○高浜市保育所における統合保育事業の実施に関する要綱

(趣旨)

第1条 この要綱は、児童福祉法(昭和22年法律第164号)第24条第1項に該当し、かつ、心身に障害がある児童(以下「障害児」という。)を高浜市内の保育所(幼保連携型認定こども園を含む。以下「保育園」という。)に入所させ、健常児とともに保育すること(以下「統合保育」という。)を行うことについて必要な事項を定めるものとする。

(平成28年3月17日・一部改正)

(対象児童)

第2条 保育園へ入園できる障害児は、次のいずれにも該当するものとする。

(1) 市内に住所を有する児童であって、年齢が3歳以上小学校就学の始期に達するまでのもの

(2) 障害の程度が軽度から中度までの児童

(3) 保育園において統合保育が可能であり、通園のできる児童

2 保育園の設置者は、前項第2号に該当しない場合であっても、特に保育の実施を行うことが適当と認める児童を入園させることができる。

(入園定員)

第3条 障害児の入園定員は、統合保育が適切に実施できる範囲内の人数とする。

(平成26年12月8日・一部改正)

(運営)

第4条 統合保育の保育時間は、障害児の心身の状況に応じ、個々に定めるものとする。

2 保育士(保育教諭を含む。以下同じ。)の配置は、保育士1人につき障害児4人以内とする。ただし、保育の実施に支障があると認めるときは、この限りでない。

3 保育士は、統合保育の実施に関して、保護者と密接な連携を保つとともに、障害児の状況に応じ専門的に必要な助言及び指導を得るため、専門機関等と連絡を取るものとする。

(平成28年3月17日・一部改正)

(審査委員会の設置)

第5条 統合保育を適切に実施するため、高浜市統合保育審査委員会(以下「審査委員会」という。)を設置する。

2 審査委員会は、次に掲げる事務を所掌する。

(1) 障害児の保育園への入園の可否の審査及び判定

(2) 当該障害児に対する最良の処遇の検討及び保育士の指導

(3) その他必要な事項の審査

3 審査委員会は、次に掲げる者をもって組織する。

(1) 愛知県刈谷児童相談センターに属する職員

(2) 高浜市に属する臨床心理士

(3) 高浜市に属する保健師

(4) 高浜市家庭児童相談員

(5) 高浜市心身障害児福祉施設みどり学園療育指導員

(6) 高浜市教育委員会に属する特別支援教育コーディネーター

(7) 高浜市内の保育園園長(公立私立を問わないものとする。)

(8) 高浜市内の幼稚園園長(公立に限るものとする。)

(平成26年4月1日・平成28年3月17日・一部改正)

(任期)

第6条 委員の任期は、2年とする。ただし、委員が欠けた場合の補欠の委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(委員長及び副委員長)

第7条 審査委員会に委員長及び副委員長を置く。

2 委員長及び副委員長は、委員の互選により定める。

3 委員長は、審査委員会を代表し、会務を総理する。

4 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故があるとき又は委員長が欠けたときは、その職務を代理する。

(会議)

第8条 審査委員会は、委員長が招集する。

2 審査委員会においては、委員長が議長となる。

(守秘義務)

第9条 審査委員会の委員は、職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後も、同様とする。

(庶務)

第10条 審査委員会の庶務は、高浜市こども未来部こども育成グループにおいて処理する。

(雑則)

第11条 この要綱に定めるもののほか、審査委員会の運営に関し必要な事項は、委員長が定める。

附 則

この要綱は、平成19年12月1日から施行する。

附 則 

この要綱は、平成22年1月1日から施行する。

附 則(平成26年4月1日)

この要綱は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成26年12月8日)

この要綱は、平成26年12月8日から施行する。

附 則(平成28年3月17日)

この要綱は、平成28年3月17日から施行し、改正後の高浜市保育所における統合保育事業の実施に関する要綱の規定は、平成27年4月1日から適用する。

高浜市保育所における統合保育事業の実施に関する要綱

平成22年1月1日 種別なし

(平成28年3月17日施行)

体系情報
第14編 綱/第9章 育/第1節 子育て
沿革情報
平成22年1月1日 種別なし
平成26年4月1日 種別なし
平成26年12月8日 種別なし
平成28年3月17日 種別なし