○高浜市家庭的保育事業等の認可等に関する規則

平成27年3月31日

規則第18号

(趣旨)

第1条 この規則は、児童福祉法(昭和22年法律第164号。以下「法」という。)第34条の15第2項に規定する家庭的保育事業等の認可及び同条第7項に規定する家庭的保育事業等の廃止又は休止の承認の手続等に関し必要な事項を定めるものとする。

(認可の申請)

第2条 家庭的保育事業等の認可を受けようとする者は、あらかじめ市長と協議した上、家庭的保育事業等認可申請書(様式第1)に必要な書類を添えて、市長に提出しなければならない。

(認可の基準)

第3条 認可の基準は、法及び関係法令に定めるもののほか、高浜市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例(平成26年高浜市条例第22号)並びに次項に定めるところによるものとする。

2 児童数の推移、施設等の利用に係る待機の状態等地域の実態、付近の特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の整備状況を十分に勘案し、家庭的保育事業等の設置が子ども・子育て支援法(平成24年法律第65号)第61条第1項に規定する本市の子ども・子育て支援事業計画の推進に支障を生じるおそれがないと認められるものでなければならない。

(意見の聴取)

第4条 市長は、家庭的保育事業等の認可をしようとするときは、あらかじめ高浜市子ども・子育て会議の意見を聴かなければならない。

(認可の決定等の通知)

第5条 市長は、第2条に規定する申請を受理したときは、その内容を審査し、認可を決定した場合は家庭的保育事業等認可決定通知書(様式第2)を、認可しないと決定した場合は家庭的保育事業等不認可決定通知書(様式第3)を申請者に交付するものとする。

(変更の届出)

第6条 家庭的保育事業等の認可を受けた者が認可の申請の際に届け出た内容に変更がある場合は、家庭的保育事業等認可事項変更届(様式第4)に必要な書類を添えて、市長に届け出なければならない。

(廃止又は休止の申請)

第7条 家庭的保育事業等の認可を受けた者が当該家庭的保育事業等を廃止し、又は休止しようとするときは、家庭的保育事業等休止(廃止)申請書(様式第5)に必要な書類を添えて、市長に提出しなければならない。

2 市長は、前項に規定する申請を受理したときは、その内容を確認の上、家庭的保育事業等休止(廃止)承認通知書(様式第6)を申請者に交付するものとする。

3 第1項に規定する申請においては、家庭的保育事業等の認可を受けた者は、その利用者に不利益が生じることのないよう必要な措置を講じなければならない。

附 則

この規則は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成28年規則第18号)

1 この規則は、平成28年4月1日から施行する。

2 この規則の施行の際、この規則による改正前の各規則に定める様式による用紙で、現に残存するものは、所要の修正を加え、なお使用することができる。

画像画像

画像

(平28規則18・一部改正)

画像

画像

画像

画像

高浜市家庭的保育事業等の認可等に関する規則

平成27年3月31日 規則第18号

(平成28年4月1日施行)