○高浜市立郷土資料館の設置及び管理に関する条例

昭和54年3月31日

条例第6号

(趣旨)

第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2の規定に基づき、高浜市立郷土資料館(以下「資料館」という。)の設置及び管理について必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 市民の教養、芸術及び文化の発展に寄与するとともに資料の保存に努めるため、資料館を設置する。

(名称及び位置)

第3条 資料館の名称及び位置は、次のとおりとする。

(1) 名称 高浜市立郷土資料館

(2) 位置 高浜市碧海町五丁目1番地5

(平3条例46・一部改正)

(事業)

第4条 資料館は、次に掲げる事業を行う。

(1) 諸資料の収集並びにこれらの展示及び保管

(2) 諸資料に関する情報交換及び資料の作成

(3) その他教育委員会が必要と認める事業

(職員)

第5条 資料館に次の職員を置くことができる。

(1) 館長

(2) 事務職員

(平20条例30・一部改正)

(入館者の義務)

第6条 入館者は、資料館の入館に際して、この条例及び別に定める規則の規定に従わなければならない。

(入館者の制限)

第7条 資料館に入館しようとする者が、建物及び附属設備に損害を与えるおそれがあると認めたとき、その他教育委員会の指示に従わないときは、入館を制限することができる。

(損害賠償)

第8条 入館者が、故意又は過失によって展示物、建物及び附属設備をき損又は滅失したときは、その損害を賠償しなければならない。ただし、教育委員会が損害を賠償させることが適当でないと認めたときは、この限りでない。

(指定管理者による管理)

第9条 教育委員会は、資料館の設置の目的を効果的に達成するため、指定管理者(地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項に規定する指定管理者をいう。以下同じ。)に資料館の管理を行わせることができる。

2 指定管理者に資料館の管理を行わせる場合において、第7条の規定の適用については、同条中「教育委員会の指示」とあるのは「教育委員会及び第9条第1項に規定する指定管理者の指示」とする。

(平20条例30・追加)

(指定管理者が行う業務の範囲)

第10条 指定管理者は、次に掲げる業務を行う。

(1) 資料館の利用及びその制限に関する業務

(2) 資料館の管理運営に関する業務

(3) 前2号に掲げるもののほか、市長が必要と認める業務

(平20条例30・追加)

(指定管理者が行う管理の基準)

第11条 指定管理者は、法令、高浜市公の施設の指定管理者の指定の手続等に関する条例(平成15年高浜市条例第29号)高浜市個人情報保護条例(平成7年高浜市条例第37号)この条例及びこの条例に基づく教育委員会規則、資料館の管理運営に関し市と締結した協定その他教育委員会の定めるところに従い、資料館の管理を行わなければならない。

(平20条例30・追加)

(委任)

第12条 この条例の施行について必要な事項は、教育委員会規則で定める。

(平20条例30・旧第9条繰下)

附 則

この条例は、昭和54年4月1日から施行する。

附 則(平成3年条例第46号)

この条例中第1条から第11条まで、第13条、第15条及び第17条の規定は平成4年1月1日から、第12条、第14条及び第16条の規定は県営ほ場整備事業(高取地区)の換地処分の公告があった日の翌日から施行する。

附 則(平成20年条例第30号)

この条例は、平成21年4月1日から施行する。

高浜市立郷土資料館の設置及び管理に関する条例

昭和54年3月31日 条例第6号

(平成21年4月1日施行)