○高浜市生涯現役のまちづくり実行委員会設置要綱

(設置)

第1条 市における生涯現役のまちづくりに係る課題の検討、健康自生地の利用促進等を行うため、高浜市生涯現役のまちづくり実行委員会(以下「委員会」という。)を置く。

(定義)

第2条 この要綱において「生涯現役のまちづくり」とは、高齢者が可能な限り介護を必要とせず、生きがいを持ち、自らの選択及び決定に基づいた尊厳のある活発な暮らしを送ることができるまちづくりをいう。

2 この要綱において「健康自生地」とは、高浜市健康自生地認定要綱(平成25年8月1日施行)第2条に規定する健康自生地をいう。

(所掌事務)

第3条 委員会は、次の表の左欄に掲げるチーム及びグループで構成し、これらのチーム及びグループの所掌事務は、それぞれ同表の右欄に掲げるとおりとする。

名称

所掌事務

(1) 健康自生地盛り上げチーム高浜南部グループ

ア 高浜南部地域にある健康自生地での活動を盛り上げること。

イ アの健康自生地で生じた問題、課題等について検討すること。

(2) 健康自生地盛り上げチーム吉浜グループ

ア 吉浜地域にある健康自生地での活動を盛り上げること。

イ アの健康自生地で生じた問題、課題等について検討すること。

(3) 課題解決チーム

ア 生涯現役のまちづくりに係る市の課題を検討すること。

イ 健康自生地の創出について検討すること。

(4) 健康自生地審査会チーム

ア 高浜市健康自生地認定要綱第5条第1項に規定する審査に関し意見を述べること及び高浜市高齢者が自ら活動できる居場所づくり助成金交付要綱(平成25年8月1日施行)第9条に規定する審査に関し意見を述べること。

イ 健康自生地の検証に関すること。

(組織)

第4条 委員会は、委員50人以内で組織する。

2 委員は、次に掲げる者のうちから市長が委嘱し、又は任命する。

(1) 市内に居住する者、働く者又は学ぶ者

(2) 市内で商工業を営む者

(3) 市内で福祉サービスに携わる者又は同サービスを受ける者

(4) 市の職員

3 委員は、前条の表第1号から第3号までのいずれか1つのチーム又はグループの委員となるものとする。

4 前条の表第4号のチームは、同表第1号から第3号までのチーム又はグループの代表者数名で組織する。

5 チームにチームリーダーを、グループにグループリーダーを置き、委員の互選によってこれを定める。

6 チームはチームリーダーが、グループはグループリーダーが招集する。

(任期)

第5条 委員の任期は、2年とする。

2 委員は、再任されることができる。

3 委員が欠けた場合における補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(会議)

第6条 委員会は、福祉部福祉企画グループリーダー(以下「福祉企画グループリーダー」という。)が招集する。

2 委員会の議事は、福祉企画グループリーダーが進行する。

3 委員会は、委員の半数以上が出席しなければ、会議を開くことができない。

4 委員会の議事は、出席委員の過半数をもって決する。

(関係者の出席等)

第7条 委員会は、その権限に属する事項を行うため必要があると認めるときは、関係者に対して出席を求め、その説明若しくは意見を聴き、又は資料の提出を求めることができる。

(庶務)

第8条 委員会の庶務は、福祉部福祉企画グループにおいて処理する。

(雑則)

第9条 この要綱に定めるもののほか委員会の運営に関し必要な事項は、福祉企画グループリーダーが会議に諮って定める。

附 則

(施行期日)

1 この要綱は、平成25年11月1日から施行する。

(高浜市健康自生地認定要綱の一部改正)

2 高浜市健康自生地認定要綱(平成25年8月1日施行)の一部を次のように改正する。

〔次のよう〕略

(高浜市高齢者が自ら活動できる居場所づくり助成金交付要綱の一部改正)

3 高浜市高齢者が自ら活動できる居場所づくり助成金交付要綱(平成25年8月1日施行)の一部を次のように改正する。

〔次のよう〕略

高浜市生涯現役のまちづくり実行委員会設置要綱

平成25年11月1日 種別なし

(平成25年11月1日施行)