○高浜市高齢者生活管理指導短期宿泊事業実施規則

平成12年3月31日

規則第23号

(目的)

第1条 この規則は、要介護状態等でない高齢者に対して、短期間の宿泊を通して生活習慣等の指導等を行う事業(以下「生活管理指導短期宿泊事業」という。)を実施することにより、その者の自立した日常生活の継続を支援し、もって介護予防の推進を図ることを目的とする。

(定義)

第2条 この規則において「要介護状態等」とは、介護保険法(平成9年法律第123号)に規定する要介護状態及び要介護状態となるおそれがある状態をいう。

(利用対象者)

第3条 生活管理指導短期宿泊事業を利用することができる者は、市内に住所を有し、次の各号のいずれかに該当する者とする。

(1) 要介護状態等でない65歳以上の者のうち、生活管理指導の必要があると認められるもの

(2) その他市長が必要があると認める者

(生活管理指導短期宿泊事業の内容)

第4条 生活管理指導短期宿泊事業の内容は、市内のケアハウスに一時的に宿泊させ、次に掲げる支援及び指導を行うものとする。

(1) 基本的生活習慣を習得させるための支援及び指導その他の日常生活に関する支援及び指導

(2) 家事に対する支援及び指導

(3) その他利用者の生活管理指導のために必要な支援及び指導

(利用の申請)

第5条 生活管理指導短期宿泊事業を利用しようとする者は、生活管理指導短期宿泊事業利用申請書(様式第1)を市長に提出しなければならない。

(利用の決定)

第6条 市長は、前条の申請書を受理したときは、その内容を審査し、その結果を生活管理指導短期宿泊事業利用決定(不承認)通知書(様式第2)により通知するものとする。この場合において、市長は、利用回数の限度を設けるものとする。

2 前項の利用回数の限度は、6月につき7日とする。ただし、緊急その他やむを得ない事情があると認められるときは、別に市長が定める日数とすることができる。

(手数料の納付)

第7条 生活管理指導短期宿泊事業の利用に要する費用は、高浜市使用料及び手数料条例(昭和39年高浜町条例第18号)に定めるところによる。

(業務の委託)

第8条 市長は、第4条に規定する業務の一部を社会福祉法人昭徳会に委託するものとする。

(雑則)

第9条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、平成12年4月1日から施行する。

附 則(平成17年規則第4号)

この規則は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成18年規則第12号)

この規則は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成28年規則第18号)

1 この規則は、平成28年4月1日から施行する。

2 この規則の施行の際、この規則による改正前の各規則に定める様式による用紙で、現に残存するものは、所要の修正を加え、なお使用することができる。

画像

(平17規則4・平18規則12・平28規則18・一部改正)

画像

高浜市高齢者生活管理指導短期宿泊事業実施規則

平成12年3月31日 規則第23号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第3節 老人福祉
沿革情報
平成12年3月31日 規則第23号
平成17年3月31日 規則第4号
平成18年3月31日 規則第12号
平成28年3月31日 規則第18号