○高浜市商店街活性化事業補助金交付要綱

(趣旨)

第1条 この要綱は、商店街の集客力及び顧客サービスの向上を図り、もって商店街の活性化に資するため、高浜市商工会が実施する「いきいき号」利用券発行事業等に対し、予算の範囲内において交付する補助金について、高浜市補助金交付規則(昭和50年高浜市規則第22号)に定めるもののほか必要な事項を定めるものとする。

(補助対象事業)

第2条 補助金の交付の対象となる事業(以下「補助事業」という。)は、高浜市商工会(以下「補助事業者」という。)が商店街活性化事業として実施する「いきいき号」利用券(以下「利用券」という。)の発行及び販売に係る事業とする。

2 利用券の発行事業は、利用券の作成から「いきいき号」運行事業者(以下「運行事業者」という。)による利用券の証明手続及び運行事業者に対する証明料の支払いまでの事業とする。

3 利用券の販売事業は、前項の規定により運行事業者の証明手続を経た利用券の商業又はサービス業等を営む者(以下「商店等」という。)への販売から当該商店等に対する利用券取扱経費の支払いまでの事業とする。

(商店等による利用券の利用方法等)

第3条 利用券を購入した商店等は、市民に対して利用券を販売するほか、顧客サービスの向上のため、当該商店等における独自サービスに利用することができる。

(補助対象経費及び補助金額)

第4条 補助対象経費及び補助金額は、別表のとおりとする。

(実績報告)

第5条 補助事業者は、補助事業が完了したときは、速やかに補助事業実績報告書に次の書類を添えて市長に提出しなければならない。

(1) 事業実績を証する書類

(2) その他市長が必要と認める書類

(補助金額の確定)

第6条 市長は、前条の規定により補助事業実績報告書等の提出があったときは、その内容を審査し、交付すべき補助金の適正な額を確定したうえで、高浜市商店街活性化事業補助金交付額確定通知書(別記様式)により補助事業者に通知するものとする。

(補助金の交付請求)

第7条 補助事業者は、前条に規定する確定通知書を受けたときは、速やかに補助金交付請求書を市長に提出しなければならない。

(補助金の交付)

第8条 市長は、前条に規定する請求書を受理したときは、速やかに補助金を交付するものとする。

2 市長は、補助事業者が補助金の交付の目的を達成するため、補助金の前渡しを受けなければ事業の執行ができないと認められるときは、前項の規定にかかわらず、補助金額の確定前に補助金の全部又は一部を前渡しできる。この場合において、前渡しした補助金額と確定後の補助金額との間に差額が生じたときは、補助金額の確定後、精算するものとする。

(雑則)

第9条 この要綱に定めるもののほか、補助金の交付について必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成10年7月1日から施行する。

別表(第4条関係)

補助対象経費

補助金額

利用券の作成に係る印刷製本費

実費

利用券の発行及び販売に係る消耗品費及び通信運搬費

実費

利用券の発行に係る証明料

証明料の2分の1の額

利用券の販売に係る取扱経費

販売額の10分の1の額

その他市長が必要と認める経費

協議して定める額

画像

高浜市商店街活性化事業補助金交付要綱

平成10年7月1日 種別なし

(平成10年7月1日施行)