○高岡市立学校に対する寄附行為指導要綱

平成17年11月1日

教育委員会告示第1号

(目的)

第1条 この要綱は、高岡市立学校(以下「学校」という。)に対する寄附行為について適正かつ公明に行われることを確保し、もって住民生活の明朗化に資することを目的とする。

(寄附の申出)

第2条 寄附をしようとする者は、あらかじめ寄附申出書(様式第1号)を学校長を通じて高岡市教育委員会(以下「教育委員会」という。)に提出しなければならない。この場合において、学校長は、寄附申出書に副申書(様式第2号)を添えるものとする。

2 前項の寄附に際して、寄附金募集を行う場合にあっては、第4条及び第5条に規定する所定の手続をとるものとする。

(寄附金の受理等の決定通知)

第3条 教育委員会は、前条の寄附申出に係る寄附金(物品等を含む。以下同じ。)の受理又は不受理を決定したときは、寄附受納書(様式第3号)により学校長を通じて寄附者に通知するものとする。

(寄附金募集の届出)

第4条 学校への寄附を目的として、寄附金を募集しようとする者は、募集しようとする日の30日前までに次に掲げる事項を教育委員会に届け出るものとする。

(1) 募集責任者の住所、氏名、職業及び年齢(法人又は団体にあっては事務所の所在地、名称及び代表者の氏名)

(2) 寄附金募集の目的

(3) 寄附金募集の総額又は数量

(4) 募集の区域期間及び方法

(5) 募集従事者の住所、氏名、年齢及び担当区域。この場合において、募集従事者は、同窓会役員又はPTA役員で構成するものとする。

(6) 募集した寄附金の管理及び処分の方法

(7) 前各号に掲げるもののほか、教育委員会が必要と定める事項

(届出の受理)

第5条 教育委員会は、前条の届出があったときは、これを審査し、募集があくまで強制でなく自発的な行為を募るものであり、適正なものと認める場合に限り、これを受理するものとする。

2 教育委員会は、前条の届出の受理又は不受理を決定したときは、その旨を募集責任者に通知するものとする。

(遵守事項)

第6条 募集責任者及び募集従事者は、次に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 寄附金の割当てをし、又は寄附を強制しないこと。

(2) 寄附金は、目的外に処分しないこと。

(3) 前2号に掲げるもののほか、教育委員会の定める事項

(帳簿書類の備付け等)

第7条 募集責任者は、帳簿その他の書類を備え、常に寄附金の収支現在高その他必要事項を明らかにし、教育委員会から帳簿書類の提出又は調査を求められたときは、これに応じなければならない。

(指導及び勧告)

第8条 教育委員会は、次の各号のいずれかに該当するときは、必要な指導又は勧告を行い、これに従わないときは、募集の停止を求めることができる。

(1) 第4条の届出を行わず、又は第5条の受理決定通知を受けないで募集を行ったとき。

(2) 第4条の届出があった募集が強制となり、公共の秩序を乱すおそれがあると認めるとき。

(3) 第6条の遵守事項が守られていないとき。

(4) 前3号に掲げるもののほか、不適正な募集が行われたとき。

(寄附金の受入れ)

第9条 学校長は、第3条の規定により受理と決定した寄附金を受け入れたときは、直ちに寄附台帳(様式第4号)及び備品台帳に登載するとともに寄附物品等受入報告書(様式第5号)を教育長に提出しなければならない。

(準用)

第10条 市の設置する社会教育施設に対する寄附金については、この要綱を準用する。

(補則)

第11条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、教育委員会が別に定める。

附 則

この告示は、平成17年11月1日から施行する。

附 則(令和2年12月28日教委告示第1号)

この告示は、令和3年1月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

高岡市立学校に対する寄附行為指導要綱

平成17年11月1日 教育委員会告示第1号

(令和3年1月1日施行)