○高岡市監査委員事務局処務規程

平成17年11月30日

監査委員告示第1号

(趣旨)

第1条 高岡市監査委員事務局(以下「事務局」という。)の処務については、別に定めるものを除くほか、この規程の定めるところによる。

(事務)

第2条 事務局の事務分掌は、次のとおりとする。

(1) 請求又は要求による監査に関すること。

(2) 定例監査に関すること。

(3) 随時監査に関すること。

(4) 行政監査に関すること。

(5) 財政的援助団体等の監査に関すること。

(6) 決算審査及び基金運用状況審査に関すること。

(7) 健全化判断比率等の審査に関すること。

(8) 現金出納検査に関すること。

(9) 指定金融機関の公金の収納等の監査に関すること。

(10) 事務局の庶務に関すること。

(事務局の職員)

第3条 事務局に事務局長を置く。

2 事務局に書記及びその他の職員を置くことができる。

3 前項の職員の職名は、次のとおりとする。

(1) 書記

次長、主幹、副主幹、監理主査、主査、主任、主事

(2) その他の職員

事務員

(職務)

第4条 事務局長は、監査委員の命を受け、事務を統括し、所属職員を指揮監督する。

2 上席の書記は、事務局長を補佐し、事務局長に事故があるときは、その職務を代理する。

3 主幹、副主幹、監理主査、主査、主任、主事及び事務員は、上司の命を受け担任事務を処理する。

(文書の処理)

第5条 起案文書は、すべて事務局長を経て代表監査委員の決裁を受けなければならない。

(事務局長の専決事項)

第6条 次の事項については、事務局長が専決することができる。

(1) 監査資料の収集及び調査に関すること。

(2) 職員の事務分担に関すること。

(3) 職員の出張命令に関すること。

(4) 職員の時間外勤務、休日勤務、休暇の承認、週休日の振替等及び代休日の指定に関すること。

(5) 備品、消耗品の受払及び保管に関すること。

(6) 文書の収受に関すること。

(7) 前各号に掲げるもののほか、軽易な事項の処理に関すること。

(事務処理の方法)

第7条 前2条に定めるもののほか、事務の処理については、高岡市文書管理規程(平成17年高岡市訓令第9号)の例による。

(公印)

第8条 監査委員及び事務局長の公印は、次のとおりとする。

高岡市代表監査委員之印

高岡市監査委員之印

画像

画像

高岡市監査委員事務局長印

高岡市監査委員事務局之印

画像

画像

附 則

この告示は、公表の日から施行する。

附 則(平成20年9月25日監委告示第1号)

この規程は、公表の日から施行する。

高岡市監査委員事務局処務規程

平成17年11月30日 監査委員告示第1号

(平成20年9月25日施行)

体系情報
第3編 行政委員会・委員/第3章 監査委員
沿革情報
平成17年11月30日 監査委員告示第1号
平成20年9月25日 監査委員告示第1号