関すること。

(3) 公聴会に関すること。

(4) 請願及び陳情に関すること。

(5) 会議録及び会議の結果報告に関すること。

(6) 議員提出議案、意見書、異議申立等に関すること。

(7) 議長会及び事務協議会に関すること。

(8) 文書及び公印の保管に関すること。

(9) 儀式及び交際に関すること。

(10) 議員の身分及び議員報酬、費用弁償等に関すること。

(11) 職員の任免、服務及び給与に関すること。

(12) 議会の予算に関すること。

(13) 議会図書室に関すること。

(14) 議会広報紙その他広報資料の発行に関すること。

(15) 議場及び議会関係各室の管理に関すること。

(16) その他議会の庶務に関すること。

(平8議会訓令1・全改、平18議会訓令1・平20議会訓令1・一部改正)

(職制)

第3条 グループにグループリーダーを置く。

2 グループリーダーは、書記の中から議長が任命する。ただし、議長は、事務局長をしてグループリーダー職の事務を取り扱わせることができる。

3 グループに主幹、副主幹、主査及び主任を置くことができる。

4 主幹、副主幹、主査及び主任は、書記の中から議長が任命する。

(平18議会訓令1・全改)

(職務)

第4条 グループリーダーは、上司の命を受け、グループの事務を掌理し、所属職員を指揮監督するとともに、事務局長に事故があるとき又は欠けたときは、その職務を代理する。

2 主幹は、上司の命を受け、特に指示された事務及び担当事務を掌理し、所属職員を指導する。

3 副主幹は、上司の命を受け、担当事務を掌理し、所属職員を指導する。

4 主査は、上司の命を受け、上司が命ずる事務を整理する。

5 主任は、上司の命を受け、上司が命ずる事務をつかさどる。

(平8議会訓令1・旧第5条繰上・一部改正、平18議会訓令1・一部改正)

(事務の執行)

第5条 事務は、すべて議長の決裁を経なければ執行することができない。ただし、次条に規定するものについては、この限りでない。

(平8議会訓令1・旧第6条繰上・一部改正)

(専決事項)

第6条 事務局長は、次に掲げる事項を専決処分することができる。ただし、異例に属すると認めるものは、議長の指示を受けなければならない。

(1) 職員の時間外勤務命令及び休日勤務命令に関すること。

(2) 職員の市内及び県内市町村への旅行命令に関すること。

(3) 職員の休暇、欠勤及び職務専念義務免除の承認に関すること。

(4) 軽易な事項についての報告、照会、回答及び通知に関すること。

(5) 定例又は軽易な証明に関すること。

(6) 執務日誌の査閲に関すること。

(7) 議場及び議会関係各室の使用許可に関すること。

(8) 自動車の使用に関すること。

(9) 情報公開及び個人情報保護に関すること。

(10) その他、前各号に準ずべき事項に関すること。

(平8議会訓令1・旧第7条繰上・一部改正、平11議会訓令1・一部改正)

(準用規定)

第7条 この規程に定めるもののほか、事務の処理並びに職員の服務については、高浜市職員の例による。

(平8議会訓令1・旧第8条繰上)

附 則

この訓令は、昭和52年7月1日から施行する。

附 則(平成4年議会訓令第1号)

この訓令は、平成4年4月1日から施行する。

附 則(平成8年議会訓令第1号)

この訓令は、平成8年4月1日から施行する。

附 則(平成11年議会訓令第1号)

この訓令は、平成12年1月1日から施行する。

附 則(平成18年議会訓令第1号)

この訓令は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成20年議会訓令第1号)

この訓令は、平成20年10月1日から施行する。

高浜市議会事務局処務規程

昭和52年7月1日 議会訓令第2号

(平成20年10月1日施行)

体系情報
第2編
沿革情報
昭和52年7月1日 議会訓令第2号
平成4年3月31日 議会訓令第1号
平成8年3月29日 議会訓令第1号
平成11年10月12日 議会訓令第1号
平成18年3月31日 議会訓令第1号
平成20年9月30日 議会訓令第1号