○多良間村職員提案制度実施要綱

平成22年2月2日

要綱第7号

(目的)

第1条 この要綱は、広く職員から事務事業等に関する改善意見を求めることにより、村政全般の事務を改善し、村民サービスを向上させるとともに、職員の資質の向上及び望ましい職場づくりを推進することを目的とする。

(提案の要件)

第2条 提案は、村政全般の業務に関する改善のための考察、工夫等について行うことができる。

2 提案の内容は、提案者の創意、研究による具体的建設的なもので、次の各号の一に該当するものでなければならない。

(1) 村民サービスの向上に役立つもの

(2) 事務能率の向上に役立つもの

(3) 経費の節減に役立つもの

(4) その他公益上有効であるもの

(提案除外事項)

第3条 提案内容が、次の各号の一に該当するものは、提案として取り合わない。

(1) 単なる不平、不満、希望、苦情、批判等で建設的でないもの

(2) 業務上命ぜられた調査研究中のもの又はその結論事項

(3) その他提案として取り扱うことがこの制度の趣旨に反すると認められるもの

(提案者の資格)

第4条 提案は、個人又は共同で行うことができる。

(提案の時期)

第5条 提案は、随時行うことができる。

(提案の手続)

第6条 提案者は、次の事項を記載した提案書を作成し、必要により参考資料を添えて直接村長に提出するものとする。

(1) 提案者の所属及び職氏名

(2) 提案のテーマ及び趣旨

(3) 提案の内容(現状及び改善又は能率化の方策、その他)

2 提案にあたつては、上司の決済を得ることを要しない。

(提案の審査)

第7条 提案は、村長、副村長、総務財政課長、提案事項に関する関係課長が審査し、採否の決定を行う。

2 前項の審査を行う場合において、特に必要があると認められるときは、合議により関係職員の意見を求めることができる。

3 審査は、研究努力の程度、創意工夫の程度、実施難易の程度、経費節減の程度、及び実施効果の程度について行う。

4 審査は、次のいずれかに決定するものとする。

(1) 採用 全部若しくは一部が実施されるものと認められるもの又は事務の改善、もしくは能率の向上に有用と認められるもの

(2) 不採用 実施することが不適当又は不可能と認められるもの

(表彰)

第8条 村長は、優れた提案及び提案活動を行つた個人又は共同提案者を表彰することができる。

(委任)

第9条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、村長が別に定める。

附 則

この要綱は、公布の日から施行する。

多良間村職員提案制度実施要綱

平成22年2月2日 要綱第7号

(平成22年2月2日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第1節 事務分掌
沿革情報
平成22年2月2日 要綱第7号