○高浜市福祉事務所嘱託医設置規則

平成8年7月25日

規則第39号

(設置)

第1条 生活保護法(昭和25年法律第144号)第15条に定める医療扶助及び同法第15条の2に定める介護扶助並びに中国残留邦人等の円滑な帰国の促進並びに永住帰国した中国残留邦人等及び特定配偶者の自立の支援に関する法律(平成6年法律第30号)第14条に定める医療支援給付及び介護支援給付を適正に実施することにより、被保護者及び支援給付受給者の生活を保障するとともに、その自立を助長するため、高浜市福祉事務所に嘱託医を置く。

(平12規則28・平20規則35・平26規則22・一部改正)

(身分)

第2条 嘱託医の身分は、地方公務員法(昭和25年法律第261号)第3条第3項第3号に定める非常勤の特別職とする。

(任用)

第3条 嘱託医は、生活保護制度及び中国残留邦人等支援給付制度について理解のある医師のうちから市長が委嘱する。

(平20規則35・一部改正)

(任期)

第4条 嘱託医の任期は、2年とする。ただし、任期の中途において離職した場合の後任者の任期は、前任者の残任期間とする。

(職務)

第5条 嘱託医の職務は、次に掲げるとおりとする。

(1) 医療扶助及び医療支援給付に関する各申請書及び各給付要否意見書等の内容検討

(2) 介護扶助及び介護支援給付に関する医学的判断

(3) その他被保護者及び支援給付受給者についての調査、指導又は検診

(平12規則28・平20規則35・一部改正)

(秘密の保持)

第6条 嘱託医は、職務上知り得た秘密を他に漏らしてはならない。その職を退いた後も同様とする。

(雑則)

第7条 この規則に定めるもののほか、嘱託医について必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成12年規則第28号)

(施行期日)

1 この規則は、平成12年4月1日から施行する。

附 則(平成20年規則第35号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成26年規則第22号)

この規則は、公布の日から施行する。

高浜市福祉事務所嘱託医設置規則

平成8年7月25日 規則第39号

(平成26年11月10日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第1節
沿革情報
平成8年7月25日 規則第39号
平成12年3月31日 規則第28号
平成20年9月1日 規則第35号
平成26年11月10日 規則第22号