○高浜市国民健康保険被保険者健康診査費用の助成に関する規則

平成4年3月31日

規則第12号

(趣旨)

第1条 この規則は、高浜市国民健康保険の被保険者(以下「被保険者」という。)の健康診査(次条に規定する健康診査をいう。以下同じ。)の受診を奨励し、疾病の早期発見、早期治療に資するため、被保険者が負担する健康診査に要する費用(以下「健康診査費用」という。)の助成について必要な事項を定めるものとする。

(平20規則4・平20規則30・一部改正)

(助成の対象となる健康診査の範囲)

第2条 この規則により助成の対象となる健康診査の範囲は、市が市内の医療機関に委託して実施する総合検診、成人ドック、胃検診、大腸検診、肺(喀痰)検診、乳腺検診及び子宮(頸部)検診とする。

(平20規則30・全改)

(助成の対象となる被保険者)

第3条 健康診査費用の助成を受けることができる者(以下「助成対象者」という。)は、健康診査を受診した日において40歳以上75歳未満の被保険者であって、次の各号のいずれかに該当するものとする。

(1) 健康診査を受診する年度の前年度以前3年間の国民健康保険税を完納し、かつ、前年度において医療の給付を受けなかった者

(2) 健康診査を受診する年度の前年度の国民健康保険税を完納し、かつ、前年度において医療の給付を受けなかった者

(3) 前2号のいずれにも該当しない者

(平21規則26・全改)

(助成額)

第4条 健康診査費用の助成額は、次の表の左欄に掲げる健康診査の区分に応じ、同表の中欄に掲げる助成対象者の区分ごとにそれぞれ同表の右欄に掲げる金額とする。

健康診査の区分

助成対象者の区分

助成額

総合検診

前条第1号に該当する者

12,000円

前条第2号に該当する者

9,000円

前条第3号に該当する者

6,000円

成人ドック

前条第1号又は第2号に該当する者

5,000円

前条第3号に該当する者

3,000円

胃検診

前条第1号又は第2号に該当する者

3,200円

前条第3号に該当する者

1,600円

大腸検診

前条第1号から第3号までのいずれかに該当する者

800円

(喀痰)検診

同上

1,000円

乳腺検診

同上

1,300円

子宮(頸部)検診

同上

1,200円

(平21規則26・全改)

(利用券の交付)

第5条 市長は、健康診査費用の助成を行うに当たっては、助成対象者に対し、毎年度7月1日までに利用券(様式第1)をあらかじめ交付するものとする。

2 前項の規定にかかわらず、総合検診及び成人ドックに係る利用券については、総合検診又は成人ドックの受診の申込みを受けた後に利用券を交付することができる。

(平21規則26・全改)

(助成の方法)

第6条 健康診査費用の助成は、次項の規定により利用券の提出を受けた医療機関に対し、当該利用券に記載された助成額を支払うことにより行うものとする。

2 利用券の交付を受けた者(以下「利用者」という。)は、健康診査を受けようとするときは、当該交付を受けた利用券を、受診する健康診査ごとに市が実施を委託した医療機関に提出するものとする。この場合において、当該利用券に記載された助成額が、受診した健康診査に係る実費の額(高浜市住民検診実費徴収規則の規定による実費の額及び予防接種法の規定による予防接種の実費の額(平成20年高浜市告示第24号)に定める徴収額をいう。以下同じ。)に満たないときは、利用者は、当該満たない額を受診した医療機関に支払わなければならない。

3 前項の利用券により健康診査を実施した医療機関は、当該利用券に受診年月日、医療機関名及び実施した医師の氏名を記載し、認印を押印のうえ、その月分を取りまとめ、請求書(様式第2)を添えて速やかに市長に提出しなければならない。

4 市長は、前項の請求書及び利用券の提出があったときは、提出された請求書及び利用券を審査し、適当と認めるときは、請求書の提出があった日から30日以内に健康診査費用助成金を医療機関に支払うものとする。

5 前各項の規定にかかわらず、助成対象者が、利用券を使用せずに市が実施を委託した医療機関において健康診査を受診し、当該健康診査に係る実費の額の全額を負担した場合には、市長は、受診者に直接支払うことにより健康診査費用の助成を行うことができる。

6 前項の規定により健康診査費用の助成を受けようとする者は、健康診査費用助成請求書(様式第3)に健康診査を受診したことを証する書類を添えて、市長に提出しなければならない。ただし、他の方法により健康診査を受診したことを確認することができると市長が認める場合には、当該書類の添付を省略することができる。

(平21規則26・追加)

(譲渡又は担保の禁止)

第7条 利用券の交付を受けた者は、利用券を他人に譲渡し、又は担保に供してはならない。

(平20規則30・一部改正、平21規則26・旧第6条繰下)

(助成金の返還等)

第8条 市長は、偽りその他不正の手段により健康診査費用の助成を受けた者があるときは、その者から助成額相当額を返還させ、又はその額を支払わないことができる。

(平5規則27・一部改正、平21規則26・旧第7条繰下)

(雑則)

第9条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

(平21規則26・旧第8条繰下)

附 則

この規則は、平成4年4月1日から施行する。

附 則(平成5年規則第27号)

この規則は、公布の日から施行し、改正後の高浜市国民健康保険被保険者健康診査費用の助成に関する規則の規定は、平成5年4月1日から適用する。

附 則(平成8年規則第23号)

この規則は、平成8年4月1日から施行する。

附 則(平成9年規則第18号)

この規則は、平成9年4月1日から施行する。

附 則(平成11年規則第11号)

この規則は、平成11年4月1日から施行する。

附 則(平成16年規則第9号)

この規則は、平成16年4月1日から施行する。

附 則(平成19年規則第53号)

1 この規則は、平成19年10月1日から施行する。

2 この規則の施行の際現に改正前の高浜市国民健康保険条例施行規則等の規定に基づいて作成されている様式で残存するものについては、改正後の高浜市国民健康保険条例施行規則等の規定にかかわらず、当分の間、使用することができる。

附 則(平成20年規則第4号)

この規則は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成20年規則第30号)

1 この規則は、公布の日から施行し、改正後の高浜市国民健康保険被保険者健康診査費用の助成に関する規則(次項において「改正後の規則」という。)の規定は、平成20年4月1日から適用する。

2 改正後の規則の規定は、平成20年4月1日以後に実施する健康診査に係る健康診査費用の助成について適用し、同日前に実施した健康診査に係る健康診査費用の助成については、なお従前の例による。

附 則(平成21年規則第8号)

この規則は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成21年規則第26号)

1 この規則は、公布の日から施行し、改正後の高浜市国民健康保険被保険者健康診査費用の助成に関する規則(次項において「改正後の規則」という。)の規定は、平成21年4月1日から適用する。

2 改正後の規則の規定は、平成21年4月1日以後に実施する健康診査に係る健康診査費用の助成について適用し、同日前に実施した健康診査に係る健康診査費用の助成については、なお従前の例による。

(平21規則26・全改)

画像

(平21規則26・全改)

画像

(平16規則9・平19規則53・平20規則4・平20規則30・平21規則26・一部改正)

画像

高浜市国民健康保険被保険者健康診査費用の助成に関する規則

平成4年3月31日 規則第12号

(平成21年5月25日施行)

体系情報
第8編 生/第2章 国民健康保険
沿革情報
平成4年3月31日 規則第12号
平成5年5月18日 規則第27号
平成8年3月29日 規則第23号
平成9年3月31日 規則第18号
平成11年3月31日 規則第11号
平成16年3月31日 規則第9号
平成19年9月28日 規則第53号
平成20年3月31日 規則第4号
平成20年6月25日 規則第30号
平成21年3月27日 規則第8号
平成21年5月25日 規則第26号