○立山町文化情報発信ステーション条例

平成31年3月22日

条例第2号

立山町文化情報発信ステーション条例を公布する。

立山町文化情報発信ステーション条例

(目的)

第1条 この条例は、地域文化及び産業の振興、並びに社会福祉の増進を図るとともに、立山町の活性化に資する住民交流及び情報発信の拠点として、立山町文化情報発信ステーション(以下「ステーション」という。)の設置及び管理に関し必要な事項を定めることを目的とする。

(名称及び位置)

第2条 ステーションの名称及び位置は、次のとおりとする。

(1) 名称 立山町文化情報発信ステーション

(2) 位置 立山町谷口43番地

(施設)

第3条 ステーションに次に掲げる施設を置く。

(1) 多目的スペース

(2) 地域交流スペース

(3) 会議、展示スペース

(利用の承認)

第4条 施設を利用しようとする者(以下「利用者」という。)は、あらかじめ町長の承認を受けなければならない。

(利用の制限)

第5条 町長は、次の各号のいずれかに該当する者に対しては、利用を承認しない。

(1) 利用の目的又は内容が施設及び附帯設備を損傷するおそれのある者

(2) 前号に掲げるもののほか、町長が不適当と認める者

(利用承認の取消し等)

第6条 町長は、次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、利用の承認を取り消し、又は利用を制限し、若しくは停止することができる。

(1) 利用者が前条各号のいずれかに該当するに至ったとき。

(2) 利用者が虚偽の申請その他不正の手段によって承認を受けたとき。

(3) 施設が災害その他の事故により利用できなくなったとき。

(4) その他この条例又はこの条例に基づく規則に違反したとき。

(損害賠償)

第7条 町長は、利用者が故意又は重大な過失により施設又は附帯設備を損傷し、又は滅失したときは、これを原状に回復し、又はその損害を賠償させることができる。

(管理の代行等)

第8条 町長は、ステーションの設置目的を効果的に達成するため、指定管理者(立山町公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例(平成16年立山町条例第1号)第7条第2項に規定する指定管理者をいう。以下同じ。)に管理を行わせることができる。

2 前項の規定により指定管理者を指定した場合の当該指定管理者が行う業務は、次のとおりとする。

(1) 施設の管理運営に関する業務

(2) 施設及び附帯設備の維持管理に関する業務

(3) 前2号に附帯する業務

3 第1項の規定により指定管理者を指定した場合は、第4条から第7条までの規定中「町長」を「指定管理者」に読み替え適用するものとする。

(委任)

第9条 この条例に定めるもののほか、施設の管理に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、平成31年4月1日から施行する。

立山町文化情報発信ステーション条例

平成31年3月22日 条例第2号

(平成31年4月1日施行)