○高浜市水道事業管理規程

昭和45年3月28日

水管規程第1号

目次

第1章 総則(第1条)

第2章 組織(第2条―第8条)

第3章 専決(第9条―第12条)

第4章 公印(第13条―第21条)

第5章 文書(第22条・第23条)

附則

第1章 総則

(趣旨)

第1条 高浜市水道事業に係る事務処理については、別に定めるもののほか、この規程の定めるところによる。

(昭61水管規程1・全改)

第2章 組織

(グループの設置等)

第2条 高浜市水道事業の設置等に関する条例(昭和43年高浜町条例第3号)第3条第2項に規定する都市政策部に上下水道グループを置く。

2 上下水道グループにおいては、次の事務をつかさどる。

(1) 文書及び公印の保管に関すること。

(2) 予算、会計その他経理に関すること。

(3) 資産の管理に関すること。

(4) 水道料金等の調定及び徴収に関すること。

(5) 量水器の検針及び取替えに関すること。

(6) 水道用水の供給に関すること。

(7) 水道施設等の新設、改良及び維持管理に関すること。

(8) 水質の保全及び検査に関すること。

(9) 給水装置の管理、審査、監督及び検査に関すること。

(10) 指定給水装置工事事業者等の指導監督に関すること。

(11) その他水道事業に関すること。

(平18水管規程1・全改、平21水管規程1・一部改正)

(職制)

第3条 部に部長、グループにグループリーダーを置く。

2 グループに主幹、副主幹、主査及び主任を置くことができる。

(平6水管規程1・全改、平8水管規程2・平18水管規程1・一部改正)

(職務)

第4条 部長は、管理者の命を受け、部の事務を掌理し、所属職員を指揮監督する。

2 グループリーダーは、上司の命を受け、グループの事務を掌理し、所属職員を指揮監督する。

3 主幹は、上司の命を受け、特に指示された事務及び担当事務を掌理し、所属職員を指導する。

4 副主幹は、上司の命を受け、担当事務を掌理し、所属職員を指導する。

5 主査は、上司の命を受け、上司が命ずる事務を整理する。

6 主任は、上司の命を受け、上司が命ずる事務をつかさどる。

(平6水管規程1・全改、平8水管規程2・平18水管規程1・一部改正)

(その他の職の職員)

第5条 グループに第3条に規定する職の職員のほか、所要の職員を置く。

2 前項の所要の職員は、上司の命を受け、上司が命ずる事務に従事する。

(平8水管規程2・全改、平18水管規程1・一部改正)

(職員の配属等)

第5条の2 部長の配置は、管理者が定める。

2 部長以外の職員は、管理者が部に配属する。

3 グループリーダーの配置は、部長が部に配属された主幹のうちから管理者と協議のうえ定める。ただし、管理者と協議のうえ、部長がグループリーダー職の事務を取り扱うことができる。

4 部に配属されたグループリーダー以外の職員のグループへの配置は、事務量、当該職員の適応職能等を勘案して部長が定める。

(平18水管規程1・追加)

(チームの編成等)

第5条の3 部長は、管理者と協議のうえグループにチーフを置くことができる。

2 部長は、グループの分掌事務を効率的に処理するため、管理者と協議のうえ、チームを編成することができる。

3 部長は、前項の規定によりチームを編成したときは、第1項の規定によるグループのチーフの設置の有無にかかわらず、管理者と協議のうえ1のチーム又は複数のチームについて1のチーフを置くことができる。

4 グループのチーフは、グループリーダーの命を受け、グループ内の総合調整を行うとともに、所属職員間のコミュニケーションを活性化し、職員の能力開発を行う。

5 チームのチーフは、グループリーダーの命を受け、チームの事務を遂行する。

6 チーフの配置は、グループに配置された主幹、副主幹又は主査のうちから部長が管理者と協議のうえ定める。

7 グループに配置されたチーフ以外の職員の配置は、事務量、当該職員の適応職能等を勘案して部長が定める。

(平24水管規程3・追加)

(グループ等の編成の変更等)

第5条の4 部長は、事務事業の繁閑、特定の課題等に柔軟に対応し、又は組織の活性化を図る必要が生じたときは、グループ若しくはチームを新たに設置し、廃止し、若しくは統合し、又はグループリーダー若しくはチーフを変更することができる。この場合においては、別に定める協議書により管理者に協議しなければならない。

2 管理者は、前項後段の規定による協議の結果、当該グループ等の編成等の変更を適当と認めるときは、部長に対しその旨を通知するものとする。

(平18水管規程1・追加、平24水管規程3・旧第5条の3繰下・一部改正)

(部配属職員の流動的配置変更)

第5条の5 部長は、分掌事務について次に掲げる場合には、部配属職員を流動的に配置変更し、事務が機能的かつ能率的に執行できるよう図らなければならない。

(1) 新規事業を分掌する場合において当該事務に配置するとき。

(2) 事務の処理が遅滞しているものがあるとき。

(3) 緊急又は一定期限までに事務の処理を完了する必要があるとき。

(4) その他流動的配置変更を必要とするとき。

2 部長は、前項の規定により部配属職員の配置変更を行うときは、その都度管理者に報告しなければならない。

(平18水管規程1・追加、平24水管規程3・旧第5条の4繰下)

(事務の委任)

第6条 管理者の権限に属する事務で、地方公営企業法(昭和27年法律第292号)第13条第2項の規定により委任する事務については、別に定める。

(昭61水管規程1・一部改正)

(事務の代決)

第7条 管理者が不在のときは部長が、部長が不在のときはグループリーダーが、その事務を代決することができる。

2 グループリーダーが不在のときは主幹又は副主幹が、グループリーダー、主幹及び副主幹がともに不在のときは主務主査が、その事務を代決することができる。

(昭61水管規程1・平6水管規程1・平8水管規程2・平18水管規程1・一部改正)

(代決の制限)

第8条 前条の規定による代決は、特に命令する場合のほか、異例又は重要と認めるものについては、行うことができない。

(昭61水管規程1・一部改正)

第3章 専決

(部長及びグループリーダーの専決事項)

第9条 部長及びグループリーダーの専決事項は、別表第1に定める決裁区分に属する事項とする。

(平6水管規程1・全改、平18水管規程1・一部改正)

(専決の制限)

第10条 部長及びグループリーダーは、この規程において定める専決事項であっても、次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、管理者の決裁を受けなければならない。

(1) 事案が重要であるとき。

(2) 事案が異例に属し、又は先例となるおそれがあるとき。

(3) 事案について紛議論争のあるとき、又は紛議論争を生ずるおそれがあるとき。

(4) その他特に管理者において事案を了知して置く必要があるとき。

2 前項の規定により管理者の決裁を受けようとするときは、副市長を経由しなければならない。

(平6水管規程1・平10水管規程2・平18水管規程1・平19水管規程4・一部改正)

(類推による専決)

第11条 部長及びグループリーダーは、この規程において専決事項として定められていない事項であっても、事案の内容により、専決することが適当であると認められるものは、この規程に準じ、専決することができる。

(平6水管規程1・平18水管規程1・一部改正)

(報告)

第12条 部長及びグループリーダーは、必要があると認めるときは、専決した事項を副市長を経由し、管理者に報告しなければならない。

(平6水管規程1・平10水管規程2・平18水管規程1・平19水管規程4・一部改正)

第4章 公印

(公印のひな型等)

第13条 公印のひな型、書体、寸法、用途及び保管者は、別表第2のとおりとする。

(昭61水管規程1・平6水管規程1・一部改正)

(公印の保管)

第14条 公印は、常に堅固な容器に納め、厳重に管理しなければならない。

(昭61水管規程1・平6水管規程1・一部改正)

(公印の取扱者)

第15条 公印の保管者(以下「保管者」という。)は、必要があると認めるときは、公印取扱者(以下「取扱者」という。)を定め、公印の保管、使用その他関係事務を処理させることができる。

(平6水管規程1・一部改正)

(公印の使用)

第16条 公印を使用しようとする者は、必ず浄書文書に原議その他の証拠書類(以下「原議等」という。)を添えて保管者又は取扱者の承認を得なければならない。

2 保管者又は取扱者は、公印の使用の申出があったときは、浄書文書と原議等を対照審査し、相違のないことを確認のうえ公印を使用させなければならない。

(平6水管規程1・全改、平11水管規程1・一部改正)

(印影の印刷)

第17条 処務の便宜のため、公印の押印に代えてその印影又はこれを伸縮した印影を印刷することができる。

2 公印の印影又はこれを伸縮したものを印刷した用紙等は厳重に保管し、常にその受払いを明確にし、不用となったときは、当該用紙を焼却しなければならない。

(昭61水管規程1・一部改正)

(公印の事故届)

第18条 上下水道グループリーダーは、公印に関し盗難その他の事故が生じたときは、速やかに管理者に届け出なければならない。

(平6水管規程1・平18水管規程1・一部改正)

(公印の作成、改刻又は廃止)

第19条 公印を作成し、改刻し、又は廃止しようとするときは、管理者の決裁を得なければならない。

(平6水管規程1・全改)

(公示)

第20条 公印を作成し、改刻し、又は公印の使用を廃止したときは、印影をつけてその旨を公示しなければならない。

(昭61水管規程1・一部改正)

(公印台帳)

第21条 上下水道グループリーダーは、公印台帳(別記様式)を備え、公印の作成、改刻又は廃止のあった都度必要な事項を記載し、整理しておかなければならない。

(昭61水管規程1・平18水管規程1・一部改正)

第5章 文書

(文書の作成)

第22条 文書は、高浜市公文例規程(昭和50年高浜市訓令第5号)の例により作成するものとする。

(文書の取扱い)

第23条 文書は、高浜市文書取扱規程(昭和52年高浜市訓令第3号)の例により取り扱うものとする。

附 則

1 この規程は、昭和45年4月1日から施行する。

2 この規程施行の際現に作成されている様式及び分類は、この規程の各相当規定によって作成されたものとみなす。

附 則(昭和45年水管規程第6号)

この規程は、昭和45年12月1日から施行する。

附 則(昭和47年水管規程第1号)

この規程は、昭和47年4月1日から施行する。

附 則(昭和55年水管規程第1号)

この規程は、昭和55年4月1日から施行する。

附 則(昭和61年水管規程第1号)

この規程は、昭和61年4月1日から施行する。

附 則(平成4年水管規程第3号)

この規程は、平成4年4月1日から施行する。

附 則(平成5年水管規程第1号)

この規程は、平成5年4月1日から施行する。

附 則(平成6年水管規程第1号)

この規程は、平成6年4月1日から施行する。

附 則(平成8年水管規程第2号)

この規程は、平成8年4月1日から施行する。

附 則(平成9年水管規程第1号)

1 この規程は、平成9年4月1日から施行する。

2 この規程の施行の日前になされた支出負担行為決議に基づき同日以後になされる支出命令の決裁区分は、改正後の高浜市水道事業管理規程の規定にかかわらず、なお従前の例による。

附 則(平成10年水管規程第2号)

この規程は、平成10年4月1日から施行する。

附 則(平成11年水管規程第1号)

この規程は、平成12年1月1日から施行する。ただし、第1条中高浜市水道事業管理規程第16条第2項の改正規定は、公布の日から施行する。

附 則(平成14年水管規程第1号)

この規程は、平成14年4月1日から施行する。

附 則(平成15年水管規程第1号)

この規程は、平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成18年水管規程第1号)

この規程は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成19年水管規程第1号)

この規程は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成19年水管規程第4号)

この規程は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成19年水管規程第5号)

この規程は、平成19年10月1日から施行する。

附 則(平成21年水管規程第1号)

この規程は、平成22年1月1日から施行する。

附 則(平成24年水管規程第3号)

この規程は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成29年水管規程第1号)

この規程は、平成30年1月4日から施行する。

附 則(平成31年水管規程第1号)

この規程は、平成31年4月1日から施行する。

別表第1(第9条関係)

(平6水管規程1・全改、平8水管規程2・平9水管規程1・平10水管規程2・平11水管規程1・平14水管規程1・平15水管規程1・平18水管規程1・平19水管規程1・平19水管規程5・平21水管規程1・平24水管規程3・平29水管規程1・平31水管規程1・一部改正)

1 庶務関係

決裁区分

決裁事項

管理者

部長

グループリーダー

備考

部内連絡会議

 

招集、案件

 

 

事務引継

部長

グループリーダー、主幹、副主幹

主査

 

公印

調製、改廃

 

 

 

文書

収受、発送

 

 

文書の収受、配布、発送

 

保存、廃棄

 

保存文書の廃棄

書庫の管理

 

文書の処理

報告、調査、照会、回答

① 重要な事項の調査、報告、進達、副申その他これらに類するもの

② 重要な事項の指令、通知、申請、照会、回答

① 重要でない事項の調査、報告、進達、副申その他これらに類するもの

② 重要でない事項の指令、通知、照会、回答

① 定例的な調査、報告、進達、副申その他これらに類するもの

② 軽易な指令、通知、照会、回答

 

証明、閲覧

異例なもの

 

原簿による諸証明、閲覧

 

情報公開

 

 

情報公開に関すること。

 

その他の文書

重要な出版物の刊行

定例的な出版物の刊行

① 原簿、台帳等の作成、記載の確認

② 例規類集、統計書等の出版物の贈与

③ 所管事務についての関係者の呼出し通知

④ 定期、軽易な出版物の刊行

 

法制

公示、令達(告示、公示、通達その他)

① 特に重要なもの

② 異例なもの

定例的かつ重要なもの

軽易定例的なもの

 

土地建物

登記

 

① 不動産、動産の取得に伴う登記

② 土地の分筆、合筆、地目変更

 

 

土地の測量

土地の立入測量、境界査定

 

土地の境界の明示

 

公の施設の管理

① 異例な公の施設の利用許可

② 行政財産の目的外使用許可

 

定例的な公の施設の利用許可

 

その他

重要なものの決定

通常事務的なものの決定

定例的なものの決定

 

2 人事関係

決裁区分

決裁事項

管理者

部長

グループリーダー

備考

職制

 

 

所属職員の事務分担

 

休暇等の付与

職務に専念する義務の免除

部長

グループリーダー、主幹

副主幹以下

長期にわたるものについては、企画部秘書人事グループリーダー合議(7日以上)

年次有給休暇等

部長

グループリーダー、主幹

副主幹以下

その他の承認

部長

グループリーダー、主幹

副主幹以下

勤務を要しない時間

指定

部長

グループリーダー、主幹

副主幹以下

 

変更

部長

グループリーダー、主幹

副主幹以下

 

服務

時間外(休日)勤務命令

 

 

主査以下

 

出勤簿の管理

 

 

全企業職員

 

身分、服制

営利企業等の従事許可

 

① 職員章の交付

② 身分上の諸届の処理

③ 特殊な身分証票の交付

 

旅行命令

市内

部長

グループリーダー、主幹

副主幹以下

 

市外

県内

部長

グループリーダー、主幹

副主幹以下

 

県外

部長、グループリーダー、主幹

副主幹以下

 

 

3 財務関係

(1) 収入

決裁区分

決裁事項

管理者

部長

グループリーダー

備考

収入調定

特に異例なもの

異例なもの

定例的なもの

 

収入更正

 

 

 

収入の徴収等

督促

 

 

 

減免

特に異例なもの

異例なもの

定例的なもの

 

徴収猶予、その取消し、徴収の嘱託、滞納処分、過誤納整理

特に異例なもの

異例なもの

定例的なもの

 

滞納処分の執行停止、不納欠損処分

① 不納欠損処分

② 滞納処分の執行停止

 

 

 

(2) 支出

決裁区分

決裁事項

管理者

部長

グループリーダー

備考

予算執行伺

工事施行(設計、入札、工事、監督を含む。)

~300

300~



その他

~300

300~



予定価格の決定

~300

300~



支出負担行為決議

工事契約

~300

300~

50~

設計書、仕様書、工期の変更で金額の変更のない場合は、原案の決裁区分により決裁を受けること。

公有財産の購入

 

 

 

食糧費

~10

10~

5~

 

賠償金

 

 

 

その他

~300

300~

① 50~

② 別記ウに掲げるもの

 

支出命令

~300

300~

① 50~

② 別記ウに掲げるもの

資金前渡、概算払、前金払の精算の場合は、支出命令の決裁区分により決裁を受けること。

支出更正

 

 

 

予算の流用

~30

30~

 

 

予算科目の新設

節以下

 

 

付記

ア 契約変更の場合における予算執行伺及び支出負担行為決議の項の取扱いは、増額の場合にあっては変更後の総額の決裁区分、減額の場合にあっては原契約の決裁区分により決裁を受けること。

イ 戻出、戻入の場合は、収入の調定又は支出命令の決裁区分により決裁を受けること。

ウ 単価契約の場合は、年間予定額により決裁を受けること。

(3) 財産、寄附

決裁区分

決裁事項

管理者

部長

グループリーダー

備考

財産の借入れ、貸付け、売却及び廃棄

 

 

 

寄附の受理

 

 

 

(4) 別記

ア 数字で特に表示のないものは、1件(1つの決裁に係るもの)の金額を示す。(単位は1万円)

イ 「30~」は30万円以下のものを、「~30」は30万円を超えるものを、「~」は制限のないものを示す。

ウ グループリーダーの専決事項

高浜市水道事業会計規程(昭和45年高浜町水道事業管理規程第2号)別表第1に規定する節の区分に基づき、次に掲げるもののうち定例的なもの又は法令、条例、規則等により算定基準が定められているもの

給料

手当

賃金

法定福利費

旅費(外国旅行については管理者決裁)

光熱水費

通信運搬費のうち郵便料その他の送料、電信電話料

動力費

受水費

企業債の元利償還金

預り金(下水道使用料)

4 その他

決裁区分

決裁事項

管理者

部長

グループリーダー

備考

その他

① 広範囲にわたる断水及び給水制限の決定

② 給水装置の基準違反の処理

③ 指定給水装置工事事業者の指定及びその取消し

④ 重要な水道工事の設計及び配水管路の決定

⑤ その他特に重要なもの又は異例なもの

① 工事等による部分的な断水の決定

② 給水装置の新設、改造及び撤去の承認

③ 給水装置の種類及び用途

④ 量水器の亡失及び損耗の弁償額の決定及び徴収

⑤ 給水停止処分及び解除

⑥ 給配水施設に損害を与えた場合の弁償額の決定及び徴収

⑦ 収入の過誤納還付

⑧ 指定給水装置工事事業者及び給水装置工事主任技術者の指導監督

⑨ 給水申込みに伴う水道工事の設計及び管路の決定

⑩ 広報活動の実施

⑪ 企業職員の研修計画の企画、立案及び実施

⑫ 統計資料の収集及び広報資料の交換収集

⑬ その他重要なもの

① 給水装置工事の設計審査及び施工検査

② 水道使用の開始、中止、使用者の異動承認

③ 使用水量、量水器検査成績の通知

④ 水質検査

⑤ 使用水量の認定

⑥ 工事用物件の保管、払出

⑦ 消火栓の演習使用の許可

⑧ 配水場等水道施設の維持管理

⑨ 事業用自動車の登録、検査、廃車及び保険加入の手続

⑩ その他定例的なもの

 

別表第2(第13条関係)

(昭61水管規程1・全改、平6水管規程1・旧別表第4繰上・一部改正、平8水管規程2・平10水管規程2・平18水管規程1・一部改正)

公印名

ひな型

書体

寸法

(ミリメートル)

用途

保管者

市長印

画像

てん書

18×18

一般公文書用

上下水道グループリーダー

市長職務代理者印

画像

てん書

18×18

一般公文書用

上下水道グループリーダー

都市政策部長印

画像

てん書

18×18

一般公文書用

都市政策部長

企業出納員印

画像

てん書

18×18

出納事務用

企業出納員

画像

高浜市水道事業管理規程

昭和45年3月28日 水道事業管理規程第1号

(平成31年4月1日施行)

体系情報
第11編 公営企業/第2章 水道事業/第1節 組織・処務
沿革情報
昭和45年3月28日 水道事業管理規程第1号
昭和45年11月27日 水道事業管理規程第6号
昭和47年4月1日 水道事業管理規程第1号
昭和55年3月24日 水道事業管理規程第1号
昭和61年3月1日 水道事業管理規程第1号
平成4年3月31日 水道事業管理規程第3号
平成5年3月31日 水道事業管理規程第1号
平成6年3月31日 水道事業管理規程第1号
平成8年3月29日 水道事業管理規程第2号
平成9年3月31日 水道事業管理規程第1号
平成10年3月30日 水道事業管理規程第2号
平成11年10月5日 水道事業管理規程第1号
平成14年3月29日 水道事業管理規程第1号
平成15年3月31日 水道事業管理規程第1号
平成18年3月31日 水道事業管理規程第1号
平成19年3月5日 水道事業管理規程第1号
平成19年3月30日 水道事業管理規程第4号
平成19年9月28日 水道事業管理規程第5号
平成21年12月25日 水道事業管理規程第1号
平成24年3月30日 水道事業管理規程第3号
平成29年12月27日 水道事業管理規程第1号
平成31年3月28日 水道事業管理規程第1号