○高浜市職員の自家用車の公務使用に関する規程

平成6年9月1日

訓令第6号

(趣旨)

第1条 この規程は、高浜市職員(以下「職員」という。)の出張に際し、自家用車を公務のために使用する場合の取扱いについて必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この規程において「自家用車」とは、職員の所有等に係る道路交通法(昭和35年法律第105号)第3条に規定する普通自動車をいう。

(自家用車の登録)

第3条 職員は、自己の所有等に係る自家用車について、あらかじめ自家用車登録台帳(様式第1)により、所属長を経由して、企画部秘書人事グループリーダーに届け出なければならない。

2 前項の規定は、自家用車登録台帳の登録事項の変更について準用する。この場合において、同項中「あらかじめ」とあるのは「変更後速やかに」と読み替えるものとする。

(平14訓令1・平18訓令2・平24訓令5・平31訓令1・一部改正)

(使用の手続)

第4条 職員は、自家用車を公務のために使用しようとするときは、自家用車使用承認簿(様式第2)を所属長に提出し、承認を受けなければならない。

(使用の要件)

第5条 所属長は、次の各号のいずれかに該当する場合で、必要かつやむを得ないと認めるときに限り、自家用車を公務のために使用することを承認することができる。

(1) 公用車が配備されていない施設等であって、効率的に業務を遂行する必要がある場合

(2) 災害等による緊急業務の遂行のため、自家用車を使用しなければその目的が達せられないおそれがある場合

(3) その他自家用車を使用することにより、効率的に業務が遂行されると認められる場合

2 公務のために使用する自家用車は、当該自家用車の所有等に係る職員以外の職員が運転してはならない。

(自家用車及び運転者の要件)

第6条 公務のために使用することができる自家用車は、次に掲げる要件を具備するものでなければならない。

(1) 道路運送車両法(昭和26年法律第185号)に基づく定期点検整備又は継続検査を受けているものであること。

(2) 運転する職員がその使用する自家用車について、保険金額1億円以上の対人賠償保険及び保険金額300万円以上の対物保険(以下「任意保険」という。)に加入していること。

(3) 第3条の規定による登録がなされているものであること。

2 自家用車を公務のために使用することができる職員は、次に掲げる要件を具備する者でなければならない。

(1) 運転免許を受けた日から1年を経過していること。

(2) 交通事故を起こし、又は交通法規に違反して、刑罰を科せられ、又は行政処分を受け、その科せられた日又は受けた日から1年を経過していること。

(旅費の取扱い)

第7条 自家用車を公務のために使用して出張した職員については、在勤庁から目的地まで交通機関を利用したものとみなした旅費を支給する。

2 自家用車に同乗して出張した職員については、在勤庁から目的地まで公用車による旅行をしたものとみなした旅費を支給する。

(損害賠償等)

第8条 職員が自家用車を公務のために使用中に当該自家用車により他人の生命若しくは身体又は財物を害した場合における損害賠償については、当該職員が加入する自動車損害賠償責任保険及び任意保険により損害を賠償する。ただし、損害賠償額が当該保険金額を超える場合は、当該職員に故意又は重大な過失がある場合を除き、その超える額について市が負担する。

2 職員が自家用車を公務のために使用中に交通事故等により当該自家用車を損傷した場合の修繕等に要する経費は、職員に故意又は重大な過失がある場合を除き、その修繕等に要する経費のうち自己負担分について市が負担する。

(交通事故の報告等)

第9条 職員が自家用車を公務のために使用中に交通事故等を起こした場合の報告等については、高浜市職員安全運転管理規程(昭和47年高浜市訓令第5号)第23条及び第24条の規定を準用する。

(雑則)

第10条 この規程に定めるもののほか、自家用車の公務のための使用について必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

1 この訓令は、平成6年9月1日から施行する。

〔次のよう〕略

附 則(平成14年訓令第1号)

この訓令は、平成14年4月1日から施行する。

附 則(平成18年訓令第2号)

この訓令は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成24年訓令第5号)

この訓令は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成31年訓令第1号)

この訓令は、平成31年4月1日から施行する。

画像

画像

高浜市職員の自家用車の公務使用に関する規程

平成6年9月1日 訓令第6号

(平成31年4月1日施行)