○高山村自然休養村管理センターの設置及び管理に関する条例

平成24年6月8日

条例第11号

高山村自然休養村管理センターの設置及び管理に関する条例(平成17年高山村条例第30号)の全部を改正する。

(趣旨)

第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2の規定に基づき、高山村自然休養村管理センターの設置及び管理について必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 高山村自然休養村管理センターの名称及び位置は次のとおりとする。

(1) 名称 高山村自然休養村管理センター

(2) 位置 高山村大字中山6860番地1

(使用許可)

第3条 別表に掲げる各室を使用しようとする者は、使用申請書(別記様式)により村長の許可を受けなければならない。

2 村長は、高山村自然休養村管理センターの使用が次の各号のいずれかに該当すると認めたときは、前項の許可をしてはならない。

(1) 公の秩序を乱し、又は善良な風俗を害するおそれがあるとき。

(2) 施設をき損し、又は滅失するおそれがあるとき。

3 村長は、第1項の許可をする場合において使用の目的、範囲及び期間その他施設の管理運営上必要な条件を付すことができる。

(使用料の徴収)

第4条 村長は前条第1項の規定により各室の使用の許可を受けた者(以下「使用者」という。)から別表に定める使用料を徴収する。

2 村長は公益上必要と認めたとき、又は特別な事情による場合は前項の使用料を減免することができる。

(使用料の返還)

第5条 すでに納入した使用料は還付しない。ただし、使用者の責によらない事由により使用することができないときは、この限りでない。

(損害賠償)

第6条 使用者は故意又は過失により施設等を損失したときは、村長の指示するところに従いその損害を賠償し、又はこれを原状に回復しなければならない。

(規則への委任)

第7条 この条例に定めるもののほか施設の管理運営に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行し、平成23年4月1日から適用する。

別表(第4条関係)

高山村自然休養村管理センター使用料

(単位:円)

室名

時間(単位)

使用料

備考

大研修室

半日(4時間以内)

5,250


小研修室

半日(4時間以内)

1,050


和室

半日(4時間以内)

1,050


画像

高山村自然休養村管理センターの設置及び管理に関する条例

平成24年6月8日 条例第11号

(平成24年6月8日施行)