○飛島村学校体育施設開放実施細則

昭和51年6月17日

教委細則第1号

(趣旨)

第1条 この細則は、飛島村立小学校及び中学校の施設の開放に関する規則(昭和51年教委規則第1号。以下「規則」という。)第5条に基づくスポーツ開放の実施に関し、必要な事項を定めるものとする。

(開放日及び開放時間)

第2条 飛島村教育委員会(以下「教育委員会」という。)は、規則第7条の規定に基づく開放の日時及び施設の指定については、当該学校長と協議し定めるものとする。ただし、開放を指定した日であっても学校教育に支障が生じた場合は、変更又は中止することができる。

2 教育委員会は、別表に定める時間の範囲内で開放時間を決定するが、開放校の事情や季節等により変更することができる。

(使用施設及び運動種目)

第3条 スポーツ開放の使用施設及び運動種目は、次のとおりとする。

(1) 運動場は、ソフトボール、サッカー、陸上等とする。

(2) 体育館は、バレーボール、バスケットボール、バドミントン、卓球等とする。

(3) その他教育委員会が適当と認める種目

(登録)

第4条 規則第8条の規定による開放を利用しようとする者は、次の手続を得なければならない。

(1) 登録を受けようとする者は、学校体育施設使用登録申請書(様式第1号)を教育委員会に提出しなければならない。

(2) 教育委員会は、登録の申請があった場合、審査し、適格と認められるときは登録証(様式第2号)を交付する。

(3) 登録証の内容に変更が生じた場合は、その旨を速やかに教育委員会に届け出なければならない。

(4) 登録証の有効期間は交付の日から2箇年とする。更新に当たっては、期間満了1箇月以内に所定の手続きを得なければならない。

(登録の取り消し)

第5条 教育委員会は、規則第9条及び第10条に定めるもののほか、次のいずれかに該当した場合は登録を取り消すことができる。

(1) 虚偽の申請に基づいて登録をした事実を発見した場合

(2) 運動種目以外の目的で体育施設を利用したとき。

(3) その他登録グループ、団体として不適格と認めたとき。

(管理指導員)

第6条 規則第3条の規定による管理指導員の任期は2年とし、再任は妨げない。

2 教育委員会は、管理指導員としてふさわしくない事実があった場合、任期にかかわらず解職することができる。

3 管理指導員は、利用者としてふさわしくない行為をする者があるときは、正常な活動をするよう指示するか、活動をやめさせること。

(事故の処理)

第7条 管理指導員は、開放中に事故が発生したときには、直ちに事故発生状況を文書(様式第3号)で教育委員会に報告するものとする。

2 開放中に発生した事故について関係者は責任を負わない。

(準用規定)

第8条 開放学校の使用に当たっては、規則及び本実施細則に基づくほか、飛島村立学校管理規則(昭和35年教委規則第1号)を準用する。

(その他)

第9条 その他必要な事項は教育長が定める。

附 則

この細則は、昭和51年4月1日から施行する。

附 則(平成3年教委細則第1号)

1 この細則は、平成4年1月1日から施行する。

2 この細則の施行の際現に改正前の規定に基づいて作成されている申請書等の用紙は、改正後の規定にかかわらず、当分の間、使用することができる。

別表(第2条関係)

開放時間

施設

日曜日、祝日

平日

体育館

午前9時から午後10時まで

午後6時から午後10時まで

運動場

午前9時から日没まで

 

画像

画像

画像画像画像画像画像

飛島村学校体育施設開放実施細則

昭和51年6月17日 教育委員会細則第1号

(平成3年12月24日施行)