○多良間村事務委託規則

昭和47年5月15日

規則第30号

第1条 村長は、村政を円滑に運営するため、この規則の定めるところにより末端組織の代表者に契約をもつて、その事務の一部を委託する。

第2条 村長が委託する事務の種類は、村のすべての事務とし、詳細については、その都度指示する。

第3条 事務委託を受けた者を部落会長と称し、部落会の推せんにより村長が適当であると認める者でなければならない。

2 部落会長の担当区域は、別表第1のとおりとする。

第4条 事務委託の契約期間は、2ケ年とする。ただし、必要により期間を更新し若しくは短縮することができる。

第5条 村長は、第1項の規定により事務委託を受けた者が、その事務を怠つたり又は不適任と認めるときは、両者協議の上事務委託契約を解除することができる。

第6条 村長は、第1条の規定により、事務を委託契約したときは、その委託者に対し、毎月21日にその月分の委託料を、別表第2により支払わなければならない。ただし、受託者が事務委託契約に違反したときは、これを減額又は支払わないことができる。

第7条 村長は、委託した事務に関連しておこる委託者の労働についてはその労働が賃金を与えられる性質のものと認められるときは、委託者に対して前条の委託料とは別に3,000円以内の日当を支払うものとする。

附 則

この規則は、昭和47年5月15日から施行する。

附 則(昭和49年規則第30の1号)

この規則は、昭和49年4月1日から施行する。

附 則(昭和50年規則第30の2号)

この規則は、昭和50年4月1日から施行する。

附 則(昭和51年規則第30の3号)

この規則は、昭和51年4月1日から施行する。

附 則(昭和52年規則第30の4号)

この規則は、昭和52年4月1日から施行する。

附 則(昭和53年規則第30の5号)

この規則は、昭和53年4月1日から施行する。

附 則(平成元年規則第30の6号)

この規則は、平成元年4月1日から施行する。

附 則(平成6年規則第30の7号)

この規則は、平成6年4月1日から施行する。

別表第1

部落会の名称

土原部落・天川部落・津川部落・宮良部落・嶺間部落・大道部落・大木部落・吉川部落・水納部落

別表第2

多良間村事務委託料算定表

世帯数

世帯割

均等割

合計

1世帯~15世帯まで

600円

40,000円

40,600円

16~25

1,200

40,000

41,200

26~35

1,800

40,000

41,800

36~45

2,400

40,000

42,400

46~55

3,000

40,000

43,000

56~65

3,600

40,000

43,600

66~75

4,200

40,000

44,200

76~85

4,800

40,000

44,800

86~95

5,400

40,000

45,400

95世帯以上

6,000

40,000

46,000

画像

多良間村事務委託規則

昭和47年5月15日 規則第30号

(平成6年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第1節 事務分掌
沿革情報
昭和47年5月15日 規則第30号
昭和49年3月22日 規則第30号の1
昭和50年3月15日 規則第30号の2
昭和51年4月1日 規則第30号の3
昭和52年4月1日 規則第30号の4
昭和53年3月18日 規則第30号の5
平成元年3月29日 規則第30号の6
平成6年4月1日 規則第30号の7