○高浜市墓地の設置及び管理に関する条例施行規則

昭和51年10月1日

規則第34号

(目的)

第1条 この規則は、高浜市墓地の設置及び管理に関する条例(昭和51年高浜市条例第29号。以下「条例」という。)第19条の規定により、その施行について必要な事項を定めることを目的とする。

(使用の許可申請)

第2条 条例第5条第1項の規定により墓地の使用許可を受けようとする者は、墓地使用許可申請書(様式第1)に次の書類を添えて市長に提出しなければならない。

(1) 住民票の写し

(2) 死亡者との続き柄を証明する書類

(許可証の様式)

第3条 条例第5条第2項の規定による墓地使用許可証は、様式第2による。

(市外へ転出した場合の届出)

第4条 墓地の使用を許可された者(以下「使用者」という。)が市外へ転出したときは、速やかに本市に居住し、かつ、使用場所を管理できる代理人を定めて届け出なければならない。代理人の許可については、前条の規定を準用する。

2 前項の代理人を変更したときも同様とする。

(対象者等の特例)

第5条 条例第8条ただし書及び第13条第1項第4号ただし書の規定の適用を受ける者は、次の各号のいずれかに該当する者とする。

(1) 墓地埋葬等に関する法律施行細則(昭和24年愛知県規則第99号。以下「愛知県規則」という。)第1条第6号に規定する承諾書を提出した者

(2) 愛知県規則第2条第2号に規定する距離の地域内に居住する者で、墓地の建設に係る同意書を提出したもの

(平11規則41・追加)

(承継使用の申請等)

第6条 条例第9条の規定により承継使用の申請をするときは、墓地承継使用承認申請書(様式第3)に、書換え又は再交付を申請するときは、墓地使用許可証再交付申請書(様式第4)に、それぞれ次に掲げる書類を添えて市長に提出しなければならない。

(1) 使用を承継しようとするとき。

 戸籍謄本又は抄本その他祭しを主宰する者であることを証明する書類又は承継事由を証する書類

 前使用者の許可証

(2) 使用者が本籍、住所を異動し、若しくは氏名を変更し、又は許可証の紛失若しくはき損をしたとき。

 書換え及び再交付を必要とする事由を記載した書類

(平11規則41・旧第5条繰下・一部改正)

(新設及び改造の承認並びに届出)

第7条 使用者は、その使用場所に墓碑及びこれに附属する工作物を新設し、又は改修、模様替え、移動等をしようとするときは、墓地内工事施行届(様式第5)を市長に提出し承認を得なければならない。

(平11規則41・旧第6条繰下)

(使用場所の施設制限)

第8条 墓碑その他の施設は、祖先又は家族の焼骨を埋蔵する施設として次の施設基準によって設置しなければならない。

(1) 墓碑又はこれに類する設置は、地表から高さ2メートル以内とすること。

(2) 盛土設置の高さは地表から0.5メートル以内とし、囲垣の高さは0.7メートル以内とすること。

(3) 上屋類、板塀等又は樹木を植えないこと。

(平11規則41・旧第7条繰下)

(使用者の管理義務)

第9条 使用者は、常にその使用場所を清掃し、施設物が他人に迷惑を及ぼすおそれがあるときは、速やかに修理その他必要な措置をしなければならない。

2 使用者が前項の措置をしないときは、市長が代執行を行い、その費用は使用者から徴収する。

(平11規則41・旧第8条繰下)

(使用場所の返還)

第10条 条例第11条第1項の規定により使用場所を返還しようとする者は、墓地返還届(様式第6)に許可証を添え提出しなければならない。

2 前項の場合において使用場所を原状に回復しなければならないときは、市長の指示した期間内に行い、その承認を受けなければならない。

(平11規則41・旧第9条繰下)

(還付金の請求)

第11条 条例第16条第3項ただし書の規定により還付金の請求をしようとする者は、高浜市予算決算会計規則(昭和51年高浜市規則第12号)様式第40(その2)により市長に申請しなければならない。

(平11規則41・旧第10条繰下)

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成5年規則第40号)

この規則は、平成5年8月1日から施行する。

附 則(平成11年規則第41号)

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像画像

画像

画像

画像

画像

高浜市墓地の設置及び管理に関する条例施行規則

昭和51年10月1日 規則第34号

(平成11年11月1日施行)