○多良間空港ターミナルビル設置管理条例

昭和50年6月27日

条例第70号

(目的)

第1条 地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第1項の規定に基づき、多良間空港ターミナルビル(以下「空港ターミナルビル」という。)の設置及び管理について必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 空港を利用するすべての人の利便を図る公共用施設として村に空港ターミナルビルを設置する。

(位置)

第3条 空港ターミナルビルの位置は、沖縄県宮古郡多良間村字塩川大仕出801―6番地とする。

(使用許可)

第4条 空港ターミナルビルを使用しようとする者は、あらかじめ村長の許可を受けなければならない。

2 村長は、前項の許可をする場合は条件を付することができる。

(使用料)

第5条 使用料は、1平方メートル当たり月額南西航空事務所1,000円、売店400円に100分の3を乗じた額とし、この場合において、10円未満の端数が生じた時は、その端数全額を切り捨てるものとする。

(許可の取消し)

第6条 村長は各号の一に該当するときは、使用の許可を取消し、または使用場所の変更をすることができる。

(1) この条例に違反し、または村長の指示に従わないとき。

(2) その他村長において必要があると認めるとき。

(使用権の譲渡禁止)

第7条 使用者は、使用目的以外に使用し、または使用権を譲渡し、もしくは転貸してはならない。

(損害賠償)

第8条 使用者が、許可を受けた範囲の空港ターミナル及びその付帯施設等に対し損害を与えたときは、村長は相当額の賠償をさせることができる。

第9条 この条例に定めるもののほか、必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、昭和50年7月1日から施行する。

附 則(昭和61年条例第70の1号)

この条例は、昭和61年4月1日から施行する。

附 則(平成元年条例第70の2号)

この条例は、平成元年4月1日から施行する。

別表

空港ターミナルビル

床面積165.62m2(50.18坪)

建築面積264.62m2(80.18坪)

(1) 南西航空事務所(カウンター含む。)

5.30m2×6.37m2=29.00m2(8.78坪)

2.73m2×3.74m2=10.2m2(3.1坪)

(2) 売店

3.50m2×4.00m2=14.00m2(4.2坪)

多良間空港ターミナルビル設置管理条例

昭和50年6月27日 条例第70号

(平成元年4月1日施行)

体系情報
第10編 設/第1章 土木・建築
沿革情報
昭和50年6月27日 条例第70号
昭和61年4月1日 条例第70号の1
平成元年3月29日 条例第70号の2