○飛島村会計管理者の補助組織設置規則

昭和57年12月25日

規則第17号

第1条 地方自治法(昭和22年法律第67号)第171条第5項の規定に基づき、会計管理者の権限に属する事務を処理させるため、会計管理者の補助組織として会計室を置く。

(係の設置)

第2条 会計室に次の係を置く。

(1) 管理係

(2) 出納係

(係の事務分掌)

第3条 係の事務分掌は、次のとおりとする。

(1) 管理係

 現金及び財産の記録及び管理に関すること

 指定金融機関等の検査に関すること

 決算に関すること

 有価証券の出納及び保管に関すること

 物品の出納及び保管(使用中の物品を除く)に関すること

 収入及び支払証拠書類の管理に関すること

 その他会計管理者の権限に属すること

(2) 出納係

 出納事務に関すること

 歳入歳出簿の整理に関すること

 その他歳入及び歳出に関すること

(室長等の設置)

第4条 係に係長を置く。

2 前項に掲げるもののほか、室に室長、室長補佐を、係に主任を置くことができる。

(室長等の職務)

第5条 室長は、上司の命を受けて所管の事務を掌理し、所属職員を指揮監督する。

2 室長補佐、係長及び主任の職務は、飛島村事務分掌規則(平成8年規則第1号)第4条の規定による。

(決裁)

第6条 会計管理者の権限に属する事務のうち、室長は、飛島村決裁規程(平成8年規程第2号)別表第1の課長共通の決裁区分に属する事項について専決することができる。

(事務の所管の決定)

第7条 分掌事務が明らかでないときは、上司の決定を受けるものとする。

附 則

この規則は、昭和57年12月25日から施行する。

附 則(平成17年規則第4号)

(施行期日)

1 この規則は、平成17年7月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際現にこの規則による改正前の各規則の規定に基づいて作成されている領収書原符その他の用紙は、この規則による改正後の各規則の規定に関わらず、当分の間、使用することができる。

附 則(平成17年規則第8号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成18年規則第13号)

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

飛島村会計管理者の補助組織設置規則

昭和57年12月25日 規則第17号

(平成19年4月1日施行)

体系情報
飛島村例規集/第3編 執行機関/第1章 長/第1節 事務分掌
沿革情報
昭和57年12月25日 規則第17号
平成17年6月20日 規則第4号
平成17年11月8日 規則第8号
平成18年12月20日 規則第13号