○高山村交流施設「和」の設置及び管理に関する条例

平成21年3月12日

条例第1号

(趣旨)

第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号。以下「法」という。)第244条の2第1項の規定に基づき、高山村交流施設「和」(以下「交流施設和」という。)の設置及び管理について、必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 村民の健康増進及び福祉の向上と地域の連帯感の醸成等の推進を図るため、交流施設和を設置する。

(名称及び位置)

第3条 交流施設の名称及び位置は次のとおりとする。

(1) 名称 交流施設和

(2) 位置 高山村大字中山3376番地1

(利用許可)

第4条 交流施設和を利用しようとする者は、あらかじめ村長の許可を受けなければならない。

2 村長は、前項の許可をする場合において、管理運営上必要と認めるときは、条件を付することができる。

(利用の制限)

第5条 村長は、交流施設和を利用しようとする者が、次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、利用を許可しない。

(1) 利用の目的が交流施設和の設置目的に反するとき。

(2) 利用者が公の秩序を乱し、又は善良な風俗を害する恐れがあるとき。

(3) 施設をき損し、又は滅失する恐れがあるとき。

(4) その他交流施設和の管理運営上支障があると認められるとき。

(利用許可の取消し等)

第6条 村長は、次の各号のいずれかに該当するときは、利用許可を取消、又は利用を停止し、若しくは利用許可内容を変更することができる。

(1) 前条各号のいずれかに該当したとき。

(2) 利用者から利用の取消又は利用の内容の変更申出があったとき。

(3) 公益上、やむを得ない事由が生じたとき。

(利用料)

第7条 利用者は、別表に定める料金を納付しなければならない。

2 利用者が高山村に住所を有する者である場合においては、別表に定める利用料のうち、施設維持管理費は徴収をしない。

(利用料の減免)

第8条 村長は、特別の理由があると認めるときは利用料を減免することができる。

(交流施設和が行う業務)

第9条 交流施設和は、次の各号に掲げる業務を行う。

(1) 施設の利用に関すること。

(2) 村民の交流拠点の事業の実施に関すること。

(3) 教育、文化、産業等の資料の展示に関すること。

(4) その他交流施設和の設置の目的を達成するため必要な事業

(販売行為等の禁止)

第10条 交流施設和の施設及び敷地内においては、利用者を対象とした物品の販売及び公告、その他これに類する行為をしてはならない。ただし、村長の許可を受けた者はこの限りでない。

(損害賠償)

第11条 利用者は自己の責に帰すべき理由により、交流施設和の建物又は付属設備若しくはその他の物件をき損又は滅失したときは、利用者においてその損害を賠償しなければならない。ただし、村長がやむを得ない理由があると認めた場合は、この限りでない。

(委任)

第12条 この条例の定めるもののほか交流施設和の管理運営に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成26年3月28日条例第5号)

この条例は、公布の日から施行する。

別表(第7条関係)

交流施設和利用料

(単位:円)

利用時間

区分

利用料

備考

午前9時30分~午後5時30分

施設維持管理費

100

 

食事材料費

100

食事が必要な者

高山村交流施設「和」の設置及び管理に関する条例

平成21年3月12日 条例第1号

(平成26年3月28日施行)