○電話予約による税務証明発行業務取扱要領

(目的)

第1条 この要領は、証明書の電話による予約受付(以下「電話予約」という。)業務の取扱について必要な事項を定めることにより、当該業務の適正かつ円滑な処理を行うことを目的とする。

(証明書の範囲)

第2条 電話予約のできる証明書の範囲は、次のとおりとする。

(1) 所得証明書

(2) 課税証明書

(3) 非課税証明書

(4) 車庫証明

(5) 納税証明書

(6) 事業証明書

(7) 評価証明書

(8) 公課証明書

(受付の方法)

第3条 電話予約の受付は、月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分までの間とする。ただし、1月1日から3日まで及び12月29日から31日まで並びに国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日(以下これらの日を「休日」という。)を除く。

2 前項の電話による予約受付をした者は、申請書の必要事項を相手から聴取するとともに申請者の氏名欄を除いて当該申請書にその内容を記載する。

3 前項の聴取にあたり、次に掲げる事項を確認し、申請書の裏面余白に記載するとともに、その周知を図る。

(1) 申請者の氏名及び電話番号

(2) 印鑑の要否

(3) 委任状の要否

(4) 手数料の有無及び金額

(5) 交付の日時及び場所

(証明書の作成)

第4条 電話予約の内容に従って証明書を作成のうえ、申請者ごとに区分し、金曜日の午後5時15分までに企画部秘書人事グループ(以下「秘書人事グループ」という。)に手渡す。

(交付場所等)

第5条 電話予約による証明書の交付場所等は、次のとおりとする。

(1) 交付場所 高浜市役所 宿直室

(2) 交付日 土曜日、日曜日及び休日

(3) 交付時間 午前8時30分から午後5時15分まで

(4) 交付者 日直者

(交付方法)

第6条 交付者は、証明書の交付に当たっては、申請書の裏面余白に記載された事項を確認のうえ、高浜市証明書等交付申請時等における本人確認事務処理要領(平成18年11月1日施行)に規定する本人確認の手続にしたがって申請者の本人確認を行い、適当と認めるときは、証明書を交付するものとする。

(手数料の徴収)

第7条 交付者は、手数料を徴収したときには、仮領収書を発行するものとする。

(手数料等の引継)

第8条 徴収した手数料及び交付されなかった証明書(以下「手数料等」という。)の引継ぎは、宿日直者間において業務終了後速やかに行う。

2 前項により引き継がれた手数料等は、翌開庁日に秘書人事グループに引継ぎ後、速やかに市民部税務グループに引き継ぐものとする。

3 前項により引き継がれた手数料は、速やかに金銭登録機を通し、公金処理する。

附 則

この要領は、平成2年7月9日から施行する。

附 則 

この要領は、平成5年4月1日から施行する。

附 則 

この要領は、平成14年8月23日から施行する。

附 則 

この要綱は、平成18年4月1日から施行する。

附 則 

この要綱は、平成18年11月1日から施行する。

附 則 

この要綱は、平成24年4月1日から施行する。

附 則

この要綱は、平成31年4月1日から施行する。

電話予約による税務証明発行業務取扱要領

平成24年4月1日 種別なし

(平成31年4月1日施行)

体系情報
第14編 綱/第7章 務/第3節
沿革情報
平成24年4月1日 種別なし
平成31年4月1日 種別なし