○高岡市荻布奨学基金に関する条例

平成17年11月1日

条例第71号

(趣旨)

第1条 この条例は、故荻布宗太郎氏の寄附金をもって、経済的理由により修学困難な者に対し奨学金を支給するため、高岡市荻布奨学基金(以下「基金」という。)を設け、その管理及び奨学金の支給に関し必要な事項を定めるものとする。

(積立て)

第2条 基金として積み立てる額は、予算に定める額とする。

(奨学金)

第3条 奨学金は、基金の利子等をもってこれに充てる。

(管理)

第4条 基金に属する現金は、金融機関への預金その他最も確実かつ有利な方法により保管しなければならない。

2 基金に属する現金は、必要に応じ、最も確実かつ有利な有価証券に代えることができる。

(繰替運用)

第5条 市長は、財政上必要があると認めるときは、確実な繰戻しの方法、期間及び利率を定めて、基金に属する現金を歳計現金に繰り替えて運用することができる。

(処分)

第6条 基金は、奨学金に関する事業の財源に充てる場合に限り、予算の定めるところにより処分することができる。

(経理)

第7条 奨学金の収支については、毎年度予算の定めるところによる。

(支給の対象)

第8条 奨学金の支給を受けることができる者は、次の要件を備える者で、高等学校又は高等専門学校に就学しているものとする。

(1) 経済的理由により修学困難な者

(2) 本市の区域内に住所を有する者又は就学のため本市の区域外に住所を移した者でその父母等家族が本市に住所を有しているもの

(3) 品行方正、身体強健、成績優秀、志操堅固な者

(奨学金の額)

第9条 奨学金の支給額は、月額8,000円とする。

(支給期間)

第10条 奨学金の支給期間は、支給を開始したときから奨学金の支給を受ける者(以下「奨学生」という。)が在学する学校の修学期間を修了するときまでの期間とする。

(支給申請)

第11条 奨学金の支給を受けようとする者は、その旨を高岡市教育委員会(以下「教育委員会」という。)に申請しなければならない。

(奨学生の決定)

第12条 奨学生の決定は、高岡市荻布奨学金支給審査委員会(以下「審査委員会」という。)の意見を聴き、教育委員会が定める。

(審査委員会)

第13条 審査委員会の委員の定数は、10人以内とする。

2 委員は、次に掲げる者のうちから教育委員会が委嘱する。

(1) 教育関係者

(2) 民生関係者

(3) 学識経験を有する者

(4) 市議会議員

3 委員の任期は、2年とする。ただし、補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。

4 委員のうち、職によって委嘱された者にあっては、当該職を離れたときは、委員の職を失うものとする。

5 委員は、再任されることができる。

(支給の停止)

第14条 奨学生が休学したときは、当該休学の期間における奨学金の支給を、停止するものとする。

(支給の取りやめ)

第15条 奨学生が次の各号のいずれかに該当するときは、奨学金の支給を取りやめる。

(1) 第8条各号に定める要件に該当しなくなったと認められるとき。

(2) 死亡し、又は退学したとき。

(3) 他の団体又は個人の奨学金を受けるようになったとき。

(4) 前3号に掲げるもののほか、特に支給を必要としない事由が生じたとき。

(理由の提示)

第16条 教育委員会は、前2条の規定により奨学金の支給を停止し、又は取りやめるときは、当該奨学生に対してその理由を提示しなければならない。

(委任)

第17条 この条例に定めるもののほか、必要な事項は、教育委員会規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年11月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日(以下「施行日」という。)の前日までに、合併前の高岡市荻布奨学基金に関する条例(昭和38年高岡市条例第16号。以下「合併前の条例」という。)の規定により積み立てられた現金及びその運用により取得した有価証券は、この条例により積み立てられた基金とみなす。

3 施行日の前日までに、合併前の条例の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされた処分、手続その他の行為とみなす。

4 施行日以後、最初に委嘱された委員の任期は、第13条第3項の規定にかかわらず、平成19年1月31日までとする。

附 則(平成19年9月20日条例第34号)

(施行期日)

1 この条例は、平成20年4月1日(以下「施行日」という。)から施行する。

(経過措置)

2 施行日の前日において現に奨学生である者(短期大学又は大学に就学している者に限る。)については、改正後の高岡市荻布奨学基金に関する条例第8条及び第9条の規定にかかわらず、なお従前の例による。

附 則(平成30年3月23日条例第9号)

この条例は、平成30年4月1日から施行する。

高岡市荻布奨学基金に関する条例

平成17年11月1日 条例第71号

(平成30年4月1日施行)