○高浜市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する規則

昭和47年4月1日

規則第11号

(趣旨)

第1条 この規則は、高浜市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例(昭和39年高浜町条例第26号。以下「条例」という。)第8条の規定に基づき、高浜市非常勤消防団員に係る退職報償金(以下「退職報償金」という。)を支給するについて必要な事項を定めるものとする。

(書類の提出)

第2条 高浜市消防団員で非常勤のものが条例第2条の規定に該当する場合は、高浜市消防団長は、次に掲げる書類を作成して、市長に提出しなければならない。

(1) 高浜市非常勤消防団員に係る退職報償金支給申請書(様式第1)

(2) その他必要と思われる書類

(昭63規則19・一部改正)

(規則で定める階級)

第3条 条例第3条の規則で定める階級は、退職した日にその者が属していた階級より上位の階級のうち、最も上位の階級から順次その在職期間を合算し、その在職期間の合計がはじめて1年以上となる場合の最後に合算した期間に係る階級とする。

(昭63規則19・全改)

(退職報償金支給の決定等)

第4条 市長は、第2条の規定による書類を受理したときは、当該事項について審査し、退職報償金の支給について可否を決定する。

2 市長は、前項の決定を行うため、当該関係者に必要な書類の提出を求め、又は出頭を求めることができる。

3 市長は、退職報償金を支給すると決定した者については、その旨及びその理由を当該関係者に対し、高浜市非常勤消防団員に係る退職報償金支給通知書(様式第2)により通知するものとする。

(昭63規則19・平15規則3・一部改正)

(退職報償金支給原簿)

第5条 高浜市非常勤消防団員に係る退職報償金支給原簿(様式第3)は、都市政策部防災防犯グループに備え付け、退職報償金支給に関して必要な事項を記載するものとする。

(平15規則3・平18規則12・平21規則46・平24規則19・平31規則8・一部改正)

附 則

この規則は、昭和47年4月1日から施行する。

附 則(昭和63年規則第19号)

この規則は、公布の日から施行し、改正後の高浜市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する規則の規定は、昭和63年4月1日から適用する。

附 則(平成15年規則第3号)

この規則は、平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成18年規則第12号)

この規則は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成21年規則第46号)

この規則は、平成22年1月1日から施行する。

附 則(平成24年規則第19号)

この規則は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成31年規則第8号)

この規則は、平成31年4月1日から施行する。

画像

(平15規則3・全改)

画像

画像

高浜市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する規則

昭和47年4月1日 規則第11号

(平成31年4月1日施行)

体系情報
第12編 防/第2章 消防団
沿革情報
昭和47年4月1日 規則第11号
昭和63年6月27日 規則第19号
平成15年3月31日 規則第3号
平成18年3月31日 規則第12号
平成21年12月25日 規則第46号
平成24年3月30日 規則第19号
平成31年3月28日 規則第8号