○高浜市集会所、避難所及び防災倉庫建設費補助金交付要綱

(趣旨)

第1条 この要綱は、町内会等が行う集会所等の建築等に対する補助金の交付に関し、高浜市補助金交付規則(昭和50年高浜市規則第22号。以下「規則」という。)に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(補助対象経費)

第2条 補助対象経費は、町内会又は町内会連合組織が行う集会所、避難所又は防災倉庫(以下「集会所等」という。)の建築等に要する次に掲げる経費とする。

(1) 建築に要する経費

(2) 改造に要する経費

(補助金の額)

第3条 補助金の額は、別表第1のとおりとする。ただし、市長が必要と認める場合は、この限りでない。

(補助の要件)

第4条 補助金の交付対象となる集会所等の建築等は、集会所等としての機能を十分発揮できる適切な設計であり、地域住民の意思が十分に統一され、決定されているものでなければならない。

(補助金の交付申請)

第5条 規則第4条に定める必要な書類は、集会所等建設計画書(別記様式)及び別表第2に掲げる書類とする。

(雑則)

第6条 この要綱に定めるもののほか、補助金の交付について必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この要綱は、告示の日から施行し、平成7年4月1日から適用する。

附 則 

この要綱は、平成20年6月25日から施行し、改正後の第3条の規定は、平成20年4月1日から適用する。

別表第1(第3条関係)

第2条各号に掲げる区分

補助限度額

第1号 建築

(新築、増築又は改築)

集会所の補助額は、建築に要する経費から次に掲げる経費(以下「補助対象外経費」という。)を差し引いた額に2分の1を乗じて得た額とし、補助限度額を900万円とする。ただし、2以上の町内会連合組織又は1,000世帯以上の町内会が建築する場合は、補助限度額の100分の150を限度とする。

避難所及び防災倉庫の補助額は、集会所の補助限度額「900万円」を「200万円」に読み替える。

なお、避難所の建築は、耐震設計のものとし、防災倉庫の床面積は概ね5m2以上のものとする。

(1) 用地費

(2) その他集会所の建設に直接要しない経費

第2号 改造

(改修又は修繕)

集会所の補助額は、改造に要した経費から補助対象外経費を差し引いた額に2分の1を乗じて得た額とし、補助限度額を200万円とする。

避難所及び防災倉庫の補助額は、集会所の補助限度額「200万円」を「50万円」に読み替える。ただし、改造に要した額が10万円以下の場合は交付の対象としない。

備考

1 建物と一体又は付随する設備は、建築又は改造に含む。

2 他の補助を受けた場合は、補助限度額以内(補助対象経費に補助率を乗じて得た額と補助限度額のいずれか少ない額)においてその差額を補助する。

別表第2(第5条関係)

第2条各号に掲げる区分

書類

第1号 建築

(新築、増築又は改築)

(1) 建築等見積書及び請負業者との契約書の写し

(2) 建物の配置図、平面図及び立面図

(3) 位置図及び敷地の公図の写し

(4) 土地所有者の承諾書の写し

(5) その他市長が特に必要と認める書類

第2号 改造

(改修又は修繕)

(1) 建築等見積書及び請負業者との契約書の写し

(2) その他市長が特に必要と認める書類

画像

高浜市集会所、避難所及び防災倉庫建設費補助金交付要綱

平成20年6月25日 種別なし

(平成20年6月25日施行)