○高浜市建築物給水施設維持管理要領

(目的)

第1条 この要領は、建築物における給水施設の維持管理に関して必要な事項を定めることにより、衛生的に安全な飲料水を供給することを目的とする。

(適用の範囲)

第2条 この要領が適用される施設は、次のとおりとする。

(1) 水道法(昭和32年法律第177号。以下「法」という。)第3条第7項に規定する簡易専用水道の給水施設(以下「簡易専用水道施設」という。)

(2) 簡易専用水道を除く法第14条第2項第5号の貯水槽水道であって、建築物における衛生的環境の確保に関する法律(昭和45年法律第20号。以下「建築物衛生法」という。)の適用を受けない給水施設(以下「小規模貯水槽水道施設」という。)

(3) 法の適用を受けない施設であって、井戸等の自己水によって飲料水を供給している個人住宅、共同住宅、寮、店舗、工場その他の事業所等の給水施設(以下「井戸等自己水施設」という。)

(届出)

第3条 簡易専用水道施設の設置者又は当該簡易専用水道施設の維持管理に関して権限を与えられている者(以下「簡易専用水道施設の設置者等」という。)は、簡易専用水道施設を使用するに至ったときは、速やかに簡易専用水道施設設置届(様式第1)を市長に提出するものとする。

2 簡易専用水道施設の設置者等は、前項の届出事項に変更を生じたときは、速やかに簡易専用水道施設届出事項変更届(様式第2)を市長に提出するものとする。

3 簡易専用水道施設の設置者等は、次に掲げる場合に、簡易専用水道施設廃止・休止・再開届(様式第3)を市長に提出するものとする。

(1) 当該水道施設を廃止したとき。

(2) 受水槽の有効容量の減少等により簡易専用水道施設に該当しなくなったとき。

(3) 当該簡易専用水道施設を長期にわたり使用を中止しようとするとき又は休止した簡易専用水道施設を再開しようとするとき。

4 簡易専用水道施設の設置者等が、都市政策部上下水道グループ(以下「水道事業者」という。)に給水申込みを行う際に、簡易専用水道施設の概要について所定の調査票を提出し、当該調査票が水道事業者から市民部経済環境グループ(以下「経済環境グループ」という。)に送付された場合は、簡易専用水道施設の設置者が第1項の簡易専用水道施設設置届を提出したものとみなす。

5 前項の規定は、簡易専用水道施設届出事項変更届及び簡易専用水道施設廃止・休止・再開届について準用する。

(平成31年4月1日・一部改正)

(保守点検)

第4条 簡易専用水道施設、小規模貯水槽水道施設及び井戸等自己水施設(以下「簡易専用水道施設等」という。)の設置者又は当該簡易専用水道施設等の維持管理に関して権限を与えられている者(以下「簡易専用水道施設等の設置者等」という。)は、当該簡易専用水道施設等の亀裂等による有害物、汚水等の混入がないよう、別表第1により施設の保守点検を定期的に実施するものとし、井戸等自己水施設においては、井戸等の水源についても同様の保守点検を実施するものとする。

2 簡易専用水道施設等の設置者等は、前項の保守点検において欠陥を発見したとき又は地震、凍結、大雨等水質に影響を与えるおそれのある事態が発生したときは、速やかに改善の措置を講ずるものとする。

(水質管理)

第5条 簡易専用水道施設等においては、遊離残留塩素の測定を末端給水栓水について1週間に1回以上実施し、遊離残留塩素濃度を0.1mg/L(結合残留塩素濃度の場合は0.4mg/L)以上であることを確認するものとする。

2 飲料水が水槽に長時間滞留したときは、一定時間放水し、末端給水栓水の遊離残留塩素濃度について前項に規定する確認を行うものとする。

3 井戸等自己水施設にあっては、必要に応じて次亜塩素酸ナトリウム等の塩素剤の自動注入設備等を用いて消毒を行い、その適正な管理を図るものとする。

4 簡易専用水道施設等においては、1日1回給水栓の水の色、濁り、臭い、味等の外観に注意し、これらに異常があると認められるときは、水質基準に関する省令(平成15年厚生労働省令第101号。以下「省令」という。)に掲げる項目のうち必要なものについて水質検査を行い、その安全性を確認するものとする。

5 井戸等自己水施設を初めて使用するときは、省令に掲げる全ての項目について水質検査を実施し、水質基準に適合していることを確認するよう努めるものとする。

6 簡易専用水道施設又は小規模貯水槽水道施設を初めて使用するときは、省令に掲げる項目のうち一般細菌、大腸菌、塩化物イオン、有機物、pH値、味、臭気、色度及び濁度並びに周辺の水質検査結果等から別表第2により判断して必要となる事項に関する水質検査を実施し、水質基準に適合していることを確認するものとする。

7 井戸等自己水施設においては、飲料水について、省令に掲げる項目のうち一般細菌、大腸菌、硝酸態窒素、亜硝酸態窒素、塩化物イオン、有機物、pH値、味、臭気、色度及び濁度並びに周辺の水質検査結果等から別表第2により判断して必要となる事項に関する水質検査を1年に1回以上行うものとし、省令に掲げる項目のうち上記以外の事項に関する水質検査についても1年に1回以上行うよう努めるものとする。

(水槽の清掃)

第6条 簡易専用水道施設等のうち水槽(受水槽、高置水槽等を含む。以下この条において同じ。)を有するものにあっては、水槽の清掃を1年に1回以上定期的に行うものとし、当該清掃については、建築物衛生法第12条の2の規定により愛知県知事の登録を受けた建築物飲料水貯水槽清掃業者に委託するよう努めるものとする。

2 水槽の清掃を行う場合は、次の事項に注意するものとする。

(1) 水槽の清掃を行うに当たっては、給排水設備の状況等を十分に把握した上で作業計画を立てること。

(2) 水槽が消防用設備等と共用されている場合であって、清掃により消防用設備等の機能が低下するおそれのあるときは、あらかじめ関係消防機関に連絡する等不測の事態に対する配慮を行うこと。

(3) 作業者は、常に健康状態に注意するとともに、事前に糞便検査を受け異常のないことを確認することとし、作業当日下痢などの症状が有る者は作業に従事してはならないこと。

(4) 作業衣及び使用器具等は水槽の清掃専用のものとし、作業に当たっては、作業衣及び使用器具等の消毒を行うこと。

(5) 作業中は、水槽内の照明、換気等に注意して事故防止を図ること。

(6) 水槽内の沈殿物質、浮遊物質、壁面等の付着物質等の除去、水槽周辺の清掃、水槽への異物侵入防止措置の点検等を行うこと。

(7) 受水槽の清掃を行った後、圧力水槽、高置水槽等の清掃を行うこと。

(8) 洗浄後の汚水は、完全に排水すること。

(9) 水槽の清掃の終了後は、有効塩素濃度50~100mg/Lの塩素剤を用いて水槽内の消毒を2回以上行うとともに、消毒後の排水を完全に排除し、消毒完了後は槽内に立ち入らないこと。

(10) 水槽内の水張り終了後、末端給水栓及び水槽内の水質検査並びに残留塩素の測定を行うこととし、水の色、臭い、味、色度及び濁度について異常のないこと及び遊離残留塩素濃度が0.2mg/L(結合残留塩素濃度の場合は1.5mg/L)以上であることを確認すること。

(帳簿書類及び記録等)

第7条 簡易専用水道施設等の設置者等は、簡易専用水道施設等の給排水関係の配置及び系統を明らかにした図面並びに受水槽の周囲の構造物の配置を明らかにする平面図等を整理し、保存するものとする。

2 簡易専用水道施設等の設置者等は、簡易専用水道施設等の維持管理に関して、給水施設の保守点検、水槽の清掃、残留塩素の測定及び水質検査の結果等が記載された帳簿書類を3年以上保存するものとする。

(汚染事故の措置)

第8条 簡易専用水道施設等の設置者等は、水質汚染事故が発生したとき、水質検査の結果省令の水質基準値を超える汚染が判明したとき又は給水栓の水に色、濁り、臭い、味等に異常が発生したときは、速やかに経済環境グループ又は関係水道事業者へ連絡することとし、供給する水が人の健康を害するおそれがあることを知ったときは、直ちに給水を停止し、かつ、その水を使用することが危険であることを関係者に周知するものとする。

(平成31年4月1日・一部改正)

(登録検査機関の検査)

第9条 簡易専用水道施設の設置者等は、当該簡易専用水道施設の維持管理について、毎年1年以内に1回定期的に法第34条の2第2項の登録を受けた者(以下「登録検査機関」という。)の検査を受けるものとする。

2 簡易専用水道施設の設置者等は、前項の検査終了後、登録検査機関が交付する検査済証を3年以上保存するものとする。

3 第1項の検査の結果、特に衛生上問題があるとして経済環境グループに報告するよう登録検査機関から助言を受けた場合は、簡易専用水道施設の設置者等は、速やかに経済環境グループにその旨を報告するものとする。

(平成31年4月1日・一部改正)

附 則

この要領は、平成25年4月1日から適用する。

附 則(平成31年4月1日)

この要綱は、平成31年4月1日から施行する。

別表第1(第4条関係)

建築物の給水施設保守点検表

点検項目

回数

主な点検内容

貯水槽の外観

1 水槽

1



・周囲は清潔か。油類、汚物等は置いてないか。

・亀裂はないか。漏水はしていないか。

・水中や水面に沈殿物や浮遊物はないか。

2 オーバーフロー管

通気管

1



・防虫網は付いているか。

・網が破れて虫、ごみなどが侵入することはないか。

3 マンホール

1



・ふたは施錠されているか。

・防水パッキンの劣化はないか。

ポンプ

4 揚水ポンプ

1



・圧力計、電流計の値に異常はないか。

・潤滑油は切れていないか。

・水漏れはないか。

5 揚水ポンプ自動運転装置

(フロートスイッチ等)

1



・正常に作動しているか。

6 フート弁

(吸込み管側逆流防止弁)



1

・正常に作動するか。

7 逆止弁

(吐出し管側逆流防止弁)



1

・正常に作動するか。

消毒

8 塩素滅菌器

1



・薬液はあるか。正常に注入されているか。

水位制御

9 ボールタップ

1



・正常に作動するか。

10 満減水警報装置

1



・正常に作動するか。

給水管等

11 止水弁



1

・必要なときに完全に開閉できるか。

12 給水管



1

・排水管等との誤接合(クロスコネクション)はないか。

・水漏れはないか。

自己水給水設備

13 井戸等

1



・水源の周囲は清潔か。汚染のおそれはないか。

・柵及び施錠はしてあるか。

14 水中ポンプ

1



・正常に作動するか。

15 ろ過装置

1



・ろ材を定期的に入れ替えているか。正常に稼動しているか。

備考 使用する原水が、市町村等の水道事業者から供給される水道水の場合は、13~15を除く。

別表第2(第5条関係)

日常検査の結果と措置等

検査結果

原因及び対応等

赤水が出て、タオル等が着色する。

(赤褐色~黒褐色)

鉄さびの流出

・老朽化した鉄管が原因となります。

・濃度が0.3mg/L以上になると水に色が付き始めます。

(対応)

・配管の使用材質を確認します。

・水質検査を行います。

・常に赤水が出る場合は、配管等の布設替えが必要です。

鉄細菌の繁殖

・鉄細菌の配管内での増殖が原因となります。

(対応)

・塩素消毒を強化(遊離残留塩素濃度:0.5mg/L以上)する必要があります。

マンガンの流出

・水に含まれているマンガンが遊離残留塩素で二酸化マンガンまで十分に酸化されないことが原因となります。

・濃度が0.05mg/L以下の微量であっても原因となることがあります。

(対応)

・遊離残留塩素濃度を確認し、塩素消毒を強化します。

・必要に応じ水質検査を行います。

青水

銅の溶出

・濃度が100mg/Lぐらいとなると水に色が確認できます。

・給湯施設には、銅管が使用されているが、実際には、このような濃度の銅の溶出は、あまり考えられません。

(対応)

・洗面器具やタオルの変色(青色)を確認します。

・変色が認められる場合は、必要に応じて水質検査を行います。

光の散乱

・象牙色(アイボリー)の水槽に水を入れると光の散乱により青色に見えることがあります。

(対応)

・受水容器及び観察場所を変え確認します。

黒水

マンガンの流出

・配管内に付着したマンガンが水流の急激な変化により剥離したことが考えられます。

(対応)

・水質検査を行います。

白水

亜鉛の溶出

・使用されている配管の材質(亜鉛めっき鋼管)の溶出が考えられます。

(対応)

・配管材質を確認します。

・亜鉛仕様の配管が使用されている場合は、水質検査を行います。

・常に白水が出る場合は、配管等の布設替えが必要です。

濁り

白濁

微細な気泡の発生

・給水管に吸い込まれた空気又は水道水に溶け込んだ空気が微細な気泡となることがあります。

(対応)

・水道水を透明な容器に入れ、しばらく放置して、下の方から透明になって白い濁りがなくなることを確認します。

(緑)

緑藻類の発生

・受水槽等内での緑藻類の繁殖が考えられます。

(対応)

・受水槽等内の点検を行います。

・受水槽に原因がある場合は、清掃を行います。

異物

蒸発後の白色残留物

ミネラル分の残留

・蒸発等が繰り返される容器の底部等に、水に含まれているカルシウムやマグネシウムなどが乾固して、白い付着物となります。

(対応)

・クエン酸で除去することができます。

洗面所等の淡紅色

色素産生微生物の増殖

・空気中の浮遊細菌の中には、洗面台、容器等で増殖し、ピンクに着色するものがあります。

(対応)

・給水栓水の残留塩素濃度を確認します。

脱塩素の浄水器を使用することによって、この現象を助長することがあります。

・水回りの清掃を行います。

昆虫又は幼虫

設備の不備

・受水槽の不備により混入することがあります。

(対応)

・受水槽の防虫網又はオーバーフロー管の適切な設置等について点検を行います。

・不備はすぐに改善します。

収れん味(思わず口をすぼめたくなる苦味)

亜鉛の溶出

・使用されている配管の材質(亜鉛めっき鋼管)の溶出が考えられます。

・濃度が5mg/L以上になると収れん味を感じることがあります。

(対応)

・配管材質を確認します。

・亜鉛仕様の配管が使用されている場合は、水質検査を行います。

・常に白水が出る場合は、配管等の布設替えが必要です。

金気味

金属類の溶出

・使用されている配管の材質(鉄、銅など)の金属の溶出が原因となります。

(対応)

・配管材質を確認します。

・原因が考えられる金属の水質検査を行います。

臭い

金気臭

鉄分の溶出

・使用されている配管の材質(鉄)の溶出が原因となります。

・濃度が0.5mg/L以上になると臭いを感じることがあります。

(対応)

・配管材質を確認します。

・原因と考えられる金属の水質検査を行います。

その他

泡立ち

汚水等の混入

・工場排水、生活排水等の混入に由来することがあります。

(対応)

・受水槽等の亀裂の点検を行います。

・改修工事などを行った場合は、配管の誤接合の点検を行います。

画像画像

画像

画像

高浜市建築物給水施設維持管理要領

平成25年4月1日 種別なし

(平成31年4月1日施行)