○高浜市集団回収事業報奨金交付規則

平成9年3月31日

規則第16号

(趣旨)

第1条 この規則は、ごみの減量化と資源の再利用を積極的に推進するため、自主的に資源回収活動を行う団体に対して交付する集団回収事業報奨金(以下「報奨金」という。)に関し必要な事項を定めるものとする。

(協力団体の登録)

第2条 報奨金の交付を受けようとする団体(以下「協力団体」という。)は、あらかじめ高浜市集団回収協力団体登録申請書(様式第1)を市長に提出し、登録を受けなければならない。

2 登録できる協力団体は、次に掲げる要件を満たすものとする。

(1) 市内に活動拠点を有する団体であること。

(2) 地域社会に貢献できる性格を有する団体であること。

(3) 営利を目的としない団体であること。

(回収業者の登録)

第3条 協力団体が回収した資源の引取りを受けようとする事業者(以下「回収業者」という。)は、あらかじめ高浜市集団回収業者登録申請書(様式第2)を市長に提出し、登録を受けなければならない。

2 登録できる回収業者は、次に掲げる要件を満たすものとする。

(1) 市内において資源回収を継続して行うことができる業者であること。

(2) 過去に法令、条例等に違反し、処分を受けていない業者であること。

3 市長は、第1項の申請書を受理したときは、その内容を審査し、適当と認めるときは、申請業者に高浜市集団回収取扱伝票(様式第3。以下「取扱伝票」という。)を支給するものとする。

(協力団体及び回収業者の変更等)

第4条 協力団体及び回収業者は、登録事項に変更のあったときは、速やかに高浜市集団回収協力団体・回収業者登録変更届(様式第4)を市長に提出しなければならない。

2 協力団体が集団回収を行えなくなった場合又は回収業者が資源回収を行えなくなった場合は、速やかに高浜市集団回収協力団体・回収業者廃止届(様式第5)を市長に提出しなければならない。

(登録の時期)

第5条 協力団体及び回収業者の登録は、会計年度ごとに行うものとする。

(報奨金対象品目)

第6条 報奨金の交付の対象となる品目は、再生可能な廃棄物で次に掲げるものとする。ただし、回収業者が引取りに応じたものに限る。

(1) 新聞紙、雑誌、ダンボール、牛乳パック等の古紙類

(2) ボロ布、古着等の布類

(3) アルミ缶、鉄類等の金属類

(4) ビールびん、ジュースびん等のびん類

(報奨金の額)

第7条 報奨金の額は、次の各号に掲げる資源の種類に応じ、当該各号に定める基準により算出した額に1協力団体につき年間5,000円を加算した額とする。

(1) 古紙類、布類 1キログラムにつき3円

(2) びん類 1本につき3円

(3) 金属類 1キログラムにつき5円

(交付の申請)

第8条 報奨金の交付を受けようとする協力団体は、次に定める期間に、高浜市集団回収事業報奨金交付申請書(様式第6)に回収業者が発行した取扱伝票を添えて、市長に提出しなければならない。この場合において、各期の末日が日曜日又は土曜日に当たるときは、その直前の金曜日までとする。

(1) 第1期 5月15日から5月31日まで

(2) 第2期 8月15日から8月31日まで

(3) 第3期 11月15日から11月30日まで

(4) 第4期 翌年2月15日から2月末日まで

(報奨金の交付)

第9条 市長は、前条の申請書を受理したときは、その内容を審査し、適当と認めるときは、報奨金を交付するものとする。

(報奨金の返還)

第10条 市長は、協力団体若しくは回収業者が偽りその他不正の手段により登録を受け、又は協力団体が偽りその他不正の手段により報奨金の交付を受けたときは、登録を取り消すとともに、既に交付した報奨金の全部又は一部を返還させることができる。

(報告等)

第11条 市長は、協力団体及び回収業者に対して、集団回収活動に必要な指示をし、報告を求め、又は検査をすることができる。

(雑則)

第12条 この規則に定めるもののほか、報奨金の交付に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、平成9年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

高浜市集団回収事業報奨金交付規則

平成9年3月31日 規則第16号

(平成9年3月31日施行)