○高浜市条件付き一般競争入札に関する要綱

(趣旨)

第1条 この要綱は、高浜市が発注する建設工事の請負契約に係る入札の公正かつ適正な執行を確保するとともに、入札事務の透明性の向上を図るために実施する条件付き一般競争入札について、高浜市契約規則(昭和51年高浜市規則第1号。以下「契約規則」という。)及び高浜市一般競争入札実施要綱(平成11年1月1日施行。以下「実施要綱」という。)に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この要綱において「建設工事」とは、建設業法(昭和24年法律第100号)第2条第1項に規定する建設工事をいう。

2 この要綱において「条件付き一般競争入札」とは、次条に定める対象工事について、地方自治法施行令(昭和22年政令第16号。以下「令」という。)第167条の5の2の規定により、市長が入札を適正かつ合理的に行うため特に必要があると認めて、入札に参加する者につき、更に必要な資格を定めて行う一般競争入札をいう。

(対象工事)

第3条 条件付き一般競争入札の対象となる建設工事(以下「対象工事」という。)は、次に掲げる設計金額のものとする。

土木一式工事、建築一式工事、電気工事、管工事、造園工事及び水道施設工事 設計金額が9,000万円未満のもの

(入札の公告)

第4条 市長は、条件付き一般競争入札を行おうとするときは、契約規則第7条及び第8条の規定により、入札の公告をしなければならない。

2 前項の公告は、別添1の標準入札公告例に基づき、高浜市公告式条例(昭和25年高浜町条例第15号)の例により行うものとする。

3 前項に規定するもののほか、市長は、第1項の公告について、高浜市公式ホームページを利用して、当該公告の内容を閲覧に供する方法により行うことができる。

(希望価格の決定)

第5条 市長は、すべての対象工事について、設計書の積算結果に基づき、市場の動向及び実績、履行の難易度その他対象工事の種類、性質等を考慮し、当該対象工事について契約を希望する予定価格(以下「希望価格」という。)を適正に決定するものとする。

(希望価格の公表)

第6条 市長は、前条の規定により希望価格を決定したときは、これを当該対象工事の入札の公告に際し、公表するものとする。

2 希望価格の公表は、当該対象工事の入札の公告文に記載する方法により行う。

(入札に参加できる者)

第7条 条件付き一般競争入札に参加することができる者(以下「入札参加資格者」という。)は、次の各号のいずれにも該当する者であって、次条に規定する資格要件を備えているものとする。

(1) 令第167条の4の規定に該当する者でないこと。

(2) 第11条に規定する入札参加申請書の提出の日から入札日までの間に高浜市工事等請負契約に係る入札参加停止取扱要綱(平成15年4月1日施行)に基づく入札参加停止又はこれに準ずる措置を受けていないこと。

(3) 当該対象工事の種類、規模等に応じて高浜市入札参加者等審査委員会(以下「審査委員会」という。)があらかじめ別に定める一定の基準に従い、次のいずれかに該当する者であること。

 高浜市内に本店を有する者であって、建設業法第3条第1項の許可を受けてから高浜市内における営業年数が5年以上あり、かつ、直前3年度において引き続き契約規則第5条第3項に規定する名簿(以下「資格者名簿」という。)に登載されているもの(以下「市内業者」という。)であること。

 碧南市、刈谷市、安城市又は知立市に本店を有する者であって、高浜市内に従業員を常勤させている営業所(建設業法第3条第1項に規定する営業所であって、本店以外のものをいう。以下同じ。)を置いているもののうち、当該営業所に係る建設業法第3条第1項の許可を受けてから高浜市内における営業年数が5年以上あり、かつ、当該営業所について直前3年度において引き続き資格者名簿に登載されているもの(以下「準市内業者」という。)であること。

 碧南市、刈谷市、安城市又は知立市に本店を有する者であって、建設業法第3条第1項の許可を受けてからそれぞれの市における営業年数が5年以上あり、かつ、直前3年度において引き続き資格者名簿に登載されているものであること。

(入札参加資格要件)

第8条 条件付き一般競争入札に参加しようとする者は、対象工事の種類、規模等により、次に掲げる資格要件を備えていなければならない。

(1) 契約規則第5条第2項の規定による参加資格審査を受けた際の対象工事の種類に係る建設業法第27条の23の規定による経営事項審査に基づく経営事項審査結果通知書(以下「経営事項審査結果通知書」という。)の総合評点が、対象工事の種類、規模等に応じて審査委員会があらかじめ別に定める一定の範囲内にあること。

(2) 本店又は営業所において建設業法第26条第1項に規定する主任技術者又は同条第2項に規定する監理技術者(以下「主任技術者等」という。)を専任で置いており、当該対象工事について、当該主任技術者等を建設業法の規定に従い適切に施工現場に配置できること。

(3) 水道施設工事にあっては、次に掲げる資格要件を備えていること。

 準市内業者にあっては、当該営業所に給水装置工事主任技術者が常勤していること。

 高浜市との間に水道業務委託契約を締結することができ、かつ、これを誠実に分担することができること。

2 市長は、前項各号に掲げるもののほか、対象工事の種類、規模等に応じ、必要な資格要件を定めることができる。この場合において、市長は、当該資格要件を第4条第1項の規定による入札の公告の際に公告文に記載するものとする。

(入札に参加できない者)

第9条 前2条の規定にかかわらず、市長は、入札参加資格者が次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、当該入札参加資格者を入札に参加させないことができる。

(1) 法人市民税その他の地方税を滞納していること。

(2) 商法(明治32年法律第48号)第381条の規定による会社の整理の開始を命じられている者であること。

(3) 会社更生法(昭和27年法律第172号)第30条第1項の規定による更生手続開始の申立てをしている者又は同条第2項の規定による更生手続開始の申立てをなされている者であること。

(4) 民事再生法(平成11年法律第225号)第21条第1項の規定による再生手続開始の申立てをしている者又は同条第2項の規定による再生手続開始の申立てをなされている者であること。

2 前項に定めるもののほか、複数の業種について参加を希望する者は、当該参加を希望する者に係る経営事項審査結果通知書の平均完成工事高の最も多い業種が次の各号のいずれかに属するときは、それぞれ当該各号に定める業種以外の業種に係る入札には、参加することができない。

(1) 土木一式工事、建築一式工事及び造園工事

(2) 水道施設工事及び管工事

(3) 電気工事

(入札説明書の配布等)

第10条 入札説明書は、実施要綱に定める入札説明書例に準じて作成し、別冊として設計書、図面及び仕様書(以下「設計図書等」という。)を含むものとする。

2 入札説明書の配布は、当該入札の公告後速やかに行うものとし、設計図書等は、総務部財務グループ(以下「財務グループ」という。)において期間を定めて閲覧に供し、又は有料で配布する。

3 設計図書等の購入を希望する者は、入札参加申請書の提出期限の前日までに、財務グループに申し込まなければならない。

(入札参加申請書の提出)

第11条 第4条の入札公告に基づき、条件付き一般競争入札に参加を希望する者(以下「申請者」という。)は、所定の期限までに入札参加申請書(別記様式。以下「申請書」という。)を市長に提出しなければならない。

2 申請者は、前項の規定により提出した申請書を撤回しようとするときは、入札日の前日までに理由を記載した書面を市長に提出しなければならない。

(入札参加資格の確認)

第12条 市長は、前条第1項の規定により申請者から申請書が提出されたときは、速やかに当該申請者の入札参加資格の有無を確認するものとする。

(資格確認結果の通知)

第13条 市長は、前条の規定により入札参加資格の有無を確認した場合において、当該申請者について入札参加資格がないと認めたときは、その理由を記載した文書により当該申請者に通知しなければならない。

(入札の執行)

第14条 入札は、高浜市公共工事関係入札者に関する要綱(平成9年5月20日施行。以下「入札者に関する要綱」という。)に定めるところにより行う。ただし、入札者に関する要綱第16条に規定する再度入札は、行わない。

2 市長は、入札の執行に当たって必要があると認めるときは、入札に参加する者(以下「入札参加者」という。)に対し、入札書に記載された入札金額に対応する工事費内訳書を提出させることができる。

(最低価格の入札者以外の者を落札者とすることができる場合)

第15条 市長は、この要綱に基づく条件付き一般競争入札を執行した場合において、令第167条の10第1項の規定に該当するときは、希望価格の範囲内において最低の価格をもって入札をした者以外の者を落札者とすることができる。

(入札の無効)

第16条 入札者に関する要綱第14条に規定するもののほか、希望価格を超える金額を記載した入札は、無効とする。

(契約の保証)

第17条 市長は、この要綱に基づく条件付き一般競争入札を執行した場合において、当該入札に係る落札者が、契約保証金を納付しないとき又は当該対象工事について、契約保証金に代わる次の各号のいずれかの措置を講じないときは、当該落札者と契約を締結しないことができる。

(1) 契約規則第31条第2項に規定する保証の提供

(2) 契約規則第32条第1号に規定する履行保証保険契約の締結

(3) 契約規則第32条第2号に規定する工事履行保証契約の締結

(入札結果の公表)

第18条 入札結果の公表は、高浜市入札結果等閲覧規程(平成5年高浜市告示第35号)に基づいて行うほか、高浜市公式ホームページで閲覧に供する方法で行うことができる。

(秘密の保持)

第19条 市長は、入札が終了するまでの間、申請者から提出された申請書の内容その他当該入札に係る入札参加者に関する情報を公表してはならない。ただし、特に必要があると認めるときは、この限りでない。

(雑則)

第20条 この要綱に定めるもののほか、条件付き一般競争入札に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日等)

1 この要綱は、平成14年7月1日から施行し、同日以後に公告する条件付き一般競争入札から適用する。

(市内業者に対する経過措置)

2 この要綱の施行の際現に高浜市内に本店を有し、かつ、資格者名簿に登録されている者であって、建設業法第3条第1項の許可を受けてから5年を経過していないもの又は直前3年度において引き続き資格者名簿に登載されていないものは、第7条第3号アの規定にかかわらず、市内業者とみなす。

(水道施設工事に係る準市内業者に対する経過措置)

3 この要綱の施行の際現に準市内業者である水道施設工事業者は、第7条第3号ア及びの規定にかかわらず、平成19年6月30日までの間は、市内業者とみなす。

附 則 

この要綱は、平成15年4月1日から施行する。

附 則 

この要綱は、平成15年10月1日から施行する。

附 則 

この要綱は、平成18年4月1日から施行する。

附 則 

この要綱は、平成18年7月3日から施行する。

附 則 

この要綱は、平成19年4月1日から施行する。

附 則 

この要綱は、平成22年1月1日から施行する。

附 則 

この要綱は、平成22年7月5日から施行する。

附 則 

この要綱は、平成24年4月1日から施行する。

画像画像画像画像

画像

高浜市条件付き一般競争入札に関する要綱

平成24年4月1日 種別なし

(平成24年4月1日施行)