○玉名市草枕交流館条例施行規則

平成18年3月27日

規則第4号

(趣旨)

第1条 この規則は、玉名市草枕交流館条例(平成18年条例第7号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(職員)

第2条 玉名市草枕交流館(以下「交流館」という。)に次の職員を置くことができる。

(1) 館長 1人

(2) その他の職員 若干人

2 館長の勤務は、非常勤とすることができる。この場合において、館長の任期は、1年とし、再任を妨げない。

(平19規則21・一部改正)

(業務)

第3条 交流館において、次に掲げる業務を行うものとする。

(1) 夏目漱石の小説「草枕」及び前田家別邸に関する資料の展示、各種イベントの開催等

(2) 展示資料の利用者に対する説明、助言及び指導

(3) 展示資料に関する調査及び研究

(4) その他交流館の設置目的を達成するために必要な業務

(使用の手続及び許可)

第4条 条例第7条の規定により交流館の施設の使用の許可を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、草枕交流館使用許可申請書(様式第1号)を使用期日の7日前までに市長に提出しなければならない。

2 市長は、前項の申請書を受理したときは、これを審査し適当と認めた場合は許可し、使用記録簿に所定の事項を記載するとともに、申請者に草枕交流館使用許可書(様式第2号)を交付するものとする。

(遵守事項)

第5条 交流館を使用する者(以下「使用者」という。)は、次に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 施設、設備又は展示物をき損し、又は汚損しないこと。

(2) 許可を受けずに施設において物品等の販売をしないこと。

(3) 危険物を持ち込まないこと。

(4) 他の使用者に迷惑の及ぶ行為をしないこと。

(5) 前各号に定めるもののほか、職員の指示に従うこと。

(き損等の届出)

第6条 施設、設備又は展示物をき損し、又は滅失した者は、直ちにその旨を市長に届け出なければならない。

(立入指示)

第7条 市長は、交流館の管理上必要と認めるときは、使用中の施設内に立ち入り、使用者に対し必要な指示を行うことができる。

(その他)

第8条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が定める。

附 則

この規則は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成19年3月26日規則第21号)

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成23年8月10日規則第34号)

この規則は、公布の日から施行する。

(平23規則34・一部改正)

画像

画像

玉名市草枕交流館条例施行規則

平成18年3月27日 規則第4号

(平成23年8月10日施行)

体系情報
第8編 産業経済/第3章 商工・観光/第2節
沿革情報
平成18年3月27日 規則第4号
平成19年3月26日 規則第21号
平成23年8月10日 規則第34号