○高浜市公共工事の入札に係る予定価格の事後公表に関する試行要領

平成28年4月1日

(趣旨)

第1条 この要領は、公共工事(高浜市が発注する工事並びに工事に関する設計、監理、調査及び測量をいう。)について実施する競争入札に係る入札執行後の予定価格の公表(以下「事後公表」という。)の試行に関し、必要な事項を定めるものとする。

(事後公表の決定)

第2条 事後公表を行う競争入札は、事後公表を行うことが適当であると認められるものについて、高浜市入札参加者等審査委員会に諮り決定する。

(事後公表の周知)

第3条 事後公表を行うものとした競争入札については、予定価格を事後公表とする旨を明記して入札公告を行う。

(再度入札)

第4条 事後公表を行うものとした競争入札について、開札した結果、落札者がいない場合は、原則として、その入札の開札日の翌日(土曜日、日曜日又は祝日の場合は、直後の土曜日、日曜日又は祝日でない日)に再度入札を行う。なお、入札者は、再度入札に当たっては、入札書に工事内訳書を添付することを要しない。

2 再度入札の執行回数は、2回を限度とする。

3 再度入札を行う場合は、前回の開札の結果、予定価格を超えた入札のうちで最低価格であったものの額を入札者に通知する。

4 次の各号のいずれかに該当する者は、再度入札(第4号においては2回目の再度入札に限る。)に参加することができない。

(1) 前回の入札において、無効となった入札をした者

(2) 前回の入札において、最低制限価格を下回った入札をした者

(3) 前回の入札を辞退した者(前回入札をしなかった者を含む。)

(4) 1回目の再度入札において、前項の規定により通知された額以上の入札をした者

(事後公表)

第5条 事後公表を行うものとした競争入札について、落札者が決定したときは、速やかに、入札結果と併せて予定価格の公表を行う。

2 再度入札をしたにもかかわらず、落札者がいなかったときは、予定価格の公表は行わない。

(雑則)

第6条 この要領に定めるもののほか、事後公表に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この要領は、平成28年4月1日から施行する。

高浜市公共工事の入札に係る予定価格の事後公表に関する試行要領

平成28年4月1日 種別なし

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第14編 綱/第7章 務/第2節
沿革情報
平成28年4月1日 種別なし