○立山町情報公開条例施行規則

平成11年3月29日

規則第4号

立山町情報公開条例施行規則を次のように定め、公布する。

立山町情報公開条例施行規則

(趣旨)

第1条 この規則は、立山町情報公開条例(平成10年立山町条例第23号。以下「条例」という。)の施行に関し、必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この規則で使用する用語の意義は、条例に規定する用語の意義の例による。

(請求書の記載事項等)

第3条 条例第7条に規定する請求書は、公文書開示請求書(様式第1号)とする。

(公文書の開示決定通知書等)

第4条 条例第12条に規定する書面は、次の各号に掲げる区分に応じ、それぞれ当該各号に定めるとおりとする。

(1) 条例第12条第1項の規定により公文書の開示を決定をした場合 公文書開示決定通知書(様式第2号)

(2) 条例第12条第1項の規定により公文書の部分開示をする決定をした場合 公文書部分開示決定通知書(様式第3号)

(3) 条例第12条第2項の規定により公文書の開示をしない決定をした場合 公文書不開示決定通知書(様式第4号)

2 条例第12条第3項ただし書の規定による通知は、決定期間延長通知書(様式第5号)により行うものとする。

(平26規則14・一部改正)

(第三者に対する意見書提出の機会の付与等)

第5条 条例第12条の2第1項の実施機関が定める事項は、次に掲げる事項とする。

(1) 開示請求があった日

(2) 開示請求に係る公文書に記録されている当該第三者に関する情報の内容

(3) 意見書を提出する場合の提出先及び提出期限

2 条例第12条の2第2項の実施機関が定める事項は、次に掲げる事項とする。

(1) 条例第12条の2第2項第1号又は第2号の規定の適用区分及び当該規定を適用する理由

(2) 前項各号に掲げる事項

3 条例第12条の2第1項及び第2項の規定による通知は、第三者情報の開示決定等に係る意見照会書(様式第6号)により行うものとする。

4 条例第12条の2第1項及び第2項の規定する意見書は、第三者情報の開示決定等に係る意見書(様式第7号)とする。

5 条例第12条の2第3項の規定による通知は、第三者情報に係る公文書開示決定通知書(様式第8号)により行うものとする。

(平28規則27・追加)

(公文書の開示の実施)

第6条 条例第13条の規定による公文書の開示は、実施機関が指定する日時及び場所において行うものとする。

2 条例第13条の規定による公文書の写しの交付の部数は、請求1件につき1部とする。

(平26規則14・一部改正、平28規則27・旧第5条繰下)

(費用の前納)

第7条 条例第14条に規定する公文書の写しの作成及び送付等に要する費用の額は、別表区分の欄に応じ、それぞれ同表金額の欄に掲げる額とする。

2 条例第14条に規定する公文書の作成及び送付に要する費用は、前納とする。

(平28規則27・旧第6条繰下、令元規則29・一部改正)

(審査会諮問通知書)

第8条 条例第15条の3の規定による通知は、審査会諮問通知書(様式第9号)により行うものとする。

(平28規則27・追加)

(実施状況の公表)

第9条 条例第22条に規定する公文書の開示についての実施状況の公表は、町ホームページに掲載することにより行うものとする。

(平28規則27・旧第7条繰下・一部改正)

(補則)

第10条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は別に定める。

(平28規則27・旧第8条繰下)

附 則

この規則は、平成11年4月1日から施行する。

附 則(平成17年規則第20号)

1 この規則は、公布の日から施行する。

2 この規則の施行前になされた行為は、なお従前の例による。

附 則(平成26年規則第14号)

(施行日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行前になされた行為は、なお従前の例による。

附 則(平成28年規則第27号)

この規則は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(令和元年規則第29号)

この規則は、公布の日から施行する。

別表(第7条関係)

(令元規則29・追加)

区分

金額

1 用紙に白黒で出力したもの(複写機により白黒で複写したものを含む。)の交付

※日本産業規格A列3番以下の大きさの用紙によるものに限る。

1枚につき10円

2 用紙にカラーで出力したもの(複写機によりカラーで複写したものを含む。)の交付

※日本産業規格A列3番以下の大きさの用紙によるものに限る。

1枚につき50円

3 1又は2の方法以外による交付

当該作成に要する費用の額

4 1、2又は3に掲げるものの送付に要する費用

当該送付に要する費用の額

備考

1 用紙の両面に印刷された写しを作成する場合は、片面を1枚として額を算定する。

2 町以外のものに発注して写しを作成した場合における費用の額は、この表に定める額にかかわらず、当該発注に係る費用の額とする。

(令元規則29・全改)

画像

(平26規則14・一部改正)

画像

(平26規則14・平28規則27・一部改正)

画像

(平26規則14・平28規則27・一部改正)

画像

(平26規則14・一部改正)

画像

(平28規則27・追加)

画像

(平28規則27・追加)

画像

(平28規則27・追加)

画像

(平28規則27・追加)

画像

立山町情報公開条例施行規則

平成11年3月29日 規則第4号

(令和元年9月4日施行)