○高浜市老人ホーム入所判定事務取扱要綱

(趣旨)

第1条 老人福祉法(昭和38年法律第133号)第11条に基づく養護老人ホーム及び特別養護老人ホームへの入所について適正な措置を実施するため、その入所判定等の事務取扱いについて必要な事項を定めるものとする。

(入所措置の決定)

第2条 入所措置の決定に係る事務については、次に定めるところによるものとする。

(1) 高浜市福祉事務所長(以下「福祉事務所長」という。)は、入所措置が必要と思われる者について、老人ホーム入所判定審査票(様式第1。以下「審査票」という。)を作成し、高浜市老人ホーム入所判定委員会(以下「委員会」という。)に判定を依頼するものとする。

(2) 委員会は、別添「老人ホーム入所措置基準」(以下「措置基準」という。)に基づき、健康状態、家族、住居の状況等について、審査票により総合的に判定を行うものとする。

(3) 委員会の会長は、判定結果を審査票に記載のうえ福祉事務所長に報告するものとする。

(4) 福祉事務所長は、入所措置の判定困難なケースについては、審査票及びその他参考資料を付して愛知県健康福祉部長(以下「健康福祉部長」という。)に協議するものとする。

(5) 福祉事務所長は、第3号の報告又は前号の協議に係る結果通知を勘案して、入所措置の要否を決定するものとする。

(措置変更)

第3条 入所継続の要否判定に係る措置変更等の事務については、次に定めるところによるものとする。

(1) 福祉事務所長は、原則として毎年4月1日現在の入所者全員の日常生活動作等の状況を把握するため、4月末日までに施設長から老人ホーム入所者状況報告書兼入所継続判定審査票(様式第2。以下「状況報告書」という。)の提出を求め、措置基準に基づき、入所継続の要否を総合的に見直すものとする。

(2) 福祉事務所長は、前号の規定により入所要件に適合しないと思われる者については、状況報告書により委員会に判定を依頼するものとする。

(3) 委員会の会長は、判定結果を状況報告書に記載のうえ福祉事務所長に報告するものとする。

(4) 福祉事務所長は、入所継続の要否が判定困難なケースについては、状況報告書及びその他参考資料を付して健康福祉部長に協議するものとする。

(5) 福祉事務所長は、入所継続を要しないと判定した者については、要措置変更台帳(様式第3)を整備しなければならない。

附 則

この要綱は、平成10年4月1日から施行する。

附 則 

この要綱は、平成13年7月11日から施行する。

附 則 

この要綱は、平成19年4月1日から施行する。

別添(第2条関係)

老人ホーム入所措置基準

1 養護老人ホーム

老人福祉法(以下「法」という。)第11条第1項第1号の規定により老人を養護老人ホームに入所させ、又は入所を委託する措置は、当該老人が次の(1)及び(2)のいずれにも該当する場合に行うものとする。

(1) 環境上の事情については、次のア及びイに該当すること。

ア 健康状態………… 入院加療を要する病態でないこと。

なお、施設は、入所予定者の感染症に関する事項も含めた健康状態を確認することが必要であるが、その結果感染症にり患し、又はその既往歴があっても、一定の場合を除き、措置を行わない正当な理由には、該当しないものであること。

イ 環境の状況……… 家族や家庭の状況等、現在置かれている環境の下では在宅において生活することが困難であると認められること。

(注) 法では、養護老人ホームへの入所要件を「環境上の理由及び経済的理由」と規定しているが、これは、措置に当たり改正前に規定されていた「身体上若しくは精神上」の理由は問わないとすることとする趣旨であり、「身体上若しくは精神上」の理由を有する者を措置の対象外とするものではない。

(2) 経済的事情については、老人福祉法施行令第6条に規定する事項に該当すること。

2 特別養護老人ホーム

法第11条第1項第2号の規定により老人を特別養護老人ホームに入所させ、又は入所を委託する措置は、当該老人が要介護認定において要介護状態に該当し、かつ、健康状態が1(1)アの基準を満たす場合に行うものとする。

別表

判定基準

・日常生活動作

事項

自立

一部介助

全介助

歩行

・杖等を使用し、かつ、時間がかかっても自分で歩ける。

・付添が手や肩を貸せば歩ける。

・歩行不可能(ねたきり)

排泄

・自分で昼夜とも便所でできる。

・自分で昼は便所、夜は簡易便器を使ってできる。

・介助があれば簡易便器でできる。

・夜間はおむつを使用する。

・常時おむつを使用している。

食事

・スプーン等を使用すれば自分で食事ができる。

・スプーン等を使用し、一部介助すれば食事ができる。

・臥床のままで食べさせなければ食事ができない。

入浴

・自分で入浴でき、洗える。

・自分で入浴できるが、洗うときだけ介助を要する。

・浴槽の出入りに介助を要する。

・自分でできないので、すべて介助しなければならない。

・特殊浴槽を使用している。

・清拭を行っている。

着脱衣

・自分で着脱ができる。

・手を貸せば着脱できる。

・自分でできないので、すべて介助しなければならない。

洗面

・自分で洗面できる。

・手を貸せば、洗面できる。

・自分でできないので、清拭している。

起居

・自分で起居できる。

・手を貸せば起居できる。

・自分で起居できないので、すべて介助しなければならない。

・精神の状況

(1) 痴呆


重度

中度

軽度

ア 記憶障害

自分の名前がわからない

寸前のことも忘れる

最近の出来事がわからない

物忘れ、置き忘れが目立つ

イ 失見当

自分の部屋がわからない

時々自分の部屋がどこにあるのかわからない

異なった環境におかれると一時的にどこにいるのか分からなくなる

(2) 問題行動


重度

中度

軽度

ア 攻撃的行為

他人に暴力をふるう

乱暴なふるまいを行う

攻撃的な言動を吐く

イ 自傷行為

自殺を図る

自分の身体を傷つける

自分の衣服を裂く、破く

ウ 火の扱い

火を常にもてあそぶ

火の不始末が時々ある

火の不始末をすることがある

エ 徘徊

屋外をあてもなく歩きまわる

家中をあてもなく歩きまわる

ときどき部屋内でうろうろする

オ 不穏行為

いつも興奮している

しばしば興奮し、騒ぎたてる

ときには興奮し、騒ぎたてる

カ 不潔行為

糞尿をもてあそぶ

場所をかまわず放尿、排便をする

衣服等を汚す

キ 失禁

常に失禁する

時々失禁する

誘導すれば自分でトイレに行く

画像

画像

画像

画像

高浜市老人ホーム入所判定事務取扱要綱

平成19年4月1日 種別なし

(平成19年4月1日施行)

体系情報
第14編 綱/第10章 生/第6節
沿革情報
平成19年4月1日 種別なし