○高浜市職員章はい用規程

昭和47年4月1日

訓令第4号

(趣旨)

第1条 この訓令は、高浜市職員章(以下「職員章」という。)について必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この訓令において「職員」とは、本市に勤務する者で、次の各号に掲げる者(市長が指定した者を除く。)以外のものをいう。

(1) 特別職の職員

(2) 非常勤の職員

(3) 臨時に雇用した者

(昭57訓令1・旧第3条繰上・一部改正)

(職員章)

第3条 職員章は、様式第1のとおりとする。

(昭57訓令1・旧第4条繰上・一部改正)

(職員章の着用)

第4条 職員は、公務員としての品位を保ち、身分を明らかにするため、職員章をはい用しなければならない。ただし、職員章と同様の標示のある被服を着用する場合においては、この限りでない。

(昭57訓令1・追加)

(着用の位置)

第5条 職員は、左えり部又は左胸部の見やすい位置にはい用するものとする。

(貸与)

第6条 職員章は、貸与する。ただし、これを紛失又は破損したときは、実費を弁償しなければならない。

2 前項ただし書に規定する実費の額は、職員章の購入価格に基づき、その都度企画部秘書人事グループリーダー(以下「秘書人事グループリーダー」という。)が定める。

(昭57訓令1・平8訓令2・平14訓令1・平18訓令2・平24訓令5・平31訓令1・一部改正)

(再交付)

第7条 職員は、職員章を紛失又は破損したときは、速やかに高浜市職員章再交付申請書(様式第2)を提出し、職員章の交付を受けなければならない。

2 職員章の破損により前項の再交付申請書を提出するときは、その職員章を添えてしなければならない。

3 職員章の再交付を受けた職員が紛失した職員章を発見したときは、速やかにこれを返納しなければならない。この場合においては、前条ただし書の規定により納めた実費は、還付する。

(昭57訓令1・一部改正)

(返納)

第8条 職員が職員でなくなったときは、遅滞なく職員章返納書(様式第3)を添えて職員章を市長に返納しなければならない。

(昭57訓令1・一部改正)

(転貸等の禁止)

第9条 職員章は、他人に貸与又は譲渡してはならない。

(昭57訓令1・追加)

(貸与台帳)

第10条 秘書人事グループリーダーは、高浜市職員章貸与台帳(様式第4)を作成し、職員章の貸与の状況を明らかにしておかなければならない。

(昭57訓令1・旧第9条繰下・一部改正、平8訓令2・平14訓令1・平18訓令2・平31訓令1・一部改正)

附 則

この訓令は、昭和47年4月1日から施行する。

附 則(昭和49年訓令第4号)

この訓令は、昭和49年8月1日から施行する。

附 則(昭和51年訓令第6号)

この訓令は、昭和51年4月26日から施行し、昭和51年4月1日から適用する。

附 則(昭和57年訓令第1号)

この訓令は、昭和57年4月1日から施行する。

附 則(平成8年訓令第2号)

この訓令は、平成8年4月1日から施行する。

附 則(平成14年訓令第1号)

この訓令は、平成14年4月1日から施行する。

附 則(平成18年訓令第2号)

この訓令は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成24年訓令第5号)

この訓令は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成31年訓令第1号)

この訓令は、平成31年4月1日から施行する。

画像

(平14訓令1・一部改正)

画像

(平14訓令1・一部改正)

画像

画像

高浜市職員章はい用規程

昭和47年4月1日 訓令第4号

(平成31年4月1日施行)

体系情報
第4編 事/第3章
沿革情報
昭和47年4月1日 訓令第4号
昭和49年8月1日 訓令第4号
昭和51年4月26日 訓令第6号
昭和57年3月10日 訓令第1号
平成8年3月29日 訓令第2号
平成14年3月29日 訓令第1号
平成18年3月31日 訓令第2号
平成24年3月30日 訓令第5号
平成31年3月28日 訓令第1号