○高浜市消防団機械器具取扱要綱

(趣旨)

第1条 この要綱は、消防団が使用する消防機械及び消防器具の管理及び取扱いに関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この要綱において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 消防機械 消防の用に供する機械であって、別表第1に掲げるものをいう。

(2) 消防器具 消火、救助等の作業に使用する器具であって、別表第2に掲げるものをいう。

(附属品及び予備品)

第3条 消防機械(以下「機械」という。)及び消防器具(以下「器具」という。)には、その種別及び型式により、所定の附属品及び応急整備に必要な若干の予備品を備えるものとする。

(機械器具の構造等の変更)

第4条 機械及び器具(以下「機械器具」という。)の構造、形状及び寸法は、みだりに変更してはならない。ただし、市長の許可を受けた場合は、この限りでない。

(運転者)

第5条 消防ポンプ自動車及び可搬ポンプ積載車(以下「消防自動車」という。)の運転者は、自動車運転免許を有する消防団員(以下「団員」という。)のうちから消防団長(以下「団長」という。)が命じた者とする。ただし、緊急その他特に必要があると認めるときは、自動車運転免許を有する他の団員又は消防協会会員にこれを行わせることができる。

(点検及び整備)

第6条 団長は、機械器具の安全性の確保及び機能の保全を図るため、点検及び整備を行わなければならない。

2 点検を分けて、使用後点検及び定期点検とし、整備を分けて、使用後整備、定期整備及び車検整備とする。

(使用後点検)

第7条 使用後点検は、次の事項について実施するものとする。

(1) 機械器具、附属品及び予備品の検査、清掃及び整とん

(2) その他出動を迅速かつ円滑に行うために必要な事項

(定期点検)

第8条 機械の定期点検は、道路運送車両法(昭和26年法律第185号)第48条の規定によるほか、次の表に掲げるところにより実施するものとする。

機械の種別

実施時期

実施内容

消防ポンプ等

10月及び3月

消防ポンプ等定期点検表(様式第1)に掲げる項目

2 団長は、前項の規定により、消防ポンプ等の定期点検を実施したときは、消防ポンプ等定期点検表を作成するものとする。

3 器具の定期点検は、年1回実施するものとする。

(使用後整備)

第9条 使用後整備は、第7条の使用後点検の結果、その機能が著しく低下したと認められるときに実施するものとする。

(定期整備)

第10条 定期整備は、第8条の定期点検の結果、必要な整備を実施するものとする。ただし、消防自動車に係る定期整備が次条の車検整備の時期と重なる場合は、その一部又は全部を省略することができる。

(車検整備)

第11条 車検整備は、消防自動車について、道路運送車両法第62条の規定による継続検査を受けようとする場合に、その自動車検査証の有効期限満了前に実施するものとする。

(使用記録)

第12条 団員又は消防協会会員は、機械を使用したとき又は燃料、潤滑油等を交換若しくは補給したときは、運転日誌に記録しなければならない。

(簿冊)

第13条 団長は、次に掲げる簿冊を作成し、消防団に備えなければならない。

(1) 消防機械台帳(様式第2)

(2) 消防器具台帳(様式第3)

(3) 消防用ホース台帳(様式第4)

(雑則)

第14条 この要綱に定めるもののほか、機械器具の管理及び取扱いに関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成15年5月1日から施行する。

附 則 

この要綱は、平成18年8月29日から施行する。

別表第1(第2条関係)

消防機械

消防ポンプ自動車

可搬ポンプ積載車

可搬ポンプ

別表第2(第2条関係)

消防器具

ホースカー

ホース

媒介金具

切替金具

管そう

ノズル

まつ管そう

消火栓ハンドル

とび口

おの

掛矢

金てこ

のこぎり

スコップ

ロープ

サルベージカバー

防煙マスク

照明器具

発電機

消火器

信号用器具

コンプレッサー

救命胴衣

その他消防活動に必要な器具

画像

画像

画像

画像

高浜市消防団機械器具取扱要綱

平成18年8月29日 種別なし

(平成18年8月29日施行)