○玉名市草枕温泉てんすい条例施行規則

平成17年10月3日

規則第102号

(趣旨)

第1条 この規則は、玉名市草枕温泉てんすい条例(平成17年条例第128号)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(遵守事項)

第2条 玉名市草枕温泉てんすいにおいては、次に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 許可を受けた目的以外に施設を利用しないこと。

(2) 施設並びに設備及び備品を損傷し、又は汚損しないこと。

(3) 所定の場所以外で喫煙及び飲食をしないこと。

(4) 指定管理者の許可を受けずに物品等の販売をしないこと。

(5) 危険物及び動物類を持ち込まないこと。

(6) 他の利用者に迷惑の及ぶ行為をしないこと。

(7) 前各号に定めるもののほか、指定管理者の指示に従うこと。

(平18規則15・旧第4条繰上・一部改正)

(き損等の届出)

第3条 施設等をき損し、又は滅失した者は、直ちにその旨を指定管理者に届けなければならない。

(平18規則15・旧第5条繰上・一部改正)

(その他)

第4条 この規則に定めのない事項については、市長が定める。

(平18規則15・旧第6条繰上)

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年10月3日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の天水町総合交流ターミナル施設の設置及び管理に関する条例施行規則(平成9年天水町規則第1号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成18年3月27日規則第15号)

この規則は、公布の日から施行する。

玉名市草枕温泉てんすい条例施行規則

平成17年10月3日 規則第102号

(平成18年3月27日施行)

体系情報
第8編 産業経済/第3章 商工・観光/第2節
沿革情報
平成17年10月3日 規則第102号
平成18年3月27日 規則第15号