○高山村長の職務代理者を定める規則

平成2年2月27日

規則第1号

(趣旨)

第1条 この規則は、地方自治法(昭和22年法律第67号。以下「法」という。)第152条第2項及び第3項の規定に基づき、村長の職務を代理する職員について、必要な事項を定めるものとする。

(村長の職務代理者の指定)

第2条 副村長に事故があるとき、若しくは副村長が欠けたときは、法第152条第2項の規定により、村長の職務を代理する職員は、総務課長とする。

(村長の職務代理者の代理)

第3条 前条の場合において、同条の規定により村長の職務を代理するものがないときは、法第152条第3項の規定により村長の職務を代理する上席の職員は課長たる職員で、代理の順序は次のとおりとする。

(1) 給料の号給の多い者

(2) 給料の号給の同じ者については、課長の在職期間の長い者

(3) なお同じであるときは、職員としての在職期間の長い者

(4) なお同じであるときは、くじで定めた者

附 則

1 この規則は、公布の日から施行する。

2 高山村長の職務を行う吏員を定める規則(昭和34年高山村規則第2号)は、廃止する。

附 則(平成19年3月30日規則第30号)

(施行期日)

1 この規則は、平成19年4月1日から施行する。

高山村長の職務代理者を定める規則

平成2年2月27日 規則第1号

(平成19年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第2節 代理・代決等
沿革情報
平成2年2月27日 規則第1号
平成19年3月30日 規則第30号