○高浜市職員服務規程

昭和47年4月1日

訓令第2号

(趣旨)

第1条 高浜市職員(以下「職員」という。)の服務については、別に定めるもののほか、この訓令の定めるところによる。

(昭59訓令1・一部改正)

(執務態度)

第2条 職員は、言語容儀を正しくし、体面を失するようなことを慎み、応接は努めて親切丁寧にしなければならない。

(昭59訓令1・一部改正)

(履歴カードの提出)

第2条の2 新たに職員となった者は、その日から5日以内に履歴カード(様式第1)を企画部秘書人事グループリーダー(以下「秘書人事グループリーダー」という。)に提出しなければならない。

2 前項に定めるもののほか、履歴カードの記入要領については、別に定める。

(平8訓令2・平14訓令1・平18訓令2・平24訓令5・平31訓令1・一部改正)

(履歴事項の追加変更)

第2条の3 職員は、次に掲げる事実が生じたときは、履歴事項追加・変更届(様式第2)を秘書人事グループリーダーに提出しなければならない。

(1) 氏名の変更

(2) 本籍又は現住所の変更

(3) 学歴の取得

(4) 免許その他の資格の取得

(5) その他市長が指定する事項

(平14訓令1・平18訓令2・平31訓令1・一部改正)

(身分証明書)

第3条 職員は、その身分を明らかにするため、常に身分証明書(様式第3)を携行しなければならない。

2 新たに職員となった者は、写真2枚を秘書人事グループリーダーに提出し、身分証明書の交付を受けなければならない。

3 職員は、身分証明書をき損し、又は亡失したときは、速やかに身分証明書再交付申請書(様式第4)を提出し、再交付を受けなければならない。この場合において、き損した身分証明書は、身分証明書再交付申請書に添えて提出しなければならない。

4 職員は、改姓等により、身分証明書の記載内容に変更があったときは、速やかに書換交付を受けなければならない。

5 職員が職員でなくなったときは、速やかに身分証明書を返納しなければならない。

6 秘書人事グループリーダーは、身分証明書を交付したときは、身分証明書交付台帳(様式第5)に必要事項を記載し、交付の状況を明らかにしておかなければならない。

7 身分証明書は、他人に貸与してはならない。

(昭59訓令1・平14訓令1・平18訓令2・平21訓令2・平31訓令1・一部改正)

(出勤状況の記録)

第4条 職員は、始業時刻と同時に業務が開始できるように出勤しなければならない。

2 所属長は、毎日職員の出勤状況を確認するとともに、その状況を職員出勤状況点検表(様式第6)に記録しなければならない。

3 所属長は、暦月を経過したときは各職員の出勤状況を集計し、職員出勤状況点検表を秘書人事グループリーダーへ提出しなければならない。

(平3訓令1・全改、平14訓令1・平18訓令2・平31訓令1・一部改正)

(遅刻及び早退)

第5条 職員は、遅刻したとき、又は早退しようとするときは、休暇簿(様式第7)に所要事項を記載して届け出なければならない。

(昭59訓令1・旧第6条繰上、平7訓令1・一部改正)

(勤務中の外出)

第6条 執務時間中に外出しようとするときは、所属長の承認を受けなければならない。

(昭59訓令1・旧第7条繰上)

(通勤車両の駐車)

第7条 職員は、自家用車により通勤するときは、職員駐車場(自己の契約する駐車場を含む。)に当該自家用車を駐車しなければならない。

2 職員は、身体の障害又は疾病その他やむを得ない理由のため、通勤に使用する自家用車を庁舎駐車場へ駐車する許可を得ようとするときは、当該理由を証する書類を添付して庁舎駐車場使用許可願(様式第7の2)を、所属長又はその上司を経由して高浜市庁舎管理規則(昭和52年高浜市規則第2号)第3条第1項に規定する庁舎管理責任者(以下「庁舎管理責任者」という。)に提出し、庁舎駐車場使用許可証(様式第7の3。以下「使用許可証」という。)による許可を受けなければならない。ただし、やむを得ない理由が当日限りであるときは、口頭により許可を求めることができる。

3 使用許可証の交付を受けた職員は、庁舎駐車場へ自家用車を駐車するときは、当該使用許可証を車外から確認できる箇所へ提示しておかなければならない。

4 使用許可証の交付を受けた職員は、第2項の理由に該当しなくなったとき又は庁舎駐車場を使用しなくなったときは、速やかに使用許可証を庁舎管理責任者に返還しなければならない。

5 第2項の許可を行う期間は、使用許可を開始する日の属する年度の3月31日までを限度とする。

6 職員は、使用許可証の更新がある場合においては、第2項本文の例により手続を行わなければならない。

(平29訓令2・全改)

(欠勤)

第8条 職員が休暇の日数を超え、又は所属長の承認を受けず、若しくは勤務命令に反して正規の勤務時間中に勤務しないときは、欠勤とする。

2 職員は、欠勤するときは、あらかじめ第5条に規定する様式により所属長に届け出るものとする。この場合において、「休暇簿」は「欠勤届」と読み替えるものとする。

(昭59訓令1・旧第9条繰上・一部改正、平7訓令1・一部改正)

(不在の場合の事務処理)

第9条 職員は、出張、休暇、欠勤等により登庁しないときは、担当する事務のうち急施を要するものについては、あらかじめ上司に申し出て事務が停滞しないようにしなければならない。

(昭59訓令1・旧第10条繰上・一部改正)

(復命)

第10条 出張(高浜市職員の旅費に関する条例(昭和47年高浜市条例第25号)第2条第1項第3号に規定する出張をいう。)を終えた職員は、直ちに口頭で復命し、重要な事項については、更に復命書(様式第8)で復命しなければならない。ただし、上司に随行したときは、この限りでない。

(昭59訓令1・旧第11条繰上)

(転任等による事務の引継ぎ)

第11条 職員が転任、休職、退職等をした場合は、その発令の日から3日以内に担当する事務について事務引継書(様式第9)を作成し、所属長の立会いのうえ、後任者又は所属長の指定する職員に事務の引継ぎを行わなければならない。ただし、軽易な事務については、所属長の承認を得て口頭で引き継ぐことができる。

2 事務引継報告書に記載する事項は、おおむね次のとおりとする。

(1) 担当事務の項目並びにその経過、現況、方針及び意見

(2) 引継ぎの書類及び帳簿の目録

(3) その他必要な事項

(昭59訓令1・旧第12条繰上・一部改正)

(時間外登退庁)

第12条 勤務時間外又は休日に登庁した者は、その理由及び退庁時刻を当直員に申し出なければならない。

(昭59訓令1・旧第13条繰上)

(時間外勤務及び休日勤務)

第13条 市長は、職員に正規の勤務時間を超えて勤務させ、又は休日に勤務させようとするときは、時間外・休日・夜間勤務命令簿(様式第10)により命ずる。

2 正規の勤務時間を超え、又は休日に勤務を命ぜられた職員が、病気その他やむを得ない理由により命令に従うことができないときは、速やかに所属長にその旨を届け出なければならない。

(昭59訓令1・旧第14条繰上・一部改正、平6訓令2・一部改正)

(官公署へ出頭)

第14条 国会、裁判所、地方公共団体の議会その他官公署の召喚により出頭する者は、あらかじめ出頭の期日、出頭する官公署及び召喚事項を届け出なければならない。

(昭59訓令1・旧第15条繰上)

(事故の報告)

第15条 職員は、職務に関して事故を起こし、又は使用中の物品等を亡失し、若しくは損傷したときは、遅滞なく上司に報告し、指示を受けなければならない。

(昭59訓令1・旧第16条繰上)

(退庁時の文書等の整理及び保管)

第16条 職員は、退庁するときは、次に掲げる措置をとらなければならない。

(1) 文書及び物品を所定の場所に整理し、当直員において保管を要するものは、当直員に引き渡すこと。

(2) 火気及び戸締の点検等火災及び盗難防止のため必要な措置をとること。

(昭59訓令1・旧第17条繰上)

(願出書及び届出書の提出)

第17条 身分及び服務についてする願出及び届出は、この訓令で別に定めるもののほか、所属長を経て秘書人事グループリーダーに提出しなければならない。

(昭59訓令1・旧第18条繰上・一部改正、平14訓令1・平18訓令2・平31訓令1・一部改正)

(緊急登庁)

第18条 庁舎又はその付近に火災その他非常災害が発生したときは、職員は、速やかに登庁しなければならない。

(昭59訓令1・旧第19条繰上)

(非常警備)

第19条 前条の規定により登庁した者は、直ちに、次に定める処置をして上司の指揮を受けなければならない。

(1) 非常持出書類を搬出し、保管すること。

(2) 金庫及び重要物件を警戒すること。

(昭59訓令1・旧第20条繰上)

(警備の態勢)

第20条 秘書人事グループリーダーは、非常の際の警備について職員に担任を定め適宜演習を実施しなければならない。

(昭59訓令1・旧第21条繰上、平14訓令1・平18訓令2・平31訓令1・一部改正)

(日誌)

第21条 各グループリーダーは、日誌を備え、重要な事項を記入しなければならない。

(昭59訓令1・旧第22条繰上、平18訓令2・一部改正)

(雑則)

第22条 この訓令に定めるもののほか、職員の服務について必要な事項は、別に定める。

(昭59訓令1・旧第23条繰上・一部改正)

附 則

1 この訓令は、昭和47年4月1日から施行する。

2 高浜市職員服務規律(昭和25年高浜町訓令第1号)は、廃止する。

附 則(昭和49年訓令第7号)

この訓令は、昭和49年8月1日から施行する。

附 則(昭和49年訓令第9号)

この訓令は、公布の日から施行し、昭和49年10月1日から適用する。

附 則(昭和51年訓令第1号)

この訓令は、昭和51年4月1日から施行する。

附 則(昭和51年訓令第2号)

この訓令は、昭和51年4月26日から施行し、昭和51年4月1日から適用する。

附 則(昭和53年訓令第5号)

1 この訓令は、昭和53年11月1日から施行する。

2 この訓令施行の際現に改正前の高浜市職員服務規程の規定により提出されている願等の書類は、改正後の高浜市職員服務規程により提出されたものとみなす。

附 則(昭和59年訓令第1号)

この訓令は、昭和59年4月1日から施行する。

附 則(平成3年訓令第1号)

この訓令は、平成3年4月1日から施行する。

附 則(平成6年訓令第2号)

この訓令は、平成6年4月1日から施行する。

附 則(平成7年訓令第1号)

この訓令は、平成7年4月1日から施行する。

附 則(平成8年訓令第2号)

この訓令は、平成8年4月1日から施行する。

附 則(平成14年訓令第1号)

この訓令は、平成14年4月1日から施行する。

附 則(平成18年訓令第2号)

この訓令は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成21年訓令第2号)

この訓令は、平成21年2月17日から施行する。

附 則(平成24年訓令第5号)

この訓令は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成29年訓令第2号)

この訓令は、平成29年5月8日から施行する。

附 則(平成31年訓令第1号)

この訓令は、平成31年4月1日から施行する。

画像画像

画像

(平21訓令2・全改)

画像

(平14訓令1・一部改正)

画像

画像

(平14訓令1・一部改正)

画像

(平18訓令2・一部改正)

画像画像

(平29訓令2・追加)

画像

(平29訓令2・追加)

画像

画像

画像

(平18訓令2・一部改正)

画像画像

高浜市職員服務規程

昭和47年4月1日 訓令第2号

(平成31年4月1日施行)

体系情報
第4編 事/第3章
沿革情報
昭和47年4月1日 訓令第2号
昭和49年8月1日 訓令第7号
昭和49年9月17日 訓令第9号
昭和51年3月31日 訓令第1号
昭和51年4月26日 訓令第2号
昭和53年11月1日 訓令第5号
昭和59年3月31日 訓令第1号
平成3年4月1日 訓令第1号
平成6年3月25日 訓令第2号
平成7年3月29日 訓令第1号
平成8年3月29日 訓令第2号
平成14年3月29日 訓令第1号
平成18年3月31日 訓令第2号
平成21年2月17日 訓令第2号
平成24年3月30日 訓令第5号
平成29年5月8日 訓令第2号
平成31年3月28日 訓令第1号