○高浜市都市計画マスタープラン策定委員会設置要綱

平成29年3月1日

(設置)

第1条 都市計画法(昭和43年法律第100号)第18条の2第1項の規定に基づく市の都市計画に関する基本的な方針(以下「都市計画マスタープラン」という。)の策定について、幅広く意見を聴取し、多様な観点から調査検討を行うため、高浜市都市計画マスタープラン策定委員会(以下「委員会」という。)を置く。

(所掌事務)

第2条 委員会は、次に掲げる事項を所掌する。

(1) 都市計画マスタープランの策定に関する調査検討を行うこと。

(2) 都市計画マスタープランの案の作成に関すること。

(3) 前2号に掲げる事項の経過及び結果について市長に報告すること。

(4) その他都市計画マスタープランの策定に関し必要と認められること。

(組織)

第3条 委員会は、委員15人以内で組織する。

2 委員は、次に掲げる者のうちから市長が委嘱し、又は任命する。

(1) 学識経験を有する者

(2) 関係行政機関の一般職又は特別職の職員で常勤のもの

(3) 市内に住所を有する者

(任期)

第4条 委員の任期は、委嘱又は任命の日から都市計画マスタープランの策定が終了する日までとする。

(委員長)

第5条 委員会に委員長を置く。

2 委員長は、第3条第2項第1号に掲げる者について委嘱された委員のうちから市長が指名する。

3 委員長は、委員会を代表し、会務を総理する。

(会議)

第6条 委員会は、委員長が招集する。

2 委員会においては、委員長が議長となる。

3 委員(委員長を除く。)は、事故その他やむを得ない理由により会議に出席することができないときは、代理人を出席させることができる。

4 委員会は、委員(前項の代理人を含む。次項において同じ。)の半数以上が出席しなければ、会議を開くことができない。

5 委員会の議事は、出席委員の過半数をもって決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

(関係者の出席等)

第7条 委員会は、必要があると認めるときは、関係者に対して出席を求め、その説明若しくは意見を聴き、又は資料の提出を求めることができる。

(策定部会)

第8条 委員会の適正かつ効率的な運営を補助するため、都市計画マスタープラン策定部会(以下「策定部会」という。)を置く。

2 策定部会は、都市計画マスタープランの策定に関し必要な調査研究を行い、その経過及び結果について委員会へ報告する。

3 策定部会は、部会員15人以内で組織し、別表に掲げる者をもって充てる。

4 策定部会に部会長を置き、都市政策部長をもって充てる。

(庶務)

第9条 委員会及び策定部会の庶務は、都市政策部都市計画グループにおいて処理する。

(平成31年4月1日・一部改正)

(委任)

第10条 この要綱に定めるもののほか、委員会の運営に関し必要な事項は、委員長が会議に諮って定める。

附 則

この要綱は、平成29年3月1日から施行する。

附 則(平成30年4月1日)

この要綱は、平成30年4月1日から施行する。

附 則(平成31年4月1日)

この要綱は、平成31年4月1日から施行する。

別表(第8条関係)

(平成30年4月1日・平成31年4月1日・一部改正)

1 企画部総合政策グループリーダー

2 総務部財務グループリーダー

3 市民部経済環境グループリーダー

4 福祉部健康推進グループリーダー

5 都市政策部土木グループリーダー

6 都市政策部都市計画グループリーダー

7 都市政策部防災防犯グループリーダー

8 都市政策部上下水道グループリーダー

9 市の職員のうちから部会長が指名する者

高浜市都市計画マスタープラン策定委員会設置要綱

平成29年3月1日 種別なし

(平成31年4月1日施行)

体系情報
第14編 綱/第12章
沿革情報
平成29年3月1日 種別なし
平成30年4月1日 種別なし
平成31年4月1日 種別なし