○高山村青年等就農計画認定審査会設置要領

平成27年6月16日

要領第5号

(趣旨)

第1条 高山村青年等就農計画認定事業実施要領(平成27年高山村要領第4号。以下「認定要領」という。)に基づく青年等就農計画(以下「就農計画」という。)の審査を行うに当たり、関係機関に広く意見を求め審査を行うことを目的として、高山村青年等就農計画認定審査会(以下「審査会」という。)を設置する。

(審査検討事項)

第2条 審査会は次の各号に掲げる事項について審査検討を行う。

(1) 就農計画が農業経営基盤の強化の促進に関する基本的な構想(以下「基本構想」という。)に照らして適切なものであるか否か

(2) 就農計画が達成される見込みが確実であるか否か

(3) 認定要領第2条第2項に掲げる者が、その有する知識及び技能が就農計画の有効期間修了時における農業経営に関する目標を達成するために適切なものであるか否か

(4) その他会長が必要と認めること。

2 前項の審査に当たっての具体的な認定基準は、村長が別に定めるものとする。

(組織)

第3条 審査会の委員は、7名以内とし、次の各号に掲げる者、機関及び団体等に属する者をもって組織する。

(1) 高山村議会農林建設常任委員会委員長

(2) 高山村農業委員会会長

(3) 吾妻農業事務所

(4) あがつま農業協同組合

2 会長が必要と認める場合は、前項の委員に有識者を加えることができるものとする。

(役員)

第4条 審査会に、会長及び副会長を置く。

2 会長は、高山村議会農林建設常任委員会委員長とし、会務を総理し、審査会を代表する。

3 副会長は、高山村農業委員会会長とし、会長を補佐し、会長に事故ある時は、その職務を代理する。

(運営等)

第5条 審査会は、会長が招集し、審査会の議長となる。

(庶務)

第6条 審査会の庶務は、農林課において処理する。

(その他)

第7条 この要領に定めるもののほか、検討会の運営に関し必要な事項は、会長が別に定める。

附 則

この要領は、公布の日から施行する。

附 則(平成28年3月7日要領第2号)

この要領は、平成28年4月1日から施行する。

高山村青年等就農計画認定審査会設置要領

平成27年6月16日 要領第5号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第2章
沿革情報
平成27年6月16日 要領第5号
平成28年3月7日 要領第2号