○高浜市広域予防接種事業実施要綱

(趣旨)

第1条 この要綱は、市長が愛知県広域予防接種事業に係る運営要領に基づき行う予防接種法(昭和23年法律第68号。以下「法」という。)第5条第1項に規定する定期の予防接種(以下「広域予防接種」という。)を実施するため、必要な事項を定めるものとする。

(実施地域)

第2条 広域予防接種の実施地域は、高浜市を除く愛知県内全域とする。

(対象予防接種)

第3条 広域予防接種の対象となる予防接種は、法第2条第2項に規定するA類疾病及び同条第3項に規定するB類疾病の予防に有効である予防接種とする。ただし、痘そうを除く。

(平成28年4月1日・一部改正)

(対象者)

第4条 広域予防接種の実施対象者は、高浜市内に住所を有する者で、次の各号のいずれかに該当するものとする。

(1) 高浜市以外の市町村にかかりつけ医がいる者

(2) 長期に入院治療を要し、高浜市で予防接種を受けることが困難な者

(3) 里帰り出産、家庭内暴力等のため、高浜市以外の市町村での予防接種を希望する者

(4) 高齢者施設等に入所のため、高浜市以外の市町村での予防接種を希望する者

(5) その他市長が対象者と認める者

(平成28年4月1日・一部改正)

(接種協力医師)

第5条 広域予防接種に協力する医師(以下「接種協力医師」という。)は、所属する郡市医師会から公益社団法人愛知県医師会(以下「県医師会」という。)に推薦のあった医師とする。

(ワクチンの調達)

第6条 広域予防接種で使用するワクチンは、接種協力医師の所属する医療機関(以下「接種協力医療機関」という。)において準備する。

(予防接種の手続)

第7条 広域予防接種を希望する者は、A類疾病広域予防接種連絡票交付申請書(様式第1)又はB類疾病広域予防接種連絡票兼接種済証交付申請書(様式第1の2)(以下「申請書」という。)により市長に申請しなければならない。

2 市長は、前項の申請書を受理したときは、その内容を審査し、接種協力医療機関において予防接種を受けることが適当であると認める場合は、愛知県A類疾病広域予防接種連絡票(様式第2)又は愛知県B類疾病広域予防接種連絡票兼接種済証(様式第2の2)(以下「広域連絡票」という。)及び予診票を交付するものとする。ただし、刈谷市及び知立市の接種協力医療機関において予防接種を受ける場合にあっては、広域連絡票に代えて刈谷市・知立市・高浜市A類疾病広域予防接種連絡票(様式第3)又は刈谷市・知立市・高浜市B類疾病広域予防接種連絡票兼接種済証(様式第3の2)(以下「刈谷医師会連絡票」という。)を交付するものとする。

3 接種協力医師は、広域連絡票又は刈谷医師会連絡票及び母子健康手帳等に基づき接種対象者であることを確認し、予診票により予診をした後、予防接種を行うものとする。

(平成28年4月1日・一部改正)

(委託契約)

第8条 市長は、広域予防接種の実施について、県医師会及び一般社団法人刈谷医師会(以下「刈谷医師会」という。)と委託契約を締結し、委託契約書は毎年度取り交わすものとする。

(委託料)

第9条 県医師会との委託契約に係る委託料の額は、刈谷医師会との委託契約に係る委託料の額と同額とする。ただし、刈谷医師会に委託する予防接種のうち、高浜市がワクチンを準備する予防接種については、ワクチン費を含めた委託料とし、別に定めるものとする。

(委託料の請求及び支払)

第10条 広域予防接種の実施に係る委託料の請求及び支払事務は、愛知県国民健康保険団体連合会に委託するものとする。ただし、刈谷市及び知立市の接種協力医療機関にあっては、高浜市が当該委託料の請求及び支払事務を行うものとする。

(雑則)

第11条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成26年4月23日から施行し、平成26年4月1日から適用する。

附 則(平成28年4月1日)

この要綱は、平成28年4月1日から施行する。

(平成28年4月1日・一部改正)

画像

(平成28年4月1日・追加)

画像

(平成28年4月1日・一部改正)

画像画像

(平成28年4月1日・追加)

画像画像

(平成28年4月1日・一部改正)

画像画像

(平成28年4月1日・追加)

画像画像

高浜市広域予防接種事業実施要綱

平成26年4月23日 種別なし

(平成28年4月1日施行)