○高山村道の駅中山盆地の設置及び管理に関する条例

平成26年3月28日

条例第2号

(趣旨)

第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号。以下「法」という。)第244条の2第1項の規定に基づき、高山村道の駅中山盆地の設置及び管理について必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 本村の歴史、自然、文化等を後世に伝え、新しい地域個性の形成を目指すとともに、本村来訪者に対し良好な休憩場所を提供し、地域情報の発信等による地域間交流の促進及び農産物等の地元産品の販売による地域の活性化を図り、併せて村民の健康福祉の増進を図ることを目的として、高山村道の駅中山盆地(以下「中山盆地」という。)を設置する。

(1) 名称 高山村道の駅中山盆地

(2) 位置 高山村大字中山2357番地1

(施設)

第3条 中山盆地に次の施設を置く。

(1) 温浴施設(高山温泉ふれあいプラザ)

(2) 宿泊施設(コテージ)

(3) 農産物等直売施設

(4) 食材供給施設

(5) 公衆トイレ

(6) 歩廊

(7) 駐車場

(8) 地域交流施設(おもてなしコーナー)

(9) 休憩・情報提供施設(情報コーナー・歴史資料展示コーナー)

(10) その他附帯施設

(事業)

第4条 中山盆地においては、第2条に規定する目的を達成するため、次に掲げる事業を行う。

(1) 道路の利用者に対する休憩場所の提供に関すること。

(2) 歴史、自然、文化等の普及に関すること。

(3) 農産物等の地元産品、飲食物、その他物品販売・特産品開発に関すること。

(4) 温浴施設等を通じた健康促進、福祉の増進に関すること。

(5) 道路情報、地域情報等の提供に関すること。

(6) 地域間交流に関すること。

(7) 各種イベントその他の交流事業に関すること。

(8) その他第2条に規定する目的を達成するために必要な事業に関すること。

(指定管理者による管理)

第5条 中山盆地に関する業務は、法第244条の2第3項の規定により、村長が指定する法人その他の団体(以下「指定管理者」という。)に行わせることができる。

(利用時間及び休館日)

第6条 中山盆地の別表第1の左欄に掲げる施設の利用時間及び休館日は、それぞれ同表の中欄及び右欄に定めるとおりとする。ただし、村長が特に必要があると認めるときは、利用時間を変更し、又は開館日を変更し、若しくは臨時に休館日を設けることができる。

2 前項の規定にかかわらず、指定管理者は、特に必要があると認めるときは、あらかじめ村長の承認を得て、利用時間を変更し、又は開館日において施設の全部若しくは一部を臨時に休館し、若しくは開館日以外の日において施設の全部若しくは一部を臨時に開館することができる。

(利用料金)

第7条 利用者は、中山盆地の利用に係る料金(以下「利用料金」という。)を納付しなければならない。

2 村長は、利用料金を法第244条の2第8項の規定により指定管理者の収入として収受させることができる。

3 利用料金は、法第244条の2第9項の規定により、別表第2に定める額の範囲内において指定管理者が村長の承認を受けて定めるものとする。

4 村長は、前項の承認をしたときは、指定管理者に通知するとともに、これを告示しなければならない。

5 別表第2に掲げるもの以外のものに係る利用料金は、指定管理者が村長の承認を得て定めるものとする。

(利用料金の減免)

第8条 指定管理者は、あらかじめ村長の承認を受けた基準により、利用料金を減免することができる。

(指定管理者が行う業務)

第9条 指定管理者は次に掲げる業務を行うものとする。

(1) 中山盆地の利用の受付及び案内に関すること。

(2) 中山盆地の利用料金の徴収又は還付に関すること。

(3) 中山盆地の維持管理に関すること。

(4) 前各号に掲げるもののほか、村長が特に必要と認める業務に関すること。

(指定管理者が行う管理の基準)

第10条 指定管理者は、高山村公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例(平成17年高山村条例第27号)及びこの条例並びにこれに基づく規則の規定に従い、施設の管理を行わなければならない。

(利用者の制限)

第11条 中山盆地においては、次の各号に掲げる者の利用は禁止する。

(1) 感染症やその他悪質な疾病を有する者及びその疑いのある者

(2) 公の秩序を乱し、又は善良な風俗を害するおそれがある者

(3) 介添人を必要とする幼児及び老人等で介添人のない者

(4) 酩酊していると認められる者

(5) 施設等をき損し、又は汚損するおそれがある者

(6) 政治的又は宗教的活動に利用するおそれがある者

(7) 許可なく敷地内において販売行為を行う者

(8) 前各号に掲げる者のほか、中山盆地の管理上支障があると認められる者

(利用者の義務)

第12条 中山盆地の利用に当たっては公衆道徳を重んじ、公衆衛生上特に施設を著しく不潔にし、利用者に害を及ぼすような行為をしてはならない。

(禁止行為)

第13条 中山盆地においては、次に掲げる行為をしてはならない。ただし、村長の許可を受けたものについては、この限りでない。

(1) 施設等を損傷し、又は汚損すること。

(2) 竹木を伐採し、又は植物を採取すること。

(3) 土地の形質を変更すること。

(4) 鳥獣類を捕獲し、又は殺傷すること。

(5) 張り紙若しくは張り札をし、又は広告を表示すること。

(6) 施設等をその用途以外に使用すること。

(7) 立入禁止区域に立ち入ること。

(8) 指定された場所以外の場所へ車両等を乗り入れ、又は留め置くこと。

(9) 暴走行為をすることを目的として自動車(道路交通法(昭和35年法律第105号)第2条第1項第9号に規定する自動車をいう。)又は原動機付自転車を準備して集合すること。

(10) 前各号に掲げるもののほか、中山盆地の管理に支障があると認められる行為をすること。

(権利の譲渡等の禁止)

第14条 利用者は、その利用の権利を他に譲渡し、又は転貸してはならない。

(損害賠償)

第15条 利用者は自己の帰する理由により施設等を損傷し、又は物品を亡失、き損したときは、その損害を賠償しなければならない。ただし、村長がやむを得ない理由があると認めたときはこの限りでない。

(委任)

第16条 この条例に定めるもののほか施設の管理運営に関し必要な事項は別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成26年4月1日から施行する。

(高山温泉ふれあいプラザの設置及び管理に関する条例の廃止)

2 高山温泉ふれあいプラザの設置及び管理に関する条例(平成17年高山村条例第33号)は、廃止する。

(高山温泉ふれあいプラザ宿泊施設の設置及び管理に関する条例の廃止)

3 高山温泉ふれあいプラザ宿泊施設の設置及び管理に関する条例(平成17年高山村条例第34号)は、廃止する。

附 則(平成30年9月3日条例第19号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(令和2年10月12日条例第40号)

この条例は、令和2年11月1日から施行する。

別表第1(第6条関係)

施設の利用時間及び休館日

施設の名称及び区分

利用時間

休館日

温浴施設

(高山温泉ふれあいプラザ)

午前10時から午後9時まで

毎月10日

(10日が土、日、祝日の場合は翌平日とする)

宿泊施設

(コテージ)

午後3時から宿泊日の翌日午前10時まで

毎月10日

(10日が土、日、祝日の場合は翌平日とする)

農産物等直売施設

食材供給施設

地域交流施設

休憩・情報提供施設

午前9時から午後6時まで


別表第2(第7条関係)

温浴施設利用料金表

○入館料

区分

大人

子供

老人及び心身障害者

子供の心身障害者

摘要

3時間券

700円

350円

350円

200円


11回券

6,000円

3,500円




1日券

1,000円

600円

600円

500円


回数券

1,000円

100円11枚綴り

・子供とは小学校在学中の者

・老人とは70歳以上の村内居住者で、村長が発行した証明書を有する者

・心身障害者とは都道府県知事が発行した証明書を有する者

・超過料金は、1時間ごとに大人200円、その他の者については100円を加算する

○通年利用料

区分

金額

摘要

メンバー

50,000円

半年券

○個室利用料

区分

8畳

15畳

17畳

摘要

1時間

1,500円

2,000円

2,200円


宿泊施設利用料金表

使用区分

単位

利用料金

摘要

宿泊施設6人用

1棟1泊

25,000円


高山村道の駅中山盆地の設置及び管理に関する条例

平成26年3月28日 条例第2号

(令和2年11月1日施行)