○高浜市水道施設等の維持管理に係る指導要領

(目的)

第1条 この要領は、水道施設等の適正な維持管理について指導することにより、衛生的で安全な飲料水を確保することを目的とする。

(指導対象)

第2条 この要領による指導対象となる施設は、次のとおりとする。

(1) 水道法(昭和32年法律第177号。以下「法」という。)第3条第7項に規定する簡易専用水道の給水施設(以下「簡易専用水道施設」という。)

(2) 法第14条第2項第5号に規定する貯水槽水道であって、前号の給水施設以外の給水施設(以下「小規模貯水槽水道施設」という。ただし、建築物における衛生的環境の確保に関する法律(昭和45年法律第20号。以下「建築物衛生法」という。)の適用を受ける施設を除く。)

(3) 法の適用を受けない施設であって、井戸水、湧水等の自己水によって飲料水を供給する法第3条第6項の専用水道施設以外の給水施設(以下「井戸等自己水施設」という。ただし、建築物衛生法の適用を受ける施設を除く。)

(指導実施方法)

第3条 前条各号に定める指導対象となる施設(以下「水道施設等」という。)に対する指導実施方法は、別表に定めるとおりとする。

(改善指導)

第4条 水道施設等の指導の結果、維持管理について改善措置等を必要とする場合は、指導票(様式第6)を活用し、適切な指導を行うものとする。

2 水道施設等の指導の結果、当該施設の維持管理の不適及び施設の不備等により供給される水の水質に重大な影響を及ぼすおそれのある場合は、水道施設等・水質改善計画書(様式第7)を提出するよう文書等で指示し、改善が完了したときは、速やかに水道施設等・水質改善完了届(様式第8)を提出するよう指導するものとする。

(水質管理)

第5条 水道施設等の指導の結果、飲料水が人の健康を害するおそれがあると判明した場合又は水道施設等を設置した者、管理する者又は利用する者からその旨の通報があった場合は、直ちに当該水道施設等の給水を停止するよう指導するものとし、飲料水を使用することが危険であることを関係者に周知させる等の措置を講じるよう指導するものとする。

2 水道施設等の指導の結果、水質不良が判明した等の場合には、水道施設等・水質改善計画書(様式第7)を提出するよう文書等で指示し、高浜市建築物給水施設維持管理要領(平成25年4月1日施行。以下「維持管理要領」という。)の基準により指導するとともに、改善が完了したときは、速やかに水道施設等・水質改善完了届(様式第8)を提出するよう指導するものとする。

3 各種有害物質を原因とする地下水汚染により、周辺の飲用井戸施設に対する影響が憂慮される場合は、必要に応じ、周辺の飲用井戸使用者等に対し、適切な措置を講ずるよう指導するものとする。

(不特定飲用施設の衛生指導)

第6条 井戸水、湧水等を不特定多数の者に飲用の目的で提供する者に対しては、必要に応じ、維持管理要領の井戸等自己水施設に関する事項に準じた維持管理等について指導するものとする。

(復命及び報告)

第7条 指導実施状況は、復命書(様式第9)により所属長に復命するものとする。

2 水道施設等の状況及び指導実施状況については、毎年度水道施設等維持管理指導年度台帳(様式第10)により、記録するものとする。

附 則

1 この要領は、平成25年4月1日から適用する。

2 この要領の施行前に愛知県の水道施設等の維持管理に係る指導に関する規定等に基づいて作成されている帳票等は、この要領の定めにかかわらず、当分の間使用することができる。

別表(第3条関係)

施設

項目

内容

簡易専用水道施設

施設の把握及び届出

水道事業者及び法第34条の2第2項の規定により厚生労働大臣の登録を受けた検査機関(以下「登録検査機関」という。)と連携を図り、簡易専用水道施設を把握するとともに、維持管理要領に基づく届出を指導する。

指導実施施設

・簡易専用水道施設の設置者、管理者又は利用者から、飲料水に異常を認めた旨の連絡があった施設

・簡易専用水道施設の設置者から施設の管理の不備について報告があった施設

・登録検査機関の検査を1年以内に1回受検していない施設

・水道事業者から通報があった施設

・新規届出施設等市長が必要と認めた施設

指導内容

簡易専用水道等維持管理調査票(様式第1)を活用し、法及び維持管理要領に基づく維持管理等について指導する。

施設台帳の作成

指導を効率的に行うため、簡易専用水道台帳(様式第2)を作成する。この場合において、台帳は、毎年度、必要に応じて修正する。

小規模貯水槽水道施設

施設の把握

水道事業者と連携を図り、小規模貯水槽水道施設の把握に努める。

指導実施施設

・小規模貯水槽水道施設の設置者、管理者又は利用者から、飲料水に異常を認めた旨の連絡があった施設

・水道事業者から維持管理上の問題について通報があった施設

・新規届出施設等市長が必要と認めた施設

指導内容

簡易専用水道等維持管理調査票(様式第1)を活用し、維持管理要領に基づく維持管理等について指導する。

施設名簿の作成

指導を効率的に行うため、小規模貯水槽水道施設名簿(様式第3)を作成する。

井戸等自己水施設

施設の把握

水道事業者等と連携して、井戸等自己水施設の把握に努める。

指導回数

施設の把握時等に、必要に応じ実施する。

指導内容

井戸等自己水施設維持管理調査票(様式第4)を活用し、維持管理要領に基づく維持管理等について指導する。この場合において、水道事業の給水区域内の井戸等自己水施設に対しては、飲料水の水道への転換について指導する。

井戸台帳の作成

指導を効率的に行うため、井戸台帳(様式第5)を作成する。この場合において、井戸台帳の内容は、毎年度、必要に応じて修正する。

画像画像

画像

画像

画像画像

画像画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像画像

高浜市水道施設等の維持管理に係る指導要領

平成25年4月1日 種別なし

(平成25年4月1日施行)