○高浜市障害者地域生活支援施設みんなの家の設置及び管理に関する条例

平成16年3月31日

条例第9号

(設置)

第1条 障害者と地域住民との交流の場及び障害者の地域生活を体験する場を提供することにより、障害者と地域住民の相互の理解を深めるとともに、障害者の地域での自立生活の促進に資するため、高浜市障害者地域生活支援施設みんなの家(以下「みんなの家」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 みんなの家の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

高浜市障害者地域生活支援施設みんなの家

高浜市芳川町三丁目1番地16

(利用者の範囲)

第3条 みんなの家を利用することができる者は、次の各号のいずれかに該当する者とする。ただし、宿泊に係る利用にあっては、第3号に掲げる者を除く。

(1) 市内に在住する障害者

(2) 市内に存する障害当事者団体等(障害者又は障害者とその家族等で構成された団体及び障害者の支援を行う団体をいう。)

(3) 前2号に掲げる者のほか、市内に在住する者又は市内に存する団体であって、市長が適当と認めるもの

2 障害者で施設、学校等に入所又は就学のため市外に在住しているものに対する前項第1号の規定の適用については、規則で定めるところにより、本市に在住しているものとみなす。

3 前2項の「障害者」とは、障害者基本法(昭和45年法律第84号)第2条第1号に規定する障害者をいう。

4 第1項第1号に掲げる者は、必要に応じて、その者の家族又はその者を補助する者とともにみんなの家を利用することができる。

(平23条例30・一部改正)

(利用の登録等)

第4条 前条第1項第1号に掲げる者(その者が18歳未満であるときは、その者の扶養義務者)又は同項第2号に掲げる者は、みんなの家を利用しようとするときは、規則で定めるところにより、年度ごとの市長の登録又は利用の度ごとの市長の許可を受けなければならない。

2 前条第1項第3号に掲げる者は、みんなの家を利用しようとするときは、規則で定めるところにより、市長の許可を受けなければならない。

3 市長は、管理上必要があると認めるときは、前2項の登録及び許可に条件を付けることができる。

(利用の制限)

第5条 市長は、次の各号のいずれかに該当するときは、前条の登録及び許可をしないものとする。

(1) 公の秩序又は善良の風俗を乱すおそれがあると認めるとき。

(2) その他管理上支障があると認めるとき。

(使用料)

第6条 第4条第1項の登録を受けた者(以下「登録利用者」という。)又は同項の許可若しくは同条第2項の許可を受けた者(以下「随時利用者」という。)は、別表に定めるところにより、使用料を納付しなければならない。

2 納付された使用料は、還付しない。ただし、市長が特別の理由があると認めるときは、その全部又は一部を還付することができる。

3 市長は、公益上その他特別の理由があると認めるときは、使用料を減免することができる。

(利用者の義務)

第7条 みんなの家を利用する者(以下「利用者」という。)は、みんなの家の利用に際しては、この条例及びこれに基づく規則の規定、第4条第3項の規定により登録又は許可に付けられた条件並びに市長の指示に従うとともに、みんなの家の秩序を乱すような行為をしてはならない。

(登録等の取消し及び利用の中止命令)

第8条 市長は、次の各号のいずれかに該当するときは、第4条の登録若しくは許可を取り消し、又は利用の中止を命ずることができる。

(1) 利用者が前条の規定に違反したとき。

(2) 公の秩序又は善良の風俗を乱すおそれがあると認めるとき。

(3) 前2号に掲げるもののほか、管理上支障があると認めるとき。

(4) 災害その他の事故によりみんなの家の利用ができないとき。

(5) その他やむを得ない理由があると認めるとき。

(損害賠償)

第9条 利用者は、故意又は過失によってみんなの家の施設若しくは備品を損傷し、又は滅失したときは、その損害を賠償しなければならない。ただし、市長が損害を賠償させることが適当でないと認めるときは、この限りでない。

(委任)

第10条 この条例に定めるもののほか、みんなの家の管理及び運営に関し必要な事項は、規則で定める。

(過料)

第11条 偽りその他不正の行為により、使用料の徴収を免れた者は、その徴収を免れた金額の5倍に相当する金額(当該5倍に相当する金額が5万円を超えないときは、5万円とする。)以下の過料に処する。

附 則

この条例は、平成16年4月1日から施行する。

附 則(平成23年条例第30号)

この条例は、公布の日から施行する。

別表(第6条関係)

区分

単位

金額

徴収の時期

登録利用者

1年度

4,800円

利用の登録を受けたとき

随時利用者

宿泊以外の利用の場合

1時間

100円

利用の許可を受けたとき

宿泊利用の場合

1泊

900円

備考

1 登録利用者が年度途中に利用の登録を受けた者である場合の使用料の額は、当該登録を受けた月から当該年度の3月までの分を月割りで算定するものとする。

2 「宿泊利用」とは、午後5時から翌日の午前10時までの利用をいう。

高浜市障害者地域生活支援施設みんなの家の設置及び管理に関する条例

平成16年3月31日 条例第9号

(平成23年12月28日施行)