○高浜市公平委員会公印規程

昭和54年10月1日

公平委訓令第1号

(趣旨)

第1条 この規程は、高浜市公平委員会の公印について必要な事項を定めるものとする。

(種類)

第2条 公印は、朱印とし、そのひな型、書体、寸法及び用途は、別表のとおりとする。

(保管)

第3条 公印は、事務職員が保管する。

2 公印は、常に堅固な容器に納め、厳重に保管しなければならない。

(公印台帳)

第4条 事務職員は、公印台帳(別記様式)を作成し、すべての公印について作成若しくは改刻、廃棄等のつど必要な事項を登載しなければならない。

(作成及び改廃)

第5条 公印を作成し、改刻し、又は廃止しようとするときは、委員長の決裁を得なければならない。

(公示)

第6条 公印を作成し、若しくは改刻したとき、又は公印の使用を廃止したときは、印影を付けてその旨を公示しなければならない。

(使用)

第7条 公印を使用しようとするときは、原議その他の証拠書類を添えて、保管者に提示し、承認を得なければならない。

(雑則)

第8条 この規程に定めるもののほか、公印について必要な事項は、高浜市公印規則(昭和56年高浜市規則第7号)の規定の例による。

(平14公平委訓令1・一部改正)

附 則

この規程は、昭和54年10月1日から施行する。

附 則(平成14年公平委訓令第1号)

この訓令は、平成14年4月18日から施行する。

別表(第2条関係)

公印名

ひな型

書体

寸法

ミリメートル

用途

公平委員会印

画像

てん書

18×18

委員会名をもってする一般文書用

公平委員会委員長印

画像

てん書

18×18

委員長名をもってする一般文書用

画像

高浜市公平委員会公印規程

昭和54年10月1日 公平委員会訓令第1号

(平成14年4月18日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第5章 公平委員会
沿革情報
昭和54年10月1日 公平委員会訓令第1号
平成14年4月18日 公平委員会訓令第1号