○高浜市指定居宅介護支援事業等の実施等に関する条例

平成12年3月31日

条例第10号

(趣旨)

第1条 この条例は、介護保険法(平成9年法律第123号。以下「法」という。)の規定に基づき市が行う居宅介護支援事業(法第8条第24項に規定する居宅介護支援事業をいう。以下同じ。)及び介護予防支援事業(法第8条の2第16項に規定する介護予防支援事業をいう。以下同じ。)について、法及び他の法令に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(平18条例19・平24条例32・平28条例16・一部改正)

(指定居宅介護支援事業等の実施)

第2条 市が行う居宅介護支援事業は、法第46条第1項の規定により市長の指定を受けて行う指定居宅介護支援の事業(以下「指定居宅介護支援事業」という。)とする。

2 市が行う介護予防支援事業は、法第58条第1項の規定により市長の指定を受けて行う指定介護予防支援の事業(以下「指定介護予防支援事業」という。)とする。

(平18条例19・平31条例16・一部改正)

(手数料等の徴収)

第3条 指定居宅介護支援事業又は指定介護予防支援事業を利用する者(以下「利用者」という。)は、指定居宅介護支援又は指定介護予防支援の提供を受けたときは、法第46条第4項(法第58条第7項において準用する場合を含む。)の規定に基づき居宅介護サービス計画費(法第46条第2項に規定する居宅介護サービス計画費をいう。)又は介護予防サービス計画費(法第58条第2項に規定する介護予防サービス計画費をいう。)が支払われるときを除き、指定居宅介護支援等の事業の人員及び運営に関する基準(平成11年厚生省令第38号。以下「省令」という。)第10条第1項に規定する利用料を手数料として市に納付しなければならない。

2 前項の手数料の額は、指定居宅介護支援に要する費用の額の算定に関する基準(平成12年厚生省告示第20号)により算定した額とする。

3 第1項の手数料の徴収は、納入通知書により行うものとする。

4 市は、市外の利用者に対して指定居宅介護支援を提供した場合において必要と認めるときは、省令第10条第2項の規定により、当該利用者から第1項の手数料のほかに交通費の負担を求めることができる。

(平18条例19・一部改正)

(委任)

第4条 この条例に定めるもののほか必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この条例は、平成12年4月1日から施行する。

附 則(平成18年条例第19号)

この条例は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成24年条例第32号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成28年条例第16号)

この条例は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成31年条例第16号)

この条例は、公布の日から施行する。

高浜市指定居宅介護支援事業等の実施等に関する条例

平成12年3月31日 条例第10号

(平成31年3月28日施行)

体系情報
第8編 生/第3章 介護保険
沿革情報
平成12年3月31日 条例第10号
平成18年3月31日 条例第19号
平成24年12月28日 条例第32号
平成28年3月31日 条例第16号
平成31年3月28日 条例第16号