○飛島村農業委員会に対する事務委任に関する規則

平成17年3月25日

規則第2号

(趣旨)

第1条 この規則は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第180条の2の規定に基づき、村長の権限に属する事務の一部を飛島村農業委員会(以下「農業委員会」という。)に委任することに関し、必要な事項を定めるものとする。

(農業委員会への委任)

第2条 村長は、農地法(昭和27年法律第229号。以下「法」という。)に基づく事務のうち、(同一の事業の目的に供するための農地又は採草放牧地の区域が2以上の町村の区域にわたるもの及び同一の事業の目的に供するための農地又は採草放牧地の区域の面積が2ヘクタールを越えるものに係るものを除く。)次に掲げる村長の権限に属する事務を農業委員会に委任する。

(1) 法第3条第1項の規定により農地又は採草放牧地の所有権の移転等の許可をすること。

(2) 法第3条第3項の規定により許可に条件を付けること。

(3) 法第20条第1項の規定により農地又は採草放牧地の賃貸借の解除等の許可をすること。

(4) 法第20条第3項の規定により愛知県農業会議の意見を聞くこと。

(5) 法第20条第4項の規定により許可に条件を付けること。

(6) 第1号から第5号までに掲げる事務に伴い、法第82条第1項の規定により職員に他人の土地等に立ち入って調査させ、測量させ、又は竹木等を除去させ、若しくは移転させること。

(7) 法第82条第3項の規定により通知し、又は公示すること(第6号に掲げる事務に係るものに限る。)

(8) 第1号から第7号までに掲げる事務に伴い、法第83条の規定により愛知県農業会議又は農業委員会から報告を徴すること。

(報告の徴収等)

第3条 村長は、前条の規定により農業委員会に委任した事務の執行について必要があると認めるときは、農業委員会から報告を徴し、又は農業委員会に必要な指示をすることができる。

附 則

この規則は、平成17年4月1日から施行する。

飛島村農業委員会に対する事務委任に関する規則

平成17年3月25日 規則第2号

(平成17年4月1日施行)

体系情報
飛島村例規集/第9編 産業経済/第1章 農業委員会
沿革情報
平成17年3月25日 規則第2号