○高岡市高岡御車山会館条例施行規則

平成27年3月31日

規則第53号

(趣旨)

第1条 この規則は、高岡市高岡御車山会館条例(平成27年高岡市条例第26号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(観覧券の交付)

第2条 市長は、観覧料の納入を受けたときは、観覧券を交付するものとする。

(利用許可の申請)

第3条 条例第8条の規定により高岡市高岡御車山会館(以下「会館」という。)の施設の利用許可を受けようとする者は、利用許可申請書(様式第1号)を市長に提出しなければならない。

2 前項の申請書は、利用期日の3箇月前から5日前までの間に提出しなければならない。ただし、市長が特別の理由があると認めるときは、この限りでない。

(利用の許可)

第4条 市長は、会館の施設の利用を許可したときは、利用許可書(様式第2号)を交付するものとする。

(利用の取りやめ及び変更)

第5条 利用の許可を受けた者は、利用の取りやめ又は変更について許可を受けようとするときは、利用取りやめ(変更)申請書(様式第3号)を市長に提出しなければならない。

(観覧料の減免)

第6条 条例第15条の規定により、観覧料の減免を受けようとする者は、観覧料減免申請書(様式第4号)を市長に提出しなければならない。

2 観覧料の減免の範囲及び割合は、別表第1のとおりとする。ただし、市長が特に必要があると認めたときは、この限りでない。

3 前項の場合において、10円未満の端数を生じたときは、これを10円として計算する。

(使用料の減免)

第7条 条例第15条の規定により、使用料の減免を受けようとする者は、使用料減免申請書(様式第5号)を市長に提出しなければならない。

2 使用料の減免の範囲及び割合は、別表第2のとおりとする。ただし、市長が特に必要があると認めたときは、この限りでない。

3 前項の場合において、10円未満の端数を生じたときは、これを10円として計算する。

(使用料の還付)

第8条 条例第16条ただし書の規定により、還付する使用料の額は、次の各号に掲げる区分に応じ当該各号に定める額とする。

(1) 条例第16条第1号又は第2号に該当するとき 全額

(2) 条例第16条第3号に該当するとき 全額又は5割相当額

(補則)

第9条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、平成27年4月25日から施行する。

附 則(令和2年3月26日規則第15号)

この規則は、令和2年4月1日から施行する。

別表第1(第6条関係)

観覧料を減免する場合

減免の対象区分

減免率

1 児童福祉施設、障害者支援施設又は身体障害者社会参加支援施設に入所している者及びこれらの引率者が観覧するとき

100%

2 身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号)に基づく身体障害者手帳を所持する者及びその付添者が観覧するとき

3 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(昭和25年法律第123号)に基づく精神障害者保健福祉手帳を所持する者及びその付添者が観覧するとき

4 富山県療育手帳交付要綱(昭和49年富山県告示第165号)に基づく療育手帳を所持する者及びその付添者が観覧するとき

5 特別支援学校の生徒が観覧するとき

6 小学校、中学校、義務教育学校又は特別支援学校の児童又は生徒の引率者が教育課程に基づく教育活動として観覧するとき

7 65歳以上の者が観覧するとき

20%

備考 2、3又は4による観覧料の減免は、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳又は療育手帳の確認により行うものとする。

別表第2(第7条関係)

会議室及び和室の使用料(冷暖房使用料を除く。)を減免する場合

利用区分

減免率

市又は教育委員会の主催する場合

100%

市又は教育委員会の共催する場合

50%

画像

画像

画像

画像

画像

高岡市高岡御車山会館条例施行規則

平成27年3月31日 規則第53号

(令和2年4月1日施行)