○高浜市アシタのたかはま研究所設置要綱

平成26年8月1日

(設置)

第1条 市における中・長期的な政策課題について総合的に調査及び研究を行い、自分たちのまちを「こうしたい」の実践を図ることによって市で暮らす日常の「心地よさ」を実現するため、アシタのたかはま研究所(以下「研究所」という。)を置く。

(所掌事務)

第2条 研究所は、次に掲げる事項を所掌する。

(1) 市が保有する各種データの収集及び分析に関する事項

(2) 市の中・長期的な政策課題の把握及びその解決に向けた取組の検討に関する事項

(3) 自分たちのまちを「こうしたい」を実践するためのプロジェクトの企画及び運営に関する事項

(4) 総合計画その他の行政計画の策定に対する支援に関する事項

(5) その他市長が必要と認める事項

(組織)

第3条 研究所は、所長、副所長、研究リーダー及び研究員をもって組織する。

2 調査及び研究のテーマに応じて、専門的な見地から助言を受けるとともに、研究所の業務全般に対し、必要な支援を受けるため、研究所に政策アドバイザーを置くことができる。

(所長)

第4条 所長は、副市長をもって充てる。

2 所長は、市長の命を受け、研究所の業務を総理し、研究所を代表する。

(副所長)

第5条 副所長は、企画部長をもって充てる。

2 副所長は、所長を補佐するとともに、所長の命を受け、研究所が行う調査及び研究に関する事務を統括し、所長に事故があるとき又は所長が欠けたときは、その職務を代理する。

(研究リーダー)

第6条 研究リーダーは、企画部総合政策グループリーダーをもって充てる。

2 研究リーダーは、副所長の命を受け、研究所が行う調査及び研究に関する事務を掌理し、必要な調整及び指導を行うとともに、研究員を指揮監督する。

(研究員)

第7条 研究員は、次に掲げる者のうちから市長が委嘱し、又は任命する。

(1) 市民(市内に在住し、在勤し、又は在学する者及び市内で事業又は活動を行う者をいう。以下同じ。)

(2) 市の職員

(3) その他市長が特に必要と認める者

2 市長は、前項第1号の研究員を委嘱するに当たっては、できる限り市民各層の幅広い意見が反映されるよう、公募その他の適切な方法によって委嘱するものとする。

(研究員の任期)

第8条 研究員の任期は、調査及び研究のテーマごとに市長が定める。

(会議)

第9条 研究所の会議は、次に掲げるとおりとし、所長が必要に応じて招集する。

(1) アシタのたかはま創造会議

(2) 高浜市みらい会議

(3) 前2号に掲げるもののほか、所長が必要と認める会議

2 アシタのたかはま創造会議は、各部局等の長により構成し、所長が主宰する。

3 高浜市みらい会議は、研究所の構成員のほか、関係部局等の長又は関係グループのリーダーにより構成し、所長が主宰する。

4 所長は、第1項各号の会議を開催するに当たり、必要に応じて市長及び政策アドバイザーの出席を求めることができる。

(研究成果等の公表)

第10条 研究所の研究成果等は、広報紙、高浜市公式ホームページその他適当な方法により公表するものとする。

(秘密の保持)

第11条 研究所の構成員は、調査及び研究の過程で知り得た秘密を他に漏らしてはならない。研究所の構成員を退いた後も、同様とする。

(庶務)

第12条 研究所の庶務は、企画部総合政策グループにおいて処理する。

(雑則)

第13条 この要綱に定めるもののほか、研究所の運営に関し必要な事項は、所長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成26年8月1日から施行する。

高浜市アシタのたかはま研究所設置要綱

平成26年8月1日 種別なし

(平成26年8月1日施行)