○高浜市事業所体験実習手当金支給規則

平成18年3月31日

規則第28号

(目的)

第1条 この規則は、障害者の就労を支援するため、事業所において体験実習を行う障害者に対し、事業所体験実習手当金(以下「手当金」という。)を支給することにより、障害者の就労を促進し、もって障害者の福祉の増進を図るとともに、障害者の自立した地域生活の実現に寄与することを目的とする。

(平19規則20・平20規則19・平25規則15・一部改正)

(定義)

第2条 この規則において「事業所」とは、高浜市役所、社会福祉法人高浜市社会福祉協議会及び高浜市総合サービス株式会社をいう。

2 この規則において「事業所体験実習」とは、障害者が事業所において、職業を体験する機会の提供を受けることをいう。ただし、原則として実習後の雇用を要件としないものとする。

3 この規則において「就労支援施設」とは、次に掲げる施設をいう。

(1) 障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(平成17年法律第123号)第5条第13項に規定する就労移行支援又は同条第14項に規定する就労継続支援として就労に必要な訓練等の便宜を供与する施設

(2) 前号に掲げるもののほか、障害者の就労を支援する施設であって、市長が適当と認めるもの

4 この規則において「実習受入先事業所」とは、事業所体験実習を実施する事業所をいう。

(平19規則20・平20規則19・平24規則37・平25規則15・一部改正)

(支給対象者)

第3条 手当金の支給の対象となる者(以下「支給対象者」という。)は、市内に住所を有する障害者であって、次の各号のいずれかに該当するもののうち、市長が選定したものとする。

(1) 就労支援施設の利用者であって、事業所体験実習の実施について当該就労支援施設の管理者からの推薦を受けたもの

(2) 就労支援施設の利用者以外の者であって、事業所体験実習の実施について市長に申し出たもの

(平24規則37・全改、平25規則15・一部改正)

(選定の手続)

第4条 前条第1号の推薦を行う就労支援施設の管理者は、事業所体験実習推薦書(様式第1)に必要な書類を添付し、事業所体験実習の開始予定日の2月前までに市長に提出しなければならない。

2 前条第2号の規定による申出を行う者は、事業所体験実習申出書(様式第2)を事業所体験実習の開始希望日の2月前までに市長に提出しなければならない。

3 市長は、第1項の推薦書又は前項の申出書を受理したときは、その内容を審査し、事業所体験実習を実施することにより訓練の効果が期待できる者として見込まれる場合は、支給対象者として選定するものとする。

4 市長は、前項の規定により支給対象者を選定したときは、事業所体験実習選定通知書(様式第3)により第1項の推薦書又は第2項の申出書を提出した者に対し通知するものとする。

(平24規則37・追加、平25規則15・一部改正)

(管理責任者)

第5条 事業所体験実習を行うに当たっては、支給対象者が第3条第1号に該当する場合は当該就労支援施設の管理者が、支給対象者が同条第2号に該当する場合は市長が指名する職員が、それぞれ事業所体験実習の管理責任者(以下「管理責任者」という。)となるものとする。

(平24規則37・追加、平25規則15・一部改正)

(手当金の額等)

第6条 手当金の額は、1日の実働時間が4時間以上の場合は1日当たり1,000円とし、4時間未満の場合は500円とする。ただし、就労支援施設の利用者が事業所体験実習に参加した対価として、当該就労支援施設から賃金等が支払われる場合については、手当金は支給しないものとする。

2 手当金は、実習期間が5日以上の場合に支給するものとする。

3 手当金は、支給対象者ごとに1の年度において1回の事業所体験実習に限り支給するものとする。

(平25規則15・全改)

(実習期間及び実習時間)

第7条 事業所体験実習の期間は、原則として5日以上10日以内とし、実習受入先事業所と管理責任者が協議して定めるものとする。

2 事業所体験実習の時間は、実習受入先事業所の就業規則による時間及び実習を行う障害者の状況を勘案し、実習受入先事業所と管理責任者が協議して定めるものとする。

(平19規則20・平20規則19・一部改正、平24規則37・旧第5条繰下・一部改正、平25規則15・一部改正)

(実習の依頼及び受入の承諾)

第8条 管理責任者は、事業所体験実習を行おうとするときは、あらかじめ事業所体験実習依頼書(様式第4)により依頼をし、事業所体験実習受入承諾書(様式第5)により承諾を受けるものとする。

(平19規則20・平20規則19・一部改正、平24規則37・旧第6条繰下・一部改正、平25規則15・一部改正)

(実習前の支援)

第9条 管理責任者は、事業所体験実習を受ける支給対象者に対して、事前に心構え、留意する事項等に関し説明を十分に行うものとする。

(平19規則20・平20規則19・一部改正、平24規則37・旧第7条繰下・一部改正)

(実習期間中の支援)

第10条 管理責任者は、実習期間中に実習受入先事業所との連絡を密にし、実習の実施状況を把握し、必要に応じて実習受入先事業所を訪問する等により、実習受入先事業所及び事業所体験実習を受ける支給対象者に対し、必要な支援を実施するものとする。

(平19規則20・平20規則19・一部改正、平24規則37・旧第8条繰下・一部改正)

(実習後の評価)

第11条 管理責任者及び支給対象者は、事業所体験実習が終了したときは、実習受入先事業所から事業所体験実習報告書(様式第6)をそれぞれ受領するものとする。

2 管理責任者は、前項の報告書を受領したときは、事業所体験実習評価書(様式第7)を作成するものとする。

(平19規則20・平20規則19・一部改正、平24規則37・旧第9条繰下・一部改正)

(支給申請)

第12条 支給対象者は、事業所体験実習を終了した場合において手当金の支給を受けようとするときは、事業所体験実習手当金支給申請書(様式第8)に必要な書類を添付し、市長に提出しなければならない。

(平19規則20・平20規則19・一部改正、平24規則37・旧第10条繰下・一部改正、平25規則15・一部改正)

(支給決定)

第13条 市長は、前条の申請書を受理したときは、その内容を審査し、適当と認めるときは、事業所体験実習手当金支給決定通知書(様式第9)により前条の申請書を提出した者に通知するものとする。

2 市長は、前項の通知を行ったときは、速やかに前条の申請書を提出した者に対し手当金を支払うものとする。

(平19規則20・平20規則19・一部改正、平24規則37・旧第11条繰下・一部改正、平25規則15・一部改正)

(雑則)

第14条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、市長が別に定める。

(平24規則37・旧第12条繰下)

附 則

この規則は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成19年規則第20号)

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成20年規則第19号)

この規則は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成23年規則第14号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成24年規則第37号)

1 この規則は、平成24年10月1日から施行する。

2 この規則の施行の日前に、この規則による改正前の高浜市事業所体験実習手当金等支給規則第3条第1項の規定により決定された者に係る事業所体験実習の実施並びに事業所体験実習手当金及び交通費の支給については、なお従前の例による。

附 則(平成25年規則第15号)

1 この規則は、平成25年4月1日から施行する。ただし、第2条第3項第1号の改正規定(「第5条第14項」を「第5条第13項」に、「同条第15項」を「同条第14項」に改める部分に限る。)は、平成26年4月1日から施行する。

2 改正後の高浜市事業所体験実習手当金支給規則の規定(前項ただし書に係る部分を除く。)は、平成25年4月1日以後の実習に係るものについて適用し、同日前の実習に係るものについては、なお従前の例による。

(平24規則37・全改、平25規則15・一部改正)

画像

(平24規則37・追加、平25規則15・一部改正)

画像

(平24規則37・追加、平25規則15・一部改正)

画像

(平19規則20・平20規則19・一部改正、平24規則37・旧様式第2繰下・一部改正)

画像

(平19規則20・平20規則19・一部改正、平24規則37・旧様式第3繰下・一部改正)

画像

(平19規則20・平20規則19・一部改正、平24規則37・旧様式第4繰下・一部改正)

画像

(平20規則19・一部改正、平24規則37・旧様式第5繰下・一部改正)

画像

(平25規則15・全改)

画像

(平19規則20・平20規則19・一部改正、平24規則37・旧様式第7繰下・一部改正、平25規則15・一部改正)

画像

高浜市事業所体験実習手当金支給規則

平成18年3月31日 規則第28号

(平成26年4月1日施行)